企業が運営しているサイトのおすすめトイドローンには注意!

スポンサーリンク

企業が運営しているサイトのドローンの情報は、サイトのパワーが強くドローンで検索すると大抵上位に表示されてきます。

サイトのパワーとはサイトを運営している期間やサイト訪問者によって変わるもので、たとえ全く同じ内容の記事を書いてもサイトパワーが高い方が検索上位に表示されます。

検索上位にあるのでよく読まれているという事になりますが、200g未満のドローン(トイドローン)に関してはたいした情報が載っていません。

 

本格的なドローン情報サイトでさえも、トイドローンに関してはあまり力を入れていない様子。

トイドローン自体の記事は割とあるのですが、今回はなぜ力を入れていないと思う理由を説明いたします。

 

企業が運営しているサイトがトイドローンに力を入れていないと思う理由

hubsan-h216a

まず最初に断っておきますが、すべての企業のサイトではないですよ!

ですがトイドローンに力を入れていないサイトが多いことは確かです。

なんかその企業の方が見たら怒りそうな記事ですが、事実でもありますし改善されることを期待して記事にしています。

 

トイドローンに力を入れていないと思う理由その①

holy-stone-f180w-x

「情報が古い」

2019年度のおすすめドローンという記事をよく見るのですが、2017年や2018年に書いた記事を2019年と変えただけじゃないのかと思う位古い!!

上記画像の2~3年前のドローンが当たり前のようにおすすめとして紹介してされています。

確かに1~2年前に発売されて現在でもおすすめと言えるドローンはあります。

DJIのTelloはわかるとして、Parrot Mamboとか2019年ではParrot Mamboを買える金額でもっといいトイドローン買えますよ!

 

また2019年にはHoly Stoneから良いトイドローンが販売されたのに、それが全然載っていないのもおかしいです。

私が知る限りでは「HS120D」「HS161」「HS160Pro」が販売されていて、どれも2019年を代表するとてもいいトイドローンです。

 

トイドローンに力を入れていないと思う理由その②

「同じものばかり紹介している」

メーカーから頼まれて記事を書いているのかと思う位、幅広くではなく同じものばかり紹介している。

本当におすすめなドローンであれば、その良さを余すことなく紹介して記事数が多いのは納得ですが、同じものばかりの紹介ばかりでは他のものと比較が出来ず、本当におすすめのドローンなのか判断できません。

企業さんは比較対象として、あえておすすめではないドローンを紹介してみるというのはどうでしょうか。

比較対象にされたドローンのメーカーさんは堪ったもんじゃないないですが(;^_^A

 

トイドローンに力を入れていないと思う理由その③

「知識や情報量が乏しい」

ドローン専門サイトに関してはドローン自体の知識はさすがと思えるものですが、専門サイトでさえトイドローンの種類などの情報量は乏しいです。

実際はたくさんの種類のトイドローンを知っているのかもしれませんが、会社の事情もあるのか記事にはなりません。

またドローン専門ではないサイトは、このトイドローンには「ヘッドレスモード」がある「フリップモード」があると、今のドローンには当たり前のようにある機能をこのトイドローンにしかないような説明をしており、記事を書いている人はトイドローンに関して知識があるのか不安になってきます。

 

他に一番酷かったと思える記事は、初心者でも空撮を楽しめるドローンというような内容で「Inspire」が紹介されていたことです。

あきらかにドローンに関する知識がない人が記事を書いていますよね(;’∀’)

 

トイドローンに力を入れていないと思う理由その④

avialogic-h12

「決まったメーカーのものしか紹介しない」

同じものばかり紹介していると似たような内容ですが、大抵DJI・HolyStone・GFORCEのトイドローンしか紹介していないです。

たまにHubsanやPotensicもありますが、売れているドローン=有名なメーカーでマイナーなメーカーは紹介しないのでしょうか。

上記画像の「AVIALOGIC Q8」とかマイナーなメーカーですが結構いいトイドローンだとは思うのですが・・・

【AVIALOGIC H12(Q8)】ガンダム好きや初心者におすすめの200g未満のドローン
今回ご紹介させて頂くの「AVIALOGIC」というマイナーなメーカーの「H12(Q8)」という200g未満のドローン(トイドローン)です。 初心者におすすめは置いといて、何故ガンダム好きにおすすめなのかというと・・・ ...

 

まとめ

以上が企業サイトがトイドローンに力を入れていないと思う理由です。

どうしても企業サイトはサイトパワーが強く、検索上位に表示されるため参考にされがちですが、トイドローンに関する情報は少ないです。

個人で作成されているサイトの方が密な情報が載っている事が多いので、トイドローンの情報を調べる際は個人のサイトを参考にしてみてください。

 

個人か企業かわからない場合は、サイト下部などに運営情報などの記載があると思うのでそこで判断していただければと思います。

運営情報の記載自体がなければほぼ個人のサイトです。

 

最後に企業さんすいませんm(__)m

でもちゃんとトイドローンをチェックしていい記事を書いてください。

ドローンに関する知識がない方を騙しているみたいなので(´;ω;`)

 

 

 

しれっとおすすめトイドローンの記事のリンクを貼る私も悪い奴ですが(笑)

【2019年上半期版】200g未満のおすすめドローン
2019年ももう8月。 残り半分を切りましたね。 2019年の上半期も新しいドローンが続々と販売され、性能面もどんどん進化していってます。 DJIは新しいドローンを販売してくれませんでしたが(;^_^A です...

 

ですがちゃんとたくさんのトイドローンを調べて書いた記事なのでご安心を!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました