【Holy Stone(ホーリーストーン)&Holytonドローン一覧】おすすめトイドローンメーカー

スポンサーリンク

HolyStone(ホーリーストーン)とその姉妹ブランドHolytonは、ドローンに詳しい方であれば誰もがおすすめするメーカーです。

特にトイドローンは業界ナンバーワンではないでしょうか。

トイドローンとは本格的なドローンではなく、スペックを落として子供でも扱えるようなドローン、航空法改定前は重量200g未満のドローンなどに対して使用されていました。

 

こちらではAmazonなどのネットショップで購入できるHolyStone&Holyotonのドローン一覧と、その中でおすすめドローンをご紹介していきます。

まずは一覧で簡単にご紹介して最後におすすめのドローンをご紹介しますにゃ。

ちなみにDEERCという名義で販売しているものもありますが、販売元が違うだけで機体や送信機にはHolyStoneのロゴが印字されています。

 

※わからない単語が出てきたら下記記事で要チェック

【ドローンの機能と単語一覧】この機能は何?この単語はどういう意味?
ネットショップなどでドローンを購入しようとスペックを見ていたら、国内認証済みやヘッドレスモードやよくわからない単語が多いと思いませんか。 しかもその単語について説明していない事も多々あり、初心者の方はどのドローンを選んでいいか困ってし...

Holy Stone HS100(G)

holy-stone-hs100

GPSが搭載されていて、サイズは50×50cmに重量は700gとかなり大きめのドローン。

古いドローンなので今となっては、同価格で小型で高性能のドローンを購入する事ができます。

価格は24000円程度(Amazon:2019年11月時点)

Holy Stone HS110D

holy-stone-hs110d

HDカメラに広角120度のレンズを搭載に、GPSは搭載されていないが、販売当初は価格が1万円程度とコスパのいい機体でした。

価格は9000円程度(Amazon:2019年9月時点)

 

※2020年5月に見た目や名前も全く同じで、カメラなどの仕様を変更し再販されました。

新モデルの価格は7700円程度(Amazon:2020年5月時点)

重量149g
サイズ322mm×322mm×91mm
バッテリー3.7V1000mAh、充電時間約120分
飛行時間約10分
操作・映像伝送距離約150m、約100m
操作モードモード1・モード2
カメラ1080pHDカメラ、120°広角レンズ
機能ジェスチャー機能、軌跡飛行モード、5段階スピード調整、スマートタッチモード、体感操作モード、フリップモード、ワンキー起動/着陸、ヘッドレスモード

Holy Stone HS110G

holy-stone-hs110g

HS110DとHS120Dの中間ぐらいの性能のドローン。

GPSは搭載されていますがHS120Dと違いカメラのアングルは変更できません。

専用ケースも付属しているので持ち運びが楽なモデルです。

価格は17000円程度(Amazon:2019年9月時点)

重量182g
サイズ332mm×332mm×91mm
バッテリー3.7V1500mAh、充電時間約180分
飛行時間約13分
操作・映像伝送距離約300m、約150m
操作モードモード1・モード2
カメラFHD1080p、広角110°レンズ
機能初心者モード、フォローミーモード、ウェイポイントモード、オートリターンモード、ヘッドレスモード、ワンキー離陸/着陸、紛失機体捜索機能、etc

Holy Stone HS120D

holy-stone-hs120d

広角FHDカメラに送信機からカメラのアングルが変えれて、なおかつGPSも搭載されているドローンです。

販売当初はハイスペックで価格の方も抑えられていて、最強のトイドローンとも呼ばれていました。

ちなみ120という「D」とついていないモデルをAmazonで見かけますが、おそらく海外仕様のモデルだと思われ、使用している電波が違うかもしれないのでご注意を。

価格は20000円程度(Amazon:2019年9月時点)

重量※198g(カメラ取り外し時)
サイズ270×270×120mm
バッテリー機体(7.4V 1200mAh、充電時間約120分)、送信機(3.7V 300mAh、充電時間約60分)
飛行時間約16分
操作・映像伝送距離約300m、約120m
操作モードモード1・モード2
カメラFHD1080p、広角120°レンズ、カメラアングル変更可能
機能フォローミーモード、ウェイポイントモード、オートリターンモード、ヘッドレスモード、ワンキー離陸/着陸、スピード調整機能

 Holy Stone HS140

holy-stone-hs140

2020年9月に発売されたモデルにしては珍しいスキッド付きのドローン。

全体的な性能はパッとしませんが、カメラが取り外し可能(メーカー非公式)ですので、自分で改造をすればGoProなどを搭載することも可能です。

価格は9900円程度(Amazon:2020年9月時点)

重量160g
サイズ310×310×110mm
バッテリー3.7V1300mAh、充電時間約120分
飛行時間約17分
操作距離約100m
操作モードモード1・モード2
カメラFHD1080p、カメラアングル変更可能(手動)
機能3Dフリップ、ジェスチャー撮影、体感操作モード、軌跡飛行モード、ヘッドレスモード、ワンキー離陸/着陸、スピード調整機能

Holy Stone HS150

holy-stone-hs150

最高速度が50km/h出るドローン。

カメラが搭載されていないのでFPV飛行は出来ず、また自動でホバリングが出来ない為、操作は難しく上級者向けと言えます。

価格は5000円程度(Amazon:2019年9月時点)

重量69.5g
サイズ165×165×50mm
バッテリー3.7V600mAh
飛行時間約6分
操作距離80~100m
操作モードモード2
カメラ非搭載
機能3段階スピード調整、ヘッドレスモード、フリップモード

Holy Stone HS160

holy-stone-hs160

アームが折り畳めて見た目がスマホみたいになるドローン。

古いドローンで現在はコスパは悪いですが、昔はとても人気の機体でした。

価格は8000円程度(Amazon:2019年9月時点)

重量83.5g
サイズアーム折りたたみ式、展開サイズ170×160×34mm、収納サイズ不明
バッテリー3.7V500mAh、充電時間不明
飛行時間5~6分
操作距離約50m
操作モードモード1・モード2
カメラHD720p
機能ワンキー離陸/着陸、4段階スピード調整、体感操作

Holy Stone HS160Pro

holy-stone-hs160pro

HS160の上位モデルで、オプティカルフロー搭載やカメラがFHDやアングル変更可能など全体的に性能が上がっています。

初期モデルは送信機が付属しておらずスマホのみの操作でしたが、後に送信機単品、送信機とセットになったモデルも販売されています。

価格は10000円程度(Amazon:2020年6月時点) ※送信機セットモデル

重量約124g
サイズアーム折りたたみ式、展開サイズ222×169×38mm、収納サイズ161×68×38mm
バッテリー3.7V1000mAh、充電時間110分
飛行時間約10分
操作距離約40m
操作モードモード1・モード2
カメラFHD1080p、カメラアングル変更可能(手動)
機能オプティカルフロー、4段階スピード変更、ヘッドレスモード、ワンキー離陸/着陸、体感操作モード、ジェスチャー機能、音声制御

Holy Stone HS161

holy-stone-hs161

手持ちカメラや懐中電灯、モバイルバッテリーとしても使用できる、変わった機能が搭載されているドローン。

正直この機能はおまけ程度で「カメラ(スマホの方がいい)」「懐中電灯(スマホで代用できる)「モバイルバッテリー(容量が少ない)」という理由が挙げられます。

価格は12000円程度(Amazon:2019年9月時点)

重量130g
サイズアーム折りたたみ式、展開サイズ240×210×30mm、収納サイズ175×35×30mm
バッテリー3.7V1000mAh、充電時間110分
飛行時間約10分
操作・映像伝送距離100m、50m
操作モードモード1・モード2
カメラFHD1080p、カメラアングル変更可能(手動)※下向きに約45度
機能オプティカルフロー、3段階スピード変更、ヘッドレスモード、ワンキー離陸/着陸、

Holy Stone HS165

holy-stone-hs165

FHDカメラ搭載・GPS搭載にアームが折りたためてコンパクトになるドローン。

バッテリーは2個付きで合計飛行時間は約30分に、専用ケースが付いているので持ち運びがしやすいです。

価格は15000円程度(Amazon:2020年4月時点)

重量170g
サイズアーム展開時:262×180×51mm、アーム収納時:不明
バッテリー本体:7.4V880mAh・充電時間約120分、送信機:3.7V300mAh、充電時間約60~80分
飛行時間13~15分
操作・映像伝送距離300~400m、約50m
操作モードモード1・モード2
カメラFHD1080p
機能GPS、フォローミーモード、ヘッドレスモード、ウェイポイントモード、ホバリングモード、リターンモード

Holy Stone HS166

holy-stone-hs166

ブラシレスモーター搭載機では小型の部類で、約54km/hものスピードが出るドローン。

GPS搭載や2Kカメラなど性能は悪くないのですが、小型と言っても重量が244gあるのがネックです。

価格は21000円程度(Amazon:2020年10月時点)

本体サイズ・重量257×240×50mm・244g
バッテリー7.6V1500mAh、充電時間約90分
飛行性能GPS搭載、飛行時間:約16分、飛行距離:300~400m(障害物・干渉なし)、映像伝送距離:約50m(障害物・干渉なし)、最大飛行速度:15m/s(54km/h)
カメラ性能2K、FOV115°、アングル変更可能(手動で上下合計60°)
その他機能ジェスチャー撮影、フォローミーモー、ワンキーリターン、2段階スピード調整
操作モードモード1・モード2(デフォルトはモード2)

Holy Stone HS170

holy-stone-hs170

ドローン時代の礎となった名機です。

カメラ非搭載に自動でホバリングができず、最新モデルと比べるとスペックは到底及びませんが、自動でホバリングしない為、飛行練習用としてはまだまだ活用出来る機体です。

操作モードはモード1タイプとモード2タイプとで別で販売されています。

価格は5000円程度(Amazon:2019年9月時点)

重量42g
サイズ135mm×135mm×40mm
バッテリー3.7V350mAh、充電時間不明
飛行時間約7分
操作・映像伝送距離40~60m
操作モード変更不可 ※モード1タイプとモード2タイプが販売されています
カメラ非搭載
機能3Dフリップ、ヘッドレスモード、ワンキーリターン、3段階スピード調整

Holy Stone HS170C RTF

holy-stone-hs170c-rtf

HS170の上位版でHDのカメラが搭載されています。

ただスマホに対応しておらずFPV飛行は出来ず、撮影した写真は着陸後にSDカードを取り出して確認となります。

他はに操作モードが1・2と変更可能になりましたが、自動でホバリングはしてくれません。

価格は5000円程度(Amazon:2019年9月時点)

Holy Stone HS170G

holy-stone-hs170g

HS170の上位機体で自動でホバリングができるようになり、操作モードをモード1・モード2と変更可能になりました。

価格は4000円程度(Amazon:2019年9月時点)

Holy Stone HS175

holy-stone-hs175

重量が198gでGPS、オプティカルフロー、4K撮影可能(動画はFHD)、カメラアングルも送信機から変更可能とハイスペックなドローン。

ただ実際には重量が203gあり、発売当時の航空法では200g未満でないと規制が大きく変わってくるので、重量200g未満に改良して再販されると噂もあったのですが、そのまま消えてしまいました。

価格は19000円程度(Amazon:2020年11月時点)

本体サイズ・重量アーム展開時:360×300×70mm、アーム収納時:145×90×60mm・198g※203g
バッテリー7.6V1300mAh、充電時間:約150分
飛行性能飛行時間:約22分、飛行距離:約350m、映像受信距離:約50m、GPS、オプティカルフロー
カメラ性能写真4K、動画FHD、カメラアングル変更可能(送信機-90°~0°)、対応SDカード:最大64GB
その他機能フォローミーモード、ヘッドレスモード、ホバリングモード、ヘッドレスモード、ウェイポイントモード、リターンモード
操作モードモード1・モード2

Holy Stone HS175D

holy-stone-hs175d

HS175のアップグレード版のHS175D。

ブラシレスモーター搭載でパワフルな飛行が可能となっており、またアクティブトラックが搭載された事もポイントです。

ただ重量が215gである為、海外向けのモデルと言えます。

価格は26000円程度(Amazon:2021年9月時点)

本体サイズ・重量アーム展開時:360×300×70mm、アーム収納時:145×90×60mm、重量:215g
バッテリー7.6V1700mAh、充電時間:約150分、2個同梱
飛行性能飛行時間:約23分、飛行距離:約350m(障害物なし・干渉なし)、GPS、オプティカルフロー
カメラ性能写真:4096×3072p、動画:2688×1512p(スマホ保存時1920×1080p)、レンズ角度110°、映像受信距離:約50m(障害物なし・干渉なし)、送信機からカメラアングル変更可能(正面0°~真下-90°)
その他機能アクティブトラック、ヘッドレスモード、ウェイポイントモード、ホバリングモード、リターンモード、フォローミーモード
操作モードモード1・モード2切り替え可能(デフォルトはモード2)

Holy Stone HS177

holy-stone-hs177

基本2台セットで販売されており(1台でも販売されてます)、赤外線を打ち合い対戦できるドローン。

カメラは搭載されておらず重量は33gと軽いため、目視できる室内で遊ぶように作られています。

価格は6000円程度(Amazon:2019年9月時点)※2台セット

重量33g
本体サイズ120mm×120mm×40mm
飛行時間約9分
バッテリー3.7V250mAh
操作モードモード1・モード2切り替え可能
その他機能ワンキー起動/着陸、フリップモード、赤外線照射(商社距離約3m)

Holy Stone HS180

holy-stone-hs180

わずか4cm程度のサイズにカメラが搭載されているドローン。

HolyStoneのドローンの中では最小サイズで、カメラ搭載機としても格安で販売されています。

※カラーリングは違いますが他社で「Tech rc TR006W」という同じドローンが販売されています。

価格は3500円程度(Amazon:2019年9月時点)

Holy Stone F180C

holystonef180c

カメラ搭載型で51gという重量のコンパクトサイズなドローン。

ですがスマホ非対応で映像伝達は行えないのでFPV飛行はできません。

動画や写真を見る方法はSDカードを本体に装着し、そこへ動画や写真を保存しSDカード対応端末で確認することができます。

価格は5000円程度(Amazon:2019年9月時点)

Holy Stone F180W-X

holy-stone-f180w-x

F180Cの上位版でFPV飛行が可能となっています。

スマホでの操作も可能で、FPVが出来る以外は性能は同じとなっています。

価格は5000円程度(Amazon:2019年9月時点)

Holy Stone F180W RTF

holy-stone-f181w-rtf

見た目や本体性能はF180W-Xと一緒ですが、送信機がパワーアップしています。

送信機はとても珍しいモード1~モード4まで変更できる仕様になっています。

価格は不明

Holy Stone F181C

holy-stone-f181c

昔のドローンではよくあった、カメラは搭載されているがスマホ非対応の為、FPV飛行が出来ないドローン。

送信機の上に小さな液晶は、ドローンのバッテリー残量など機体の状態が表示されます。

価格は9000円程度(Amazon:2019年9月時点)

本体サイズ・重量310×310×85mm、重量:136g
バッテリー3.7V750mAh
飛行性能飛行時間:約8分、飛行距離:約100m(障害物なし・干渉なし)
カメラ性能720p(FPV飛行不可)
その他機能ヘッドレスモード、フリップモード、4段階スピード調整、ワンキー離陸/着陸、ワンキーリターン
操作モード不明

Holy Stone F181G

holy-stone-f181g

見た目はF181Cと同じですがプロポにモニターが搭載されているトイドローンです。

性能などは下記のF181Wと一緒ですがスマホが必要ではないことが利点となっています。

ただモニターの映像受信は5.8Ghzの電波を利用していますので、無線の免許と総務省に申請が必要となります。

価格は14000円程度(Amazon:2019年9月時点)

Holy Stone F181W

holy-stone-f181w-old

F181Cとほぼ一緒の見た目だが、FPV飛行が出来るようになった上位モデル。

2020年4月にはリニューアルしたモデルも発売されています。

リニューアルしたモデルは、見た目や名前も全く同じなので区別しにくいですが、バッテリーがコネクタ式(旧モデル)からカートリッジ式(新モデル)になっているのでそこで区別できます。

価格は8300円程度(Amazon:2020年4月時点)

本体サイズ・重量305×305×105mm・163g
バッテリー性能3.7V750mAh、充電時間約60~90分
飛行性能飛行時間:約10分、飛行距離:約100m・映像伝送距離:約70m
カメラ性能1280×1080p(SDカード)、1280×720p(スマホ)、レンズ120°、カメラアングル変更可能(手動)
その他機能3Dフリップ、ヘッドレスモード、4段階スピード調整、体感操作モード、ワンキー離陸/着陸、ワンキーリターン、軌跡飛行モード、ジェスチャー機能
操作モードモード1・モード2

Holy Stone F186W

holy-stone-f186w

少し手のひらより大きいくらいのサイズで、昔のドローンではあるがカメラ搭載にFPV飛行ができてスマホでの操作も可能と一通りの機能が揃っています。

価格は不明

Holy Stone HS190W

holy-stone-hs190

子供の手のひらに納まり、送信機に本体を収納できる極小サイズのドローン

名前の末尾に「W」が付いていないモデルがありますが、こちらはカメラが非搭載となっています。

価格は6000円程度(Amazon:2019年9月時点)

本体サイズ・重量55×55×30mm・21g
バッテリー性能本体内蔵式
飛行性能飛行時間:6~8分、飛行距離:50~80m
カメラ性能30万画素
その他機能3Dフリップ、ヘッドレスモード、3段階スピード調整、リターンモード、高速旋回モード、チルトモード
操作モードスマホ:モード1・モード2、送信機:モード2

Holy Stone HS200

holy-stone-hs200

 

本体重量116gに本体サイズ31cm×31cm、HDカメラが搭載されておりFPV飛行が可能なドローン。

古いドローンではあるが、今のドローンにも搭載されているお馴染みの機能は大体搭載されています。

価格は11000円程度(Amazon:2019年9月時点)

Holy Stone HS200D

holy-stone-hs200d

HS200と同じ見た目だが、カメラが広角であったり搭載されている機能に若干の違いがあります。

価格は9600円程度(Amazon:2020年10月時点)

本体サイズ・重量320×320×90mm・145g
バッテリー性能3.7V1000mAh、充電時間約120分
飛行性能飛行時間:8~10分、飛行距離:100~120m
カメラ性能720p、レンズ角度120°
その他機能3Dフリップ、ヘッドレスモード、5段階スピード調整、ワンキー離陸/着陸
操作モードモード1・モード2

Holy Stone HS210

holy-stone-hs210

機体重量が21gで手のひらサイズのカメラ非搭載ドローン。

古いドローンではありますが、簡単に飛ばせるスペックや比較的に安価なことから、根強い人気のあるドローンです。

価格は4000円程度(Amazon:2019年9月時点)

重量21g
サイズ80mm×80mm×30mm
飛行性能飛行時間6~7分、飛行距離約50m
バッテリー3.7V220mAh
操作モードモード1・モード2
機能ヘッドレスモード、3Dフリップ、3段階スピード調整、ワンキー離陸/着陸

Holy Stone HS210Pro

holy-stone-hs210pro

HS210の後継機でカメラが搭載されてパワーアップしています。

ガードがプロペラ全面を覆うようになり安全性が増し、バッテリーがカートリッジ式になる事でコードを断線してしまう恐れがなくなりました。

安全性が高いので小さなお子さんや、FVP飛行の練習をしたい方におすすめのドローンです。

価格は6000円程度(Amazon:2020年2月時点)

本体サイズ・重量82×90×27mm・約33g
バッテリー3.7V300mAh、飛行時間約5分、充電時間約40分
飛行・画像伝送距離50~80m・30~50m(どちらも障害物なし・干渉なしの状態)
カメラ1280×720p(HD)、レンズ角度118°、写真:JPEG・動画:AVI/MP4
その他機能ジェスチャー撮影、体感操作モード、軌跡飛行モード、3Dフリップ、ヘッドレスモード、ワンキー離陸/着陸、緊急停止
操作モードモード1・モード2

Holy Stone HS220

holy-stone-hs220

アームが折りたたみ可能で、アームを折りたたんでいる状態でも飛行できる変わったドローン。(※アーム折りたたみ時はカメラの使用はできません)

HS220Rというモデルも販売されていますが、カラーリングが赤いだけで性能は全く同じです。

価格は8000円程度(Amazon:2020年11月時点)

本体サイズ・重量アーム折りたたみ時:145×145×40mm・アーム展開時:250×250×40mm、重量80.8g
バッテリー3.7V750mAh、飛行時間約5分、充電時間約150分
飛行性能最大飛行距離:約50m、最大飛行時間:7~8分
カメラ1280×720p(HD)、レンズ角度60°
その他機能4段階スピード調整、トラッキングフライトモード、3Dフリップ、ヘッドレスモード
操作モードモード1・モード2

Holy Stone HS230

holy-stone-hs230

今では見かける事がなくなった、送信機にモニターが搭載されているドローン。

スマホを持っていなくてもFPV飛行を楽しめますが、モニターの映像受信には5.8Ghzの電波を使用していますので、飛行させるには無線の免許と総務省に申請が必要となります。

価格は14000円程度(Amazon:2019年9月時点)

重量・本体サイズ117g、26cm×26cm×6.5cm
バッテリー3.7V700mAh
飛行性能最大飛行時間:約9分、最大飛行距離:約100m
カメラ720pHD、レンズ角度120°
操作モードモード2
その他機能フリップモード、ヘッドレスモード、3段階スピード調整

Holy Stone HS260

holy-stone-hs260

尖った性能はないが平均的に性能が高めのドローン。

GPSは搭載されてないので高度はあまり上げれませんが、低い高度であれば安定した飛行をすることができます。

価格は13000円程度(Amazon:2021年8月時点)

本体サイズ・重量アーム展開時:365×310×55mm、アーム収納時:145×70×55mm、重量:145g
バッテリー3.85V1300mAh、充電時間:約60分
飛行性能最大飛行時間:約14分、最大飛行距離:100m(FPV距離60~80m)
カメラ性能1080p、カメラアングル-90°~0°
その他機能オプティカルフロー、2段階スピード切替、ヘッドレスモード、体感操作モード、軌跡飛行モード、ジェスチャー撮影
操作モードモード1・モード2

Holy Stone HS310

holy-stone-hs310

アームが折りたためて、シンプルな機能で飛行練習におすすめであったドローン。

重量が126gある為、2022年6月の航空法改定で扱いにくいドローンになってしまいました。

価格は7550円程度(Amazon:2020年12月時点)

本体サイズ・重量アーム展開時:297×264×57mm、アーム収納時:145×141×51mm、重量:126g
バッテリー3.7V1000mAh、充電時間:約100分
飛行性能最大飛行時間:約12分、最大飛行距離:50m(FPV距離は30m)
カメラ性能1080p(FHD)、カメラアングル-90°~-15°
その他機能ジェスチャー撮影機能、3段階スピード切替、ヘッドレスモード、3Dフリップ、体感操作モード、軌跡飛行モード
操作モードモード1・モード2

Holy Stone HS340

holy-stone-hs340

カメラ搭載機としては比較的安価で重量50gという事から、飛行練習用や初心者の方などにおすすめのドローン。

カメラ性能は720pなので空撮を楽しむには物足りないが、FPV飛行を楽しむには十分なスペックです。

機能が多いので色々な楽しみ方が出来ると思います。

価格は6800円程度(Amazon:20201年6月時点)

本体サイズ・重量180×173×38mm、50g
バッテリー3.7V500mAh、充電時間:約60分
飛行性能飛行時間:約11分、飛行距離:約40m(障害物なし・干渉なし)
カメラ性能720p、レンズ角度75°、映像受信距離:約30m(障害物なし・干渉なし)
その他機能3段階スピード調整、3Dフリップ、放り投げ飛行、ワンキー離陸/着陸、音声制御、軌跡飛行モード、ヘッドレスモード、ジェスチャー機能、ホバリングモード、高速旋回モード
操作モードモード1・モード2

Holy Stone HS370

holy-stone-hs370w

HS340の機能を少し減らして価格を抑えたドローン。

その為HS370も飛行練習用や初心者の方などにおすすめです。

価格は5200円程度(Amazon:2020年9月時点)

本体サイズ・重量178×170×34mm・約46g
飛行・画像伝送距離、飛行時間50~60m・20~30m(障害物・干渉なし)、約11分
バッテリー3.7V450mAh・充電時間約70~80分
カメラHD 1280×720p・レンズ角度60°
操作モードモード1・モード2
その他機能ヘッドレスモード・3段階スピード調整・ワンキー離陸/着陸・ワンキーリターン・低電圧アラーム・フリップモード・体感操作モード・軌跡飛行モード・緊急停止

Holy Stone HS420

holy-stone-hs420

HS210Proと似通った性能の小型のカメラ搭載型ドローン。

小型でプロペラ全体はガードで覆われているので安全性が高く、小さなお子さんにもおすすめです。

HS210Proとは価格差はそこまでないので、見た目で好きな方を選んでいいと思います。

価格は7000円程度(Amazon:2021年8月時点)

本体サイズ・重量84×90×34mm、約31g
バッテリー3.7V300mAh、充電時間:約60分
飛行性能飛行時間:約6、飛行距離:約100m(障害物なし・干渉なし)
カメラ性能HD(1280×720p)、レンズ角度65°、映像受信距離:約20~30m(障害物なし・干渉なし)
その他機能2段階スピード調整、3Dフリップ、ワンキー離陸/着陸、軌跡飛行モード、ヘッドレスモード、体感操作モード、高速旋回モード、ホバリングモード、手投げテイクオフモード、ジェスチャー機能
操作モードモード1・モード2

Holy Stone HS430

holy-stone-hs430

アーム折りたたみ可能な初心者におすすめしたいドローン。

HolyStoneも練習用としておすすめしており、飛行練習だけではなく様々な機能でドローンの楽しさを十分に味わうことができます。

価格は9000円程度(Amazon:2022年6月時点)

本体サイズ・重量アーム展開時:187×135×43mm・アーム収納時:93×63×43mm、75g
バッテリー3.85V730mAh、充電時間:約100分
飛行性能飛行時間:約13、飛行距離:約40m(障害物なし・干渉なし)
カメラ性能1080p、レンズ角度67°、映像受信距離:約30m(障害物なし・干渉なし)
その他機能2段階スピード調整、3Dフリップ、ワンキー離陸/着陸、軌跡飛行モード、ヘッドレスモード、体感操作モード、高速旋回モード、ホバリングモード、手投げテイクオフモード
操作モードモード1・モード2

Holy Stone HS440

holy-stone-hs440

送信機からカメラアングルを変更出来る数少ない重量200g未満のドローン。

価格に対しての性能は低めでアングル変更出来る点が魅力だったのですが、その重量により2022年6月の航空法改定で扱いづらくなってしまいました。

価格は14000円程度(Amazon:2021年9月時点)

本体サイズ・重量アーム展開時:289×195×59mm・アーム収納時:125×81×59mm、約166g
バッテリー3.8V1900mAh、充電時間:約180分
飛行性能飛行時間:約20分、飛行距離:約100m(障害物なし・干渉なし)
カメラ性能HD(1920×1080p)、レンズ角度112°、映像受信距離:約100m(障害物なし・干渉なし)、送信機からカメラアングル変更可能(正面0°~真下90°)
その他機能高速旋回モード、ホバリングモード、軌跡飛行モード、ヘッドレスモード、ワンキー離陸/着陸、2段階スピード調整、ジェスチャー機能、体感操作モード、音声制御
操作モードモード1・モード2

Holy Stone HS450

holy-stone-hs450

簡易的な障害物回避機能が搭載されている小型のドローン。

プロペラは全面ガードで覆われており安全で、送信機を使用せずに操作ができる「ジェスチャー操作モード」が搭載されているので、送信機での操作が難しい小さなお子さんにおすすめのドローンです。

性能や価格がHolyton HS330とよく似ているので、見た目で気に入った方を選ぶといいでしょう。

価格は4600円程度(Amazon:2020年9月時点)

本体サイズ・重量83×89×39mm・35g
バッテリー性能3.7V300mAh、充電時間:約40分
カメラ性能カメラ非搭載
飛行性能飛行時間:約6分(合計約18分)、飛行距離:約50m(障害物・干渉なし)、障害物回避機能
その他機能3Dフリップ、ヘッドレスモード、3段階スピード調整、高速旋回モード、ホバリングモード、ワンキー離陸/着陸、ジェスチャー操作モード
操作モードモード1・モード2

Holy Stone HS450-B

holy-stone-hs450b

HS450に赤外線での対戦機能が搭載され、若干仕様変更されたモデル。

2台セットで販売されており、対戦機能を楽しむのもいいですが、初心者の練習用ドローンとしてもおすすめです。

価格は9000円程度(Amazon:2021年6月時点)

本体サイズ・重量83×89×39mm、35g
バッテリー充電時間:約40分
飛行性能飛行時間:約6分、飛行距離:約50m(障害物なし・干渉なし)
カメラ性能非搭載
その他機能対戦機能、3Dフリップ、ヘッドレスモード、高速旋回モード、ホバリングモード、3段階スピード調整、ワンキー離陸/着陸
操作モードモード1・モード2

Holy Stone HS700

holy-stone-hs700

GPSが搭載されている大型のドローンで、カメラをGoProなどと付け替えることができます。

古いドローンでコスパは悪く、映像受信に5Ghz帯の電波を使用しているので、今では扱う人はほとんどいないでしょう。

価格は30000円程度(Amazon:2019年11月時点)

Holy Stone HS700D

holy-stone-hs700d

HS700の後継機で、カメラを取り外し出来るところを引き継いでパワーアップしています。

パワーアップはしていますが、価格に対しての全体的な性能は低めです。

価格は28000円程度(Amazon:2020年4月時点)

本体サイズ・重量434×434×151㎜・630g
バッテリー7.4V2800mAh、充電時間5~7時間
カメラ性能カメラ取り外し可能、アングルー90°~0°変更可能
飛行性能ブラシレスモーター、最高速度不明、飛行距離不明、飛行時間約22分
その他機能GPS搭載、ホバリングモード、ウェイポイントモード、フォローミーモード、ヘッドレスモード、リターンモード、カメラ画質調整

Holy Stone HS720(E)

holy-stone-hs720

 

4K、GPS、オプティカルフロー、アームが折りたたみ可能等、HolyStoneの中では高性能なドローン。

決して悪いドローンでないのですが、価格の事を考えると少しプラスしてDJIのMavicMiniを購入した方がいいと思います。

※HS720には末尾に「E」の付いたモデルが販売されており、カメラがEIS(手振れ補正)となっています。

価格は30000円程度(Amazon:2019年11月時点)

本体サイズ・重量アーム展開時:336×370×56mm・アーム収納時:173×104×56mm、重量460g
飛行距離・時間、最高速度800~999m・約26分、36km/h
バッテリー7.4V2800mAh、充電時間約5~7時間
カメラ4K、アングル変更可能(0~ー90°)、ジンバルなし
その他機能ワンキー離陸/着陸、2段階スピード調整、リターンモード、ホバリングモード、フォローミーモード、ウェイポイントモード
操作モードモード1・モード2

Holyton HS330

holyton-hs330

見た目が「HolyStoneHS210Pro」と全く同じの「Holyton HS330」

HS210Proと違いカメラは搭載されておらず、その代わり簡易的な障害物回避機能が搭載されています。

また障害物回避機能を活かして送信機を使用せずに操作ができるので、送信機での操作が難しい小さなお子さんにおすすめのドローンです。

価格は4400円程度(Amazon:2020年9月時点)

本体サイズ・重量82×90×27mm・33g
バッテリー3.7V300mAh、充電時間約40分
飛行性能最大操作距離:50~80m(障害物や干渉なし)、最大飛行時間:約21分(バッテリー3個)、最大飛行速度:不明
カメラ非搭載
その他機能障害物回避機能(前後・左右・下方)、3Dフリップ、ヘッドレスモード、3段階スピード調整、ワンキー離陸/着陸、手投げテイクオフ、高速旋回モード、ホバリングモード、リモコンコントロールモード・ハンドコントロールモード

Holyton HT02

holyton-ht02

本体を送信機に収納できる超小型サイズのドローン。

カメラは搭載されていませんが、安価なことからとりあえずドローンを飛ばしてみたいという方におすすめ。

プロペラガードを付けてもプロペラが剥き出しで危ないと思われますが、これ位のサイズのモーターのパワーであれば、プロペラが当たっても少し痛みはあれど怪我をすることはありません。

価格は3000円程度(Amazon:2020年9月時点)

本体サイズ・重量115×80×45mm・19g
バッテリー3.7V220mAh、充電時間約30分
飛行時間性能飛行時間:約8分、飛行距離:約30m
カメラなし
その他機能3Dフリップ、ヘッドレスモード、スピード調整、ワンキー離陸/着陸、ワンキーリターン
操作モードモード1・モード2

Holyton HT02W

holyton-ht02w

HT02にカメラが搭載されたモデル。

超小型というサイズにこだわりがなければ、同価格帯でHT02Wより性能の良いカメラ搭載モデルもあります。

価格は6000円程度(Amazon:2021年6月時点)

Holyton HT06

holyton-ht06

本体全体がガードに覆われていて安全性の高いドローン。

簡易的ではありますが障害物検知センサーで障害物を回避、またそのセンサーを利用して送信機なしで操作出来るので、送信機での操作が難しい方にもおすすめのドローンです。

価格は3700円程度(Amazon:2020年9月時点)

本体サイズ150×150×100mm
重量76g
バッテリー3.7V800mAh、充電時間90~100分
飛行性能飛行時間約6分、飛行距離50m(障害物・干渉なし)、障害物検知センサー(前後・左右・下方)
カメラ性能カメラ非搭載
その他機能LEDライト、3Dフリップ、ヘッドレスモード、ワンキー離陸/着陸、2段階スピード調整、手投げテイクオフ、高速旋回モード、ホバリングモード、サーフィンモード、トリプルループ
操作モード不明

HolyStone/Holytonおすすめドローン

ここからはHolyStone/Holytonのドローンの中から、おすすめのドローンをご紹介していきます。

おすすめするドローンで一貫して言えるのが「重量が100g未満であること」です。

2022年6月に改定された航空法では、重量100g以上のドローンは国土交通省に機体の登録など、飛行させるための規制が厳しい為、遊びで飛行させるにはハードルが高すぎるからです。

遊びで飛行させるのではなく、本格的に空撮などを行いたい方はドローン業界最大手の「DJI」のドローンがおすすめです。

初心者の方はまずこれ HolyStoneHS210Pro/HolyStoneHS420

holy-stone-hs210pro

holy-stone-hs420

上記画像の青い方が「HolyStoneHS210Pro」オレンジ色の方が「HolyStoneHS420」

この2つは性能も価格もほぼ同程度で、小型でプロペラ全体がガードで覆われて安全性が高く、カメラ搭載機としては安価な方である事から、初心者の方や小さなお子さんにおすすめのドローンです。

バッテリー1つあたりの飛行時間は約6分程度と短いですが、どちらもバッテリーは3個付属されているので、長く楽しむことができます。

カメラ搭載機でとにかく安く HolyStoneHS340 or HS370

holy-stone-hs340

とりあえずFPV飛行を楽しんでみたい方には「HolyStoneHS340」

カメラ搭載機としては最安値クラスで、練習用のドローンとしてもおすすめです。

バッテリーは2つしか付属されていませんが、1つあたりの飛行時間は約11分あります。

本当はより価格の安い「HolyStoneHS370」をおすすめしたいのですが、販売してるところが少なくなってきている為、HolyStoneHS340をおすすめしています。

カメラ搭載機でスペック重視 HolyStoneHS430

holy-stone-hs430

重量100g未満で色々機能を詰め込んで、なおかつ価格を抑えているモデル。

アームが折りたためコンパクトに出来る、FHDカメラ、カメラアングル変更可能(手動)、長い飛行時間(バッテリー3個で約39分)、多彩な機能。

屋外で飛行させる目的でドローン選びで迷ったなら、HolyStoneHS430を購入すれば間違いはないでしょう。

安全性が高く小さな子にもおすすめ HolyStoneHS450/HolytonHS330

holy-stone-hs450

holyton-hs330

上記画像の黄色い方が「HolyStoneHS450」青色の方が「HolytonHS330」

どちらも小型でプロペラ全体をガードで覆われていて安全性が高いです。

カメラは搭載されていませんが、簡易的な障害物回避機能が搭載されているので、屋内での飛行、小さなお子さんにおすすめのドローンです。

対戦機能で盛り上がる HolyStoneHS450ーB

holy-stone-hs450b

赤外線を撃ち合い対戦できる機能が搭載されているので、子供から大人まで楽しめる「HolyStoneHS450-B」

対戦しながら操縦技術を身につける事もできるし、対戦以外の機能も搭載されているので、一人でも十分に楽しめるドローンです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました