Wolt(ウォルト)やUberEats(ウーバーイーツ)などは個人事業主!確定申告を忘れずに

スポンサーリンク

Wolt(ウォルト)やUberEats(ウーバーイーツ)などのフードデリバリーの配達員はどういった雇用形態になっているかご存じですか。

すでに配達員として働かれている方は配達員登録時の説明会などで聞いていると思いますが、多くのフードデリバリーの配達員は会社で雇われているアルバイトなどとは違い、「個人事業主」という契約になっています。

アルバイトと個人事業主の違い

ざっくり言ってしまうと「アルバイトは会社に雇われて仕事をしている」「個人事業主は自分で仕事をしている」かです。

要はアルバイトは会社に雇われてお店で働き給料を貰っている、個人事業主は自分でお店を経営して稼いでいると思ってください。

どちらもお金を稼ぐという事に変わりはないですが、アルバイトは会社に雇われて給料をもらっているので会社が税金を納めてくれていますが、個人事業主は自分でお店を経営しているので自分で税金を納めなければいけません。

おそらくほとんどの方がアルバイト感覚でフードデリバリーの配達員を始めていると思いますが、実は個人事業主という扱いなので自分で確定申告をして税金を納めなければいけません。

【確定申告】フードデリバリーの配達員

確定申告

配達員の確定申告ですが、絶対に確定申告をしなければいけない訳ではなく、一定額以上収入がある場合のみ確定申告を行う必要があります。

その条件ですが、他に仕事をしておらず専業として配達員で働いている方は、1年間の所得金額の合計が「48万円」以下なら確定申告をする必要はありません。

本業があり副業として配達員で働いている方は、1年間の所得金額の合計が「20万円」以下なら確定申告をする必要はありません。

所得金額は「総収入金額ー必要経費」となるので、配達員として貰った報酬の金額から必要経費を引く必要があります。

ただこの必要経費はどれを計上していいかわからず、また計算するのはとても面倒で、支払う税金は多くなってしまいますが、絶対に必要経費を引かないといけない訳ではありません。

ちなみに必要経費ですがどんなものが含まれるかというと・・・

  • 自転車の購入・レンタル・メンテナンス費用
  • スマホホルダーやヘルメットなどの備品
  • スマホの通信料

といった感じに配達で使用するものであれば必要経費として計上できる可能性は高いです。

とは言っても上記を全額必要経費として計上できる訳でなく、いくつかルールがあります。

 

10万円以上の消耗品は全額必要経費に計上できない」

全額必要経費として計上できるのは10万円未満のものです。

「事業割合を求める」

スマホの通信料と言っても全て配達で使用した料金という訳ではないですよね。自宅で動画を見たり音楽をダウンロードするなどで通信料が発生しています。ですので事業で使用した割合を求める必要があります。

 

このように確定申告はとても面倒で、初めて確定申告をする方は何をどうしていいのかさっぱりだと思います。

ですが最近はAIが必要経費を自動で分類してくれたりなど、初心者でも簡単に確定申告ができるソフトが沢山あります。

その中には無料で使用できるのものもあるので、試しに使用してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました