【GFORCE(ジーフォース)日本のドローンメーカー】他とは違う性能!?おすすめのドローンは?

スポンサーリンク

近年ネットショップで多数のドローンが販売されるようになりましたが、そのほとんどが海外メーカーのもので、日本のメーカーの物はごく一部になります。

そのごく一部で頑張っているメーカーがGFORCE(ジーフォース)です。

 

GFORCEのドローンは海外メーカーのものに比べると価格は高いですが、他のメーカーにはないスペックや機能を搭載しているものが多いです。

GFORCE公式サイトではなくAmazonから購入すると少し安く購入する事ができるにゃ

 

こちらではそんなGFORCEのドローンを一覧にして簡単にご紹介しています。

おすすめの機体だけパッと知りたい方はすぐ下だけを見てもらえればOKです!

※わからない機能や単語があればこちらで確認できます【ドローンの機能と単語一覧】この機能は何?この単語はどういう意味?

GFORCE おすすめドローン

「LUCIDA」

gforce-lucida

アームを折りたためて、アームを広げた状態でも手のひらに納まる小型サイズのドローン。

小さいながらもFHDカメラが搭載され、さらにオプティカルフローも搭載されているので安定した飛行ができます。

2019年11月発売と少し古いモデルですが、これほどの小型サイズでFHDカメラにオプティカルフロー搭載機は他にはなくおすすめです。

発売日2019年11月1日 税抜き価格¥13,500

 

「LEGGERO」

leggero

最新モデルのLEGGERO。

重量は60gと2022年6月に改定された航空法の中でも気軽に飛行させることができます。

またアームが折りたためて持ち運びも便利で、オプティカルフロー搭載、4K撮影(動画はFHD)可能などスペックも十分。

100g未満のドローンで迷ったならLEGGEROを購入しておけば間違いなしです。

発売日2021年11月27日 税抜き価格¥11,200

GFORCE COCOON

gforce-cocoon

変わった形のプロペラガードが特徴のドローン。

操作モードはモード1のカメラ搭載機で、送信機には十字キーが付いていますが操縦には使用せず、トリム調整などで使用します。

 

発売日2017年1月20日 税抜き価格¥13,800

GFORCE DRESSA

gforce-dressa

ボディカバーを付け替えれていろんなカラーに変更できるドローン。

カバーは全5色でホワイト・ピンク・ブルー・グリーン・イエロー。

カバーは簡単な構造なので3Dプリンターなどでもオリジナルのカバーを製作できそうです。

 

発売日2018年8月31日 税抜き価格¥6,400

重量32g
サイズ全長:(縦)76mm、全幅(横)76mm、全高30mm、ローター全長:46mm、プロペラガード装着時:138mm×138mm、プロペラ収納時:62mm×62mm
操作モードモード1・モード2変更可能
カラーホワイト・イエロー・マゼンタ・ブルー・ライムグリーン
バッテリーLiPo3.7V300mAh、充電時間約40分
最大飛行時間8~9分
最大飛行距離およそ30m
同梱物本体、送信機、バッテリー、予備プロペラ×4、スペアボディ×4、プロペラガード×4、USB充電ケーブル、日本語取り扱い説明書

GFORCE ESPADA

gforce-espada

アームが折りたためてHDカメラが搭載されているドローン。

カラーはブラックとホワイトの2色で、操作モードはモード1固定です。

カメラレンズは120°の広角のものを使用しているので画角は広いですが、歪みなどのデメリットもあるので好みが分かれそうです。

 

発売日2017年8月29日 税抜き価格¥18,500

GFORCE GRANFLOW

gforce-granflow-fly

オプティカルフローが搭載機で、オプティカルフロー使用されている底面のカメラを撮影にも使用できるドローン。

ただ画質はHDより低いのでおまけ程度の機能です。

 

発売日2019年1月11日 税抜き価格¥19,800

重量・本体サイズ162g、アーム展開時188×258×59mm(プロペラガード装着時320×405×59mm)、アーム収納時148×166×59mm
最大飛行距離・高度・時間60m、不明(10m以上の高度に上げるとオプティカルセンサーは反応しないと思われます)、約11~12分
カメラデュアルカメラ、正面1280×720、底面640×480
バッテリーLiPo3.7V1300mAhカートリッジ式、充電時間約80分
操作モードモード1・モード2変換可能、スマホ操作、チルトモード
その他機能オリエンテーションモード、フリップモード、3段階スピード調整、リターン機能、コネクタ式モーター
同梱物本体、送信機、専用ケース、バッテリー、プロペラガード、予備プロペラ×4、工具、USB充電ケーブル、クリアキャノピー、説明書

GFORCE INGRESS

gforce-ingress

GPS搭載に動画・静止画ともにFHD画質で記録が可能なドローン。

アームが折りたため、安全の為最大飛行距離・高度が設定できるようになっています。

またインテリジェントドローンと謳っているので、様々な自動飛行機能が搭載されており、専用ケースも同梱されているので持ち運びもしやすいです。

 

発売日2019年7月27日 税抜き価格¥24,800

重量・本体サイズ182g、展開サイズ162mm×162mm×52mm、収納サイズ130mm×100mm×52mm、ローター全長65mm
バッテリーLiPo7.4V900mAhカートリッジ式、充電時間約240分
飛行時間、飛行距離・高度約13分、初期モード30m・30m、制限解除後300m・120m
カメラFHD1920×1080、広角レンズ、動画MP4、静止画JPG
搭載機能GPS(オン・オフ可能)、インテリジェントフライト(リターントゥホーム・マルチポイントモード・サークルフライトモード・フォローミーモード)、オリエンテーションモード、2段階スピード調整
操作モードモード1・モード2変換可能、スマホ操作
同梱物本体、送信機、バッテリー、予備プロペラ×4、プロペラガード、工具、USB充電ケーブル、説明書

GFORCE INGRESS BEYOND

ingress-beyond-eye

INGRESSの後継機でFHDカメラ(静止画は2.7K)に、GPS・オプティカルフロー・ブラシレスモーター搭載のハイスペックトイドローンです。

INGRESSと同様に、様々な自動飛行機能が搭載されており、専用ケースも同梱されているので持ち運びもしやすいです。

2022年6月の航空法改定前までは、価格は高いながらもスペックが良くおすすめの機体でした。

 

発売日2020年11月14日 税抜き価格¥29,800

本体サイズ・重量アーム展開時:全長174mm・全幅164mm・全高54mm・ローター全長58mm・軸間140mm、アーム収納時:全長130mm・全幅96mm、重量196g(バッテリー込み)
バッテリー7.6V1450mAhLiPoバッテリー、充電時間約150分
飛行性能GPS、オプティカルフロー、ブラシレスモーター、最大飛行時間約13分、最大飛行距離約300m
カメラ性能動画:1920×1080(MP4形式)、静止画:2720×1530(JPG形式)、レンズ角度:120°、カメラアングル変更可能?
その他機能RTH(リターントゥホーム)、ジオフェンス機能、マルチポイントモード、ディスタンスモード、サークルフライトモード、フォローミーモード、オリエンテーションモード
操作モードモード1・モード2(デフォルトはモード1)
同梱物本体、送信機、バッテリー、予備プロペラ×4、工具、USB充電ケーブル、説明書

GFORCE LIVE CAM DRONE ASSEMBLY KIT

gforce-live-cam-drone-assembly-kit

プラモデルのように自分の手でドローンが作れるDIYドローンキットです。

自動でホバリングにカメラ搭載、操作モード切替可能にスマホ操作可能など一通りの機能は備わっています。

はんだ付けや接着剤も使用しないので、ドローン作成初心者の方でも簡単に組み立てることが出来ます。

 

発売日2017年6月1(17)日 税抜き価格¥11,500(9,500)

※()内は送信機が搭載されていないモデルです

GFORCE LEGGERO

leggero

小型ながらも4K撮影が可能なドローン。

重量も60gと100g未満なので、2022年6月に改定された航空法の中でも気軽に飛行させることができ、とてもおすすめの機体です。

 

発売日2021年11月27日 税抜き価格¥11,200

本体サイズ・重量アーム展開時:全長102mm×全幅136mm×全高36mm、アーム収納時:全長80mm×全幅52mm×全高36mm、ローター全長38mm、重量60g
飛行時間・飛行距離約10分、約30m(Wi-Fi20m)
カメラ動画MP4形式1920×1080、静止画JPG形式3840×2160、画素数:静止画800万画素、動画200万画素、カメラアングル変更可能(手動)
バッテリー3.7V450mAh、充電時間約80分
その他機能オプティカルフロー、3段階スピード調整、フリップモード、オリエンテーションモード、リターンモード、チルト操作モード、トラッキングフライトモード
操作モードモード1・モード2切り替え可能
同梱物本体、送信機、予備プロペラ×4、バッテリー、プロペラガード×4、工具、USB充電ケーブル、説明書

GFORCE LUCIDA

gforce-lucida

アームを折りたためて、アームを広げた状態でも手のひらに納まる小型サイズのドローン。

小さいながらもFHDカメラが搭載され、さらにオプティカルフローも搭載されているので安定した飛行ができます。

新しいドローンではありませんが、これほどの小型サイズでFHDカメラにオプティカルフロー搭載機は珍しいので、まだまだ需要はありそうです。

 

発売日2019年11月1日 税抜き価格¥13,500

本体サイズ・重量アーム展開時:全長56mm×全幅76mm×全高29mm、アーム収納時:全長66mm×全幅43mm×全高29mm、プロペラガード装着時:全長102mm・全幅128mm、重量34g
飛行時間・飛行距離約6分、約35m(Wi-Fi20m)
カメラ動画MP4形式1920×1080、静止画JPG形式1920×1080、画素数200万画素
バッテリー3.7V300mAh、充電時間約60分
その他機能オプティカルフロー(オン・オフ切り替え可能)、オリエンテーションモード、トラッキングフライトモード
操作モードモード1・モード2切り替え可能
同梱物本体、送信機、スマホホルダー、予備プロペラ×4、バッテリー、プロペラガード×4、USB充電ケーブル、説明書

GFORCE moova

gforce-moova

LUCIDAの下位モデルのような感じで、小型サイズでアームも折りたたみ出来てHDカメラが搭載されているドローン。

LUCIDAと違いオプティカルフローは搭載されていませんが、手動ではありますがカメラアングルが変更できます。

 

発売日2018年4月28日 税抜き価格¥12,400

GFORCE PXY SMART&Wi-Fi

gforce-pxy-wifi

GFORCEから販売されている世界最小クラスのドローン。

子供の手にも納まるサイズで、SMARTモデルは送信機なし、Wi-Fiモデルは送信機同梱のカメラが搭載されている2つのモデルがあります。

 

発売日2016年7月27日(12月17日) 税抜き価格¥11,000(¥8,200)

※()外がWi-Fiモデルで()内がSMARTモデルです

本体サイズ・重量全長(縦)42mm、全幅(横)42mm、全高22mm、ローター全長30mm、重量17g
バッテリーLiPo3.7V150mAh、充電時間約30分、
最大飛行時間・距離約5分、約20m
操作モードスマホ:モード1・モード2変更可能、送信機:モード1
同梱物本体、USB充電器、予備プロペラ×4、日本語説明書、Wi-Fiモデルにはプラス送信機、スマートフォンホルダー、アンテナキャップ

GFORCE Reversi

gforce-riversi-full

「Reversi」は背面飛行が可能なドローンです。

基本的にドローンは固定ピッチ(プロペラの角度が変えれない)なので背面飛行はできませんが、Reversiはそれを可能としています。

また背面になったからといって安定感がなくなるわけではなく、通常と変わらぬ安定した飛行が可能となっています。

 

発売日2015年5月29日 税抜き価格¥7,500

本体サイズ・重量全長143mm・全高40mm・全幅136mm・ローター全長50mm・31.6g
飛行距離・飛行時間不明(20m位は可能?)・約5~6分
バッテリー3.7V300mAh・充電時間約30分
操作モードモード1
その他機能背面飛行機能・3段階スピード調整・LEDライト点灯
同梱物本体・送信機・バッテリー・USB充電ケーブル・予備ローター・予備スティック・ドライバー・説明書

GFORCE SKYHIGH

gforce-skyhigh

4Kの静止画、2Kの動画が撮れるカメラ性能の高いドローン。

GPSは搭載されていませんがオプティカルフローで安定した飛行が可能で、カメラアングルも送信機から-90°~0°まで変更可能です。

ジンバルは搭載されていないので動画はどうしてもブレてしまいますが、ドローンで写真を主に撮りたい方にはおすすめの機体です。

 

発売日2019年11月30日 税抜き価格¥22,500

本体サイズ・重量アーム展開時:全長180mm×全幅218mm×全高58mm、アーム収納時:全長138mm×全幅84mm×全高58mm・185g(バッテリー込み)
飛行距離・速度・時間約100m・不明・約18分
バッテリー3.7V1800mAh、充電時間約150分
カメラ静止画4K(800万画素)、動画2K、カメラアングル変更可能-90°~0°(プロポから)、デュアルカメラシステム(機体底面のカメラを撮影に使用できる機能)
その他機能オプティカルフロー、ズーム機能、カラーフィルター・BGMモード、オリエンテーションモード、ワンキー離陸/着陸、3段階スピード調整、チルトモード、トラッキングフライトモード
操作モードモード1・モード2
同梱物本体、送信機、バッテリー、プロペラガード、予備プロペラ×4、工具、USB充電ケーブル、説明書

GFORCE Soliste AH

gforce-soliste-ah

HDカメラや、モード1・モード2切り替え可能、自動でホバリング、オリエンテーションモード(ヘッドレスモード)などの機能が搭載されたドローン。

今となっては当たり前のように搭載されている機能ですが、発売当時はそこそこの性能でした。

 

発売日2017年12月2日 税抜き価格¥13,800

GFORCE SQUARED

gforce-squared

全面メッシュガードに覆われて安全性の高いドローン。

カメラは搭載されておらず操作モードはモード1固定と古いタイプのドローンですが、この形のドローンは少ないのでバージョンアップされて販売されて欲しいところ。

 

発売日2017年7月13日 税抜き価格¥4,800

GFORCE SQUARED CAM

squaredcam

SQUAREDの上位モデルで、サイズが一回り大きくなりHDカメラが搭載されています。

SQUAREDと同じく全面メッシュガードに覆われているので安全性が高く、カメラアングルも手動ではありますが変更出来るので、価格さえ下がってくれれば割と遊べるドローンです。

 

発売日2018年11月22日 税抜き価格¥13,800

操作モード2.4GHz モード1・モード2切り替え可能
サイズ・重量全長:134mm 全高:30mm 全幅:130mm ローター全長:58mm 総重量:58g
バッテリーLiPo 3.7V 450mAh
充電時間約80分
フライト可能時間約5~6分
電波到達範囲WiFi最長およそ50m(WiFi40m)
カメラ動画MOV形式1280×720 静止画JPG形式1280×720
同梱物SQUARED CAM本体、2.4GHz 4ch送信機、スマートフォンホルダー、飛行用LiPoバッテリー、予備プロペラ×4、USB充電ケーブル、日本語取り扱い説明書

コメント

タイトルとURLをコピーしました