ドローン規制

スポンサーリンク
ドローン規制

2020年春から技適マークがないドローンでも飛ばせるようになる!?

ドローンは送信機からの電波の指示によって動いています。 そしてモニターに映像を受信するのにも電波が使用されており、これらの電波は電波法で定められた技術基準に適合しているものを使用しています。 この技術基準に適合しているものには「...
ドローン規制

【第1回4級アマチュア無線の勉強をしよう】

5.8Ghzの電波を使用する為に必要な「第四級アマチュア無線技士」の資格ですが、ドローンでも必要になる場合があります。 一般向けの空撮目的のドローンのほとんどは2.4Ghzの電波を使用していますので、第四級アマチュア無線技士の資格を取...
ドローン規制

ドローン情報基盤システム【FISS】の使用方法

2019年7月26日からFISS(飛行情報共有機能)が施行されましたね。 今後DIPSでの申請に加え、飛行前にFISSで報告が義務化となりましたので、今回はその使用方法についてご説明していきます。 【FISSについてはこ...
ドローン規制

【ドローン初心者】航空法を理解しドローンを飛ばしてみよう!

ドローンを飛ばしてみたい!と思っている方は沢山いるのでは。 ですが1歩踏み出せず飛ばせずにいるのは何故でしょう。 購入しようにもドローンの価格が高い事や、免許がいるのではと思っている方がほとんどでしょう。 しかしご...
ドローン規制

DIPS(国土交通省)に登録・申請をしてみよう

200g以上のドローンを飛行させる際に必要な国土交通省への申請ですが、必要書類を郵送かオンラインでの申請がありますが、オンラインでの申請の方が手間も少なくおすすめです。 今回はそのオンラインでの申請方法をご説明致します。 ...
ドローン規制

200g以上のドローンを飛行させたいけど、絶対に国土交通省に申請が必要なの?

200g未満のドローンを飛行させていると、やっぱり性能のいい200g以上のドローンを飛ばしたいと思ったことはありませんか? でも色々と国土交通省に申請が面倒だし、思い切って購入しようと思っても価格が高いしあと一歩踏み出せないところがあ...
ドローン規制

【ドローンの規制】海外で飛行させるには?

ドローンで海外の雄大な景色を撮影してみたいと思ったことはありませんか? ハワイの綺麗な海を撮ったり、パリのエッフェル塔を撮ったりと、撮影したい場所が世界にまで広がると一生かかっても撮りきれるかどうか。 まぁまず海外に行かない事に...
ドローン規制

国土交通省へドローンの飛行申請をするには?

ドローンは航空法の規制に当てはまる場合、国土交通省に飛行許可の申請を行わなければいけません。 (厳密に言えば平成29年4月1日より申請先は地方航空局になっていますが、管理しているのは国土交通省なので間違いではありません) 飛行申...
ドローン規制

ドローンを飛行させる際に航空法で間違えてしまいそうな事

みなさん楽しいドローライフは送れていますか? ドローンで空撮を行うには航空法の理解は必須ですが、理解しているつもりで意外と間違ていることもあります。 知らず知らずのうちに違反して捕まってしまうのは嫌ですよね? 捕まってしま...
ドローン規制

【電波法について】技適マークや5Ghz帯の電波

みなさん技適マークというものをご存知ですか? 日本の製品で電波を発するものにはすべて「技適マーク」が付いています。 身近なもので言えば携帯電話で、カバーを取った内部など必ずどこかにこういったマークが印字されています。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました