【HolyStoneHS450-B】対戦型ドローン!プロペラガードで小さな子供でも安心

スポンサーリンク

HolyStoneから発売されているドローン【HolyStoneHS450-B】

すでにHolyStoneHS450というモデルが販売されていますが、HS450-BはHS450とどう違うのでしょうか。

HolyStoneHS450-B

holy-stone-hs450b

見た目はHS450と同じですが、HS450-Bは2台セットで販売されています。

参考価格:Amazon9000円程度(2021年6月時点)

また画像を見てわかるように、赤外線を放っており対戦型のドローンとなっています。

では対戦機能が搭載されたHS450なのかというと、それは違います。

他に変更点がありますので合わせてご紹介していきます。

【HolyStoneHS450-B】本体サイズ・重量

本体サイズは見た目通り変わっておらず83×89×39mmで、重量は性能の変化はありますがそのまま35gとなっています。

プロペラ周りは変わらず全面ガードで覆われていますので、小さなお子さんにおすすめできるドローンです。

【HolyStoneHS450-B】飛行性能・バッテリー性能バッテリー

バッテリーは3.7V1000mAhの物が4個付属されており、バッテリー1つあたりの飛行時間は約6分となっています。

ただHS450は300mAhにHS450-Bは1000mAhで、飛行時間が変わっていない事から1000mAhというのは誤記で、HS450と同じく300mAhだと思われます。

最大飛行距離は障害物や電波干渉なしで約50mとこちらも変更はありませんが、簡易的な物ではあったが障害物回避機能がなくなっています。

操作モードに関してはモード1・モード2と切り替え可能です。

【HolyStoneHS450-B】カメラ性能

残念ながらHS450ーBにはカメラは搭載されていません。

機体前面のカメラに見えるような所は、対戦機能で使用する赤外線を飛ばす機能となっています。

【HolyStoneHS450-B】その他機能

holy-stone-hs450b-機能

HS450-Bで搭載された「対戦機能」

その機能は従来の対戦機能と同じような内容となっています。

送信機のボタンをおすと赤外線を発射、赤外線がドローンに当たるとドローンが着弾のアクションを起こし、合計4回当たるとドローンが墜落(自動的に着陸)していきます。

ただ従来の対戦型ドローン(HolyStoneHS177)より飛行の安定性は増し、堅牢性や安全性が上がっていますので、より対戦を楽しむことができるでしょう。

 

その他の機能としては

ボタン1つでドローンが宙返りする「3Dフリップ」

ドローンの機首がどこを向いて操縦者の視点で操作できる「ヘッドレスモード」

その場でドローンが高速旋回する「高速旋回モード」

ドローンが円を描くように動く「ホバリングモード」

操縦者のスキルに合わせてスピードが変更出来る「3段階スピード調整」

ボタン1つで簡単に離着陸できる「ワンキー離陸/着陸」

とHS450と同じですが、障害物回避機能がなくなった為ジェスチャー操作機能は搭載されていません。

【HolyStoneHS450-B】まとめ

HolyStoneの旧タイプの対戦型ドローンHS177では、プロペラが剥き出しだったので、小さなお子さんに遊ばせるのは少し不安がありましたが、HS450-Bはプロペラはガードに覆われているので安心できます。

また対戦機能だけでなく、初心者の練習用ドローンとしてもおすすめなので、買って損はない機体です。

Holy Stone(ホーリーストーン)&Holytonドローン一覧
HolyStone(ホーリーストーン)&姉妹ブランドHolytonのドローンの一覧です。 記載順は発売日やスペック順という訳ではなく、HolyStone&Holyotonの機体の名前には番号が入っていますので、その順番で掲載し...

 

【スペックまとめ】

本体サイズ・重量83×89×39mm、35g
バッテリー3.7V1000mAh(300mAhかも)、充電時間:約40分、4個同梱
飛行性能飛行時間:約6分、飛行距離:約50m(障害物なし・干渉なし)
カメラ性能非搭載
その他機能対戦機能、3Dフリップ、ヘッドレスモード、高速旋回モード、ホバリングモード、3段階スピード調整、ワンキー離陸/着陸
操作モードモード1・モード2

コメント

タイトルとURLをコピーしました