【AIR PIX】小型でおしゃれなセルフィードローン

スポンサーリンク

ついに販売されましたね【AIR PIX】

AIR PIXはクラウドファンディングでの購入となりますが、旧モデルのAirSelifie2が人気であったことから注目が集まっています。

購入できるクラウドファンディングは「CAMPFIRE」ですが、すでに注文が多数入っており人気である事がうかがえます。

 

AIR PIX

air-pix

定価は1万円台後半ですが、数量限定で割引もあり最大35%オフで購入できたのですがさすがにもう売り切れております(^▽^;)

ですが2019年8月24日時点ではまだ20%オフのものは残っていますので、購入される予定の方は早い方がいいですよ!

 

それではまずスタイリッシュでカッコいい見た目からご紹介していきましょう。

【本体サイズ・重量】スタイリッシュでコンパクト

air-pix-size

本体サイズは全長102mm・全幅85mm・全高13mmと、上記画像でもわかるようにポケットにすっぽり収まるサイズです。

そして重量は約52gと、とても持ち運びしやすいサイズ・重量です。

ただポケットにすっぽり入るサイズである事から、ポケットに入れている事を忘れて座って潰してしまったり、そのままズボンを洗濯機に入れてしまわないように注意が必要ですね(;^_^A

 

【飛行性能】小さいけど安定している

AIR PIXはプロポがなくスマホで操作をするため、電波が届く範囲が短く操作距離は20mと短いですが、このサイズではめずらしいオプティカルフローが搭載されているため、安定した飛行ができるようになっています。

 

オプティカルフローとはドローンの底面にあるセンサーで、ズレを検知して元に戻そうとしてくれる機能です。

その性質上高度を上げすぎると機能しなくなりますが、元々操作できる範囲が20mなのでその点は大丈夫そうですね。

また飛行速度は時速40kmもでるので、自転車くらいであれば追尾して撮影という事も可能です。

【バッテリー性能】内蔵式で専用充電器あり

air-pix-battery

AIR PIXのバッテリーは内蔵式で、基本的に本体にUSBケーブルを繋いで充電をします。

充電時間は30~40分に飛行時間は約6分です。

 

ですが上記画像の専用充電器「パワーバンク」(別売り)というものもあり、サイズも小さいので外出時に充電が切れた場合でもパワーバンクで簡単に充電することができます。

パワーバンクでの充電時間も同じく30~40分で、パワーバンクに満充電がある場合、最大8回まで充電することができます。

またパワーバンクを満充電する時間は2時間30分程度となっています。

 

ハイスペックな【カメラ性能】

カメラ自体の性能は動画:FHD1920×1080p 30fps・静止画:12MP FOV70°と、このサイズのドローンであればハイスペックな性能です。

またセルフィードローンというだけあってスマホを使用せずジェスチャーでドローンをコントロールできて、動画・写真撮影も可能です。

またアプリにより簡単に撮影した動画・写真を編集することができます。

air-pix-編集

 

そして編集した動画や写真はそのままアプリ内からSNSへ投稿することができます。

air-pix-sns

 

他には自動撮影機能があったり顔認識機能があるので、顔を認識してドローンが自動で人物を追尾してくれたりなど自動フライトプランも搭載されています。

本当にドローン操作に気を取られず撮影に集中できる、最高のセルフィードローンです。

 

機能をまとめると

文章でまとめるより、こちらの画像を見てもらう方が早いです(笑)

air-pix-機能

 

ちなみに同梱物はたった4つだけ

air-pix-同梱物

パワーバンクとセットのものを購入すれば+パワーバンクで5つです。

 

GOOD・BADポイント

ここは良いととるか悪いととるか別れるところですがプロポがないところです。

やはりスマホだとプロポに比べ操作しづらいですが、プロポがあればポケット1つあれば持ち運びできるという利点がなくなってしまいます。

 

他には飛行時間が約6分と短いことです。

パワーバンクというすぐに充電できる機器を用意してくれていますが、6分だと1回ちょろっと飛ばして終わりなので(;^ω^)

またバッテリーが内蔵式なので故障してしまったら本体まるごと交換となります。

初期不良に関してはちゃんと対応してくれるみたいですが、どこか壊れてしまった場合メーカーに修理に出すことができるのでしょうかね。

 

まとめ

セルフィードローンというだけあって自撮りをする為の機能は素晴らしいものがあります。

ですが動画はジンバル(ブレ防止機能)がないとちょっと・・・

海外の方がAIR PIXで動画を撮られてアップしていますが、他のトイドローンに比べブレは少ないですが滑らかと呼べるほどではないですよね(;^ω^)

 

ブレがない動画を撮りたいという方はセルフィードローンではありませんが、クラウドファンディング繋がりで10月後半にはMicro Drone4.0という、ジンバルが搭載された200g未満のドローンが販売されますのでチェックしてみて下さい(*^-^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました