【SNAPTAIN SP500】2Kカメラ・GPS搭載型トイドローン

スポンサーリンク

2020年7月にSNAPTAINから新しいトイドローンが発売されました。

SNAPTAINは子供向けのトイドローンを多く販売しているのですが、今回発売された【SNAPTAIN SP500】は大人向けのスペックとなっています。

SNAPTAIN SP500

snaptain-sp500

SNAPTAIN SP500の価格は17000円程度(2020年7月Amazon参考)

また期間限定かもしれませんがAmazonでは3000円オフのクーポンが発行されており、実質14000円程度で購入することができます。

【SNAPTAIN SP500】本体サイズ・重量・バッテリー性能

snaptain-sp500-size

SNAPTAIN SP500は上記画像のようにアームを折りたたむことができます。

アーム展開時のサイズは32.7×32.7×5.7cmで、アーム収納時のサイズは17.5×14.5×5.7cmです。

本体サイズはアームを折りたたんでもかなり大きいですね。

プロペラガードを取り付けるとアーム展開時は40×40㎝位になりそうですね(;^_^A

 

重量は134.5gでカメラ含まずと記載されているので詳細な重量は不明です。

流石にカメラをプラスして200g以上にならないと思いますが、一応販売サイトの画像に200g未満と載っているので、航空法の規制が緩い200g未満の機体である事は確実そうです。

バッテリーは7.4V850mAhのカートリッジ式の物が2つ付属しており、充電時間は約3時間となっています。

【SNAPTAIN SP500】飛行性能

snaptain-sp500-gps

SNAPTAIN SP500にはGPSが搭載されており、屋外でGPSが受信できる場所であれば安定した飛行が可能です。

またGPSが搭載されている事で様々な機能が搭載されています。(その他機能については後ほどご紹介致します)

飛行距離については記載がないので不明ですが、だいたいこの価格帯・スペックのドローンだと200~300m位は飛行できると思います。(映像が受信できる距離は100m位だと思います)

飛行時間はバッテリー1つあたり13分飛行できるので合計26分の飛行が可能です。

【SNAPTAIN SP500】カメラ性能

snaptain-sp500-camera

カメラは2KHDカメラが搭載されており、レンズ角度は110°と広角です。

しかし4Kはよく耳にしますが、2Kとはそこまで聞かない単語ですよね。

2KとはいわゆるFHD、横幅が約2000ピクセルのものの事で、SNAPTAIN SP500だと2048(横幅)×1152(縦幅)となっています。

 

またカメラの機能としてジェスチャーで動画や写真が撮影できる機能と、手動ではありますがカメラアングルが変更できます。

ただカメラアングルは40°下までしか動かないので、ドローンらしい見下ろした俯瞰の画は撮ることが出来ません。

【SNAPTAIN SP500】その他機能・操作モード

snaptain-sp500-機能

SNAPTAIN SP500には沢山の機能が搭載されています。

まずはカメラ性能でもご紹介した、指定されたジェスチャーをすると動画や写真を撮影出来る「ジェスチャーコントロール」

もはやドローンには当たり前のように搭載されている、ボタン1つで離着陸できる「ワンキー離陸/着陸」に、ドローンの機首がどこを向いていても操縦者の視点で操作できる「ヘッドレスモード」

バッテリーが少なくなったり電波が途切れるなどすると、自動で離陸ポイントまでドローンが戻ってくる「オートリターン」

アプリ上(モニター上)にポイント(ルート)を指定しその通りに飛行してくれる「ウェイポイントモード」

指定したポイントを円を描くように飛行する「サークルフライ」

操縦者(送信機を持っている人)を自動で追尾する「フォローミーモード」

操縦者のスキルに合わせてスピードが調整できる「2段階スピード調整」

最大飛行距離を30mや指定した範囲にできる「初心者モード(安全飛行距離の制御)」

 

このように沢山の機能が搭載されていますが、SNAPTAIN SP500には障害物検知センサーが搭載されていませんので、機能使用時に周りの障害物には十分に注意しましょう。

 

操作モードに関してはモード1・モード2と自由に変更可能です。

あと送信機に関してですが、記載はないのですがUSBケーブルが3本付属されている事から、乾電池式ではなくUSBで充電式だと思われます。

【SNAPTAIN SP500】まとめ

GPS搭載トイドローンが14000円(クーポン併用)だとコスパのいい機体です。

また機能も豊富で合計26分も飛行できるので結構おすすめのトイドローンだと思います。

しかしカメラのアングルは何故40°までしか動かせないのでしょうかね。

40°動かせるなら真下の90°まで動かせるように出来なかったのでしょうか(;^_^A

 

【詳細スペック・同梱物】

本体サイズ・重量アーム展開時:32.7×32.7×5.7cm、アーム収納時:17.5×14.5×5.7cm・134.5g(カメラ含まず)
飛行距離・時間不明(おそらく200~300m程度・映像受信距離はおそらく100m程度)・約13分
バッテリー7.4V850mAh、充電時間約3時間
カメラ性能2KHDカメラ(2048×1152)、レンズ角度110°、アングル変更可能(手動・0~40°)
その他機能GPS、ジェスチャーコントロール、ワンキー離陸/着陸、ヘッドレスモード、オートリターン、ウェイポイントモード、サークルフライ、フォローミーモード、2段階スピード調整、初心者モード(安全飛行距離の制御)
操作モードモード1・モード2
同梱物本体、送信機、バッテリー×2、USBケーブル×3、プロペラガード×4、予備プロペラ×4、ドライバー、説明書×2

コメント

タイトルとURLをコピーしました