【SNAPTAIN A15F】SNAPTAIN A15Hにオプティカルフローが搭載されパワーアップ

スポンサーリンク

「SNAPTAIN A15H」の後継機【SNAPTAIN A15F】が販売されました。

見た目の違いはそれほどありませんが、性能は全体的に上がっています。

SNAPTAIN A15F

snaptain-a15f

カラーはグレーからブラックに変更になりましたが、フォルムはA15Hと変わりありません。

価格は10000円(2020年12月時点Amazon参考)で、2021年1月末までなら20%OFFのクーポンが発行されているので、約8000円で購入することができます。

【SNAPTAIN A15F】本体サイズ・重量・バッテリー性能

snaptain-a15f-バッテリー

本体はアームを上記画像のようにアームを折りたたむことができます。

アーム展開時のサイズは37×32.5×6cmアーム収納時のサイズは13.5×13×6cmと、やはりA15Hと見た目が変わっていない為サイズは全く同じです。

重量は5gだけ増加し170gとなっています。

バッテリーは800mAhから3.7V1000mAh(充電時間約120分)に進化しており、前作同様バッテリーは2個付属しています。

【SNAPTAIN A15F】飛行性能

snaptain-a15f-飛行性能

飛行性能で大きく変わった点は「オプティカルフロー」が搭載されたことです。

オプティカルフローとは機体のズレを検知し飛行を安定化させる機能で、最近のトイドローンでは当たり前のように搭載されるようになってきました。

その他飛行性能は最大飛行時間約12分に、最大飛行距離80m(映像伝送距離は60m)となっています。

【SNAPTAIN A15F】カメラ性能

snaptain-a15f-カメラ

カメラ性能は720pから1080pに進化しています。

レンズ角度は前作と同じく120°の広角で、カメラアングルは手動ではありますが-60°~0°まで動かせます。

【SNAPTAIN A15F】その他機能・操作モード

snaptain-a15f-機能

【SNAPTAIN A15F】には沢山の機能が搭載されています。

 

スキルに合わせてスピードを調整できる「3段階スピード調整」

ボタン1つで離着陸できる「ワンキー離陸/着陸」

スマホを傾けてドローンを操作できる「重力制御モード」

音声でドローンを制御できる「音声制御」※英語のみ

機首がどこを向いても操縦者の視点で操作出来る「ヘッドレスモード」

ドローンが円を描くように飛行する「サークルフライモード」

ジェスチャーで動画や写真を撮影出来る「ジェスチャー撮影」

アプリ上(画面上)に軌跡を描き、軌跡をなぞるように自動飛行する「軌跡飛行モード」

指定した対象を自動追尾する「自動追尾機能」※トイドローンの自動追尾と言えば操縦者を追尾するものですが、A15Fは説明文などを見る限り指定した対象を追尾できるようです。

 

操作モードについては記載がないのですが、前作と同様の送信機を使用している為、モード1・モード2と変更可能だと思われます。

【SNAPTAIN A15F】まとめ

クーポンを使用して購入すればコスパはぼちぼちだと思います。

ただ性能に対して本体サイズが大きすぎるので、わざわざ「SNAPTAIN A15F」を購入しなくてもいいかなという感じです。

 

 

【スペックまとめ・同梱物】

本体サイズ・重量アーム展開時:37×32.5×6cm、アーム収納時:13.5×13×6cm、重量:170g
バッテリー3.7V1000mAh、充電時間:約120分
飛行性能オプティカルフロー、最大飛行距離:約80m(映像伝送距離約60m)、最大飛行時間:約12分
カメラ性能1080p、レンズ角度:120°、カメラアングル変更可能(手動ー60°~0°)
その他機能3段階スピード調整、ワンキー離陸/着陸、重力制御モード、音声制御※英語のみ、ヘッドレスモード、サークルフライモード、ジェスチャー撮影、軌跡飛行モード、自動追尾機能
操作モードおそらくモード1・モード2
同梱物本体、送信機、バッテリー×2、USBケーブル×2、プロペラガード×4、プロペラ×8、ドライバー、ネジセット

コメント

タイトルとURLをコピーしました