【Walkera AiBao】AR体験が出来る画期的なドローン

スポンサーリンク

みなさん「Walkera」というドローンメーカーをご存知ですか?

レース向けのドローンに詳しい方だと知っていると思いますが、DJIと同じく中国の企業で産業用のドローンに、一般向けの200g以上のドローンや200g未満だとレース向けのドローンを製造・販売しています。

今回はそのWalkeraから面白いドローンが販売されていますのでご紹介いたします。

 

Walkera AiBao

walkera-aibao

「Walkera(ワルケラ)AiBao」は200g以上のドローンで、見た目は200g未満のドローンでよくありそうなフォルムにスキッド(着陸脚)が搭載されています。

性能は簡単に言ってしまえば、ジンバルがなくなったDJIのSPARKといったところでしょうか。

ならSPARKの方がいいやと思いますが、SPARKより優れている部分もありますし、なによりAiBaoは他ではない面白い機能を搭載しています。

 

AR機能搭載でゲームを楽しめる

ドローンでAR?ゲーム?どういうこと?

文章で説明するよりかはまずは動画を見ていただいた方がわかりやすく、どういったことか理解できるでしょう。

 

 

実際にドローンを飛行させて、モニターに表示されているARでいろんなゲームを楽しめる!

めちゃくちゃ楽しそうじゃないですか!?

画像伝送の電波は5.8Ghzなので無線の免許が必要となりますが、ドローンレースのようなゴーグルを使用してARが出来れば、より臨場感のあるARを楽しむことができそうですね。

 

ゲームは3種類あり、指定されたゲートを通過していく「レーシングモード」に、飛行してくる敵機を武器を使用して撃墜する「戦闘モード」に、いろんなところに散らばっているコインを集めていくコレクションモード」があります。

 

【飛行性能】ブラシレスモーターでパワフルに飛行

ARが出来たところでちゃんと飛行しなかったら意味ないですよね。

ですがご安心ください!

AiBaoはGPSとGLONASSのデュアルGPSで屋外での飛行も安定し、パワーのあるブラシレスモーターを搭載していますので、パワフルな飛行も可能となっています。

また飛行距離は1500mで、これだけの距離が飛ばせれば広い空間でARゲームを楽しむことができますね。

 

本体サイズ・重量・バッテリー

本体サイズは230mm×230mm×151mmで重量は570gに、バッテリーは7.6V5200mAhのものを使用し飛行時間は約18分となっています。

バッテリーは1つしか同梱されていませんので、もっと長時間AR機能を楽しみたいという方は予備のバッテリーを購入しておいたほうがよさそうですね。

 

 

4K動画が撮れるカメラ

walkera-aibao-camera

AiBaoはSONYの1/2.3インチセンサー(有効画素数1600万)を搭載し、4K動画が撮れるようになっています。

レンズはFOV100°F2.2-2.8で少し広角といったところでしょうか。

データの保存方法はMicroSDカードで64GBまで対応していて、連写などのカメラに関する機能はなさそうです。

※詳細スペックはページ下部に記載しています。

 

その他機能【GPS搭載による自動飛行機能】

AiBaoはデュアルGPSが搭載されていますので、自動飛行機能がいくつか搭載されています。

まずは半径を設定し制止している場所を周回する「サークルフライト」

指定したポイントに沿って飛行する「ポイントフライト」

 

他には自動で離着陸できる機能や指定したポイントまで自動で帰還してくれる機能があります。

操作モードに関しては公式スペックに記載がないので不明なのですが、これくらいのスペックのものになるとモード1・モード2と変更できない方が珍しいです。

※追記:使用した方のレビューによりモード1・モード2変更可能と判明しました

 

またDJI製品と同じような飛行モードがあり「ノーマル・GPS・スポーツ」の3つのモードがあります。

ですがこちらも公式スペックに詳細が載っておらずどんなものか不明です(-_-;)

 

GOOD・BADポイント

GOODポイントはもちろんAR体験ができることでしょう!

BADポイントはジンバルが搭載されていないことや5.8Ghzの電波をしようするので、無線の免許が必要となりなかなか手を出しづらいとこです。

あとは詳細なスペックが記載されていないところが多い点ですかね・・・。

 

まとめ・詳細スペック

「Walkera(ワルケラ) AiBao」はAR体験ができるARドローンと面白そうと色々調べながら記事を書いていたのですが、公式サイトには画像伝送に5.8Ghzの電波を使用すると記載されていないし、その他機能の事も詳しい説明がないのでちょっとこれはないなぁと思っています。

 

Amazonでのドローンのレビューは低いということはめったにないのですが、同じようなことをコメントしていらっしゃる方もいて低評価です。

せっかくARという面白い機能を搭載しているのに残念です。

 

【詳細スペック・同梱物】

本体サイズ・重量 230×230×151mm、570g
飛行・画像伝送距離、飛行時間 1500m、約18分
バッテリー、動作環境 7.6V5200mAh 5C 2S LiPo、-10℃~40℃
カメラ 1/2.3インチSONY有効画素数1600万、写真解像度:16M(4640×3480)、動画解像度:4K/25p、動画・写真形式:MP4/MOV・JPG、MicroSDカード保存(最大64GB)、レンズ:FOV100°F2.2-2.8フォーカス無限大
送信機 サイズ:165×174×62mm、周波数:2.4Ghz、バッテリー(内蔵):7.4V3000mAh LiPo 2S
機能 GPS/GLONASS、AR機能、サークルフライト、ポイントフライト、自動離着陸、自動帰還、飛行モード変更(ノーマル・GPS・スポーツ)、
操作モード モード1・モード2変更可能
同梱物 本体、送信機、バッテリー、プロペラ×8、バッテリー充電器、MicroUSBコード、バッテリー充電コード、クイックガイド(日本語・英語)

コメント

タイトルとURLをコピーしました