【Parrot ANAFI】180°回転ジンバルやズーム機能が特徴の本格的ドローン

スポンサーリンク

フランスのメーカーParrot(パロット)のドローン【ANAFI】

ドローンを流行させた【AR.Drone】を製造しているメーカーで、その歴史はドローン大手のDJIより長く、AR.DroneはPhantom1より3年も早く製造されています。

現在ではローエンドのドローン事業からは撤退し、産業用のドローンに力を入れています。

そんなParrotのANAFIですが、ドローン大手のDJIに劣らぬほどの性能を持っています。

しかも価格は10万円を切りコスパも抜群です!

 

Parrot(パロット) ANAFI

parrot-anafi

フランスのメーカーという事もあり見た目は他のドローンと違い、スタイリッシュでおしゃれです。

しかしただおしゃれなだけでなく、わずか320gという重量の中に様々な機能が搭載されています。

 

本体サイズ・重量・バッテリー性能

parrot-anafi-arm

本体はアームを折りたたむことができ、とてもコンパクトになります。

そのサイズは244×67×65mmで、アームを広げた時のサイズは175×240×65mmとなります。

重量は上記で述べている通り320gで、そのサイズや重量から500mlのペットボトルを1本持ち歩くような感覚で携帯することができます。

 

バッテリーは7.6V2700mAhのLipo(2セル)バッテリーで、飛行時間は約25分となっています。

充電時間は使用する充電機器によって変わります。

  • USBパワーデリバリー:約105分
  • コンセントアダプター:約150分~210分
  • PCなどのUSBポート:約270分

 

またANAFIのバッテリーはバッテリーの寿命を長持ちさせる為に、自動で放電を行う機能が搭載されています。

※バッテリーを長持ちさせるには、長時間使用しない場合は半分程度充電し保管しましょう。

 

【カメラ性能】180°回転ジンバル搭載

parrot-anafi-camera

ANAFIの一番の特徴は180°回転するジンバルと言えるでしょう。

DJIのドローンでは出来ない真上の映像を撮ることが出来ます。

ジンバルは機械式(ロール・チルト)の2軸にはなりますが、電子式ブレ補正(EIS)3軸(ロール・パン・チルト)も搭載されているので、ブレが気になるという事はないでしょう。

 

ジンバル以外のカメラの性能はもちろんの事4K動画も撮影出来、静止画は2100万画素の撮影が可能です。

センサーサイズは1/2.4に絞りはf2.4のみですが、シャッター速度は1-1/10000sにISOは100-3200と変更可能です。

またビットレートはMavic2と同じく100Mbpsあります。

 

そしてANAFIのもう一つの特徴がズーム機能です。

ズームは劣化のないロスレスズームだとFHD2.8倍、4K1.4倍までズームでき、スタンダードだと3倍までズームすることが出来ます。

ズーム機能は一般向けに販売されているドローンに搭載されている事は少なく、同じくズーム機能が搭載されているMavic2 ZOOMだと価格は約16万円程度し、ANAFIはズーム機能は少し劣りますが約9万円程度で購入することができます。

またMavic2 ZOOMと同じくドリーズームの機能も搭載されています。

 

【飛行性能】違うのは障害物検知センサー

parrot-anafi-fly

ANAFIの飛行性能はDJIのMavicシリーズと比べ1つ大きな違いがあり、それ以外はそこまで見劣りはしません。

GPSとGLONASSのデュアルGPS搭載に、機体底面にはビジョンポジショニングセンサーに超音波センサー、最大速度は55km/h(15.3m/s)に最大上昇・下降速度は4m/sと、最大飛行距離は4kmです。

DJIのドローンに慣れていると少しスピードが遅いと感じてしまうかもしれませんが、問題が生じるほどではないです。

ただ気を付けて欲しいのは障害物検知センサーが搭載されていない事です。

その為価格も抑えられているのでしょうが、ドローンの操縦経験が浅い方は周りの障害物によく注意を払って飛行させなければいけません。

 

他に特徴的なのは最大風速抵抗が50km/hもある事です。

DJIのMavic2で29~38km/hなのでかなりの風に耐えれることがわかります。

パワーはMavicに劣るのでANAFIの機体のフォルムが風に対して強いのでしょうか?

しかし風速50km/hとなると台風クラスの風ですので、危険ですので絶対に飛行させないでください。

 

その他機能

ANAFIには【CINESHOTS】という自動撮影機能が搭載されており、ボタン1つでプロのような撮影をすることができます。

  • 【360°】場所と高度を維持しゆっくりと360°回転します。これによりパノラマ撮影が可能となっています。
  • 【Reveal】カメラが地面を向いたまま真っすぐ30or60m動き、最後にジンバルが上を向いて前方の風景を撮影します。
  • 【Rise】カメラが地面を向いたまま真っすぐ30or60m上昇し、最後にカメラが水平に戻り機体が回転し周りの風景を撮影します。
  • 【Epic】被写体を中心に滑らかに後方上方に移動し30or60mの距離を維持します。

 

他にも撮影に関する機能があり、ドローンではおなじみの操縦者を自動で追尾してくれる「フォローミーモード」

被写体を自動でフレーミングしてくれる「Cameraman機能」

また「スローモーション」で撮影できる機能や早送りで撮影できる「ハイパーラプス」も搭載されています。

 

GOOD・BADポイント

GOODポイントは10万円を切る価格でズーム機能が搭載されている事でしょう。

ANAFIの特徴である180°ジンバルは面白い機能だとは思うのですが、正直使いどころが難しいと思います。

他にはDJIの同価格帯のMavic airと比べ重量が110g軽く、とてもコンパクトになるので持ち運びしやすいことや、飛行時間が25分と長いことです。

BADポイントだと思うところは障害物検知センサーが搭載されていないので、安全面で不安が残ります。

ですがその点さえ除けばかなりコスパのいいドローンですので、ズーム機能が欲しいけど高くてMavic2 ZOOMに手を出せなかった方などにおすすめだと思います。

 

まとめ・詳細スペック

DJIの陰に隠れてしまいがちなParrotのANAFIですがバリバリ現役で活躍できます。

撮影方法によっては180°ジンバルにズーム機能で、とても面白い絵が撮れるのではないかと思います。

またANAFIには様々なモデルが販売されており、産業用としても役立てることができます。

  • 【EXTENDED】予備バッテリーが2つと専用バッグが同梱されたモデル
  • 【FPV】FPVゴーグルと専用バッグが同梱されたモデル
  • 【THERMAL】予備バッテリーに専用バッグなどが同梱され赤外線カメラが搭載されたモデル
  • 【WORK】予備バッテリー×2や専用バッグや、3Dモデリング体験ができるライセンスなどが同梱されています。

 

【ParrotのトイドローンMambo】

【Parrot Mambo】パーツを付け替えて強化!200g未満のおもしろドローン
「Parrot(パロット)Mambo」はフランスのParrot社が販売しているトイドローンです。 トイドローンなので重量は200g未満、航空法適用外で人口密集地でも遊ぶことが出来ます。 販売しているタイプはFly,MISSION...

 

【詳細スペック・同梱物】

本体サイズ・重量 アーム展開時175×240×65mm、アーム収納時244×67×65mm、320g
最大飛行時間・距離 25分、4km(プロポ使用時)
最大速度 水平飛行:15.3m/s(55km/h)、垂直飛行:4m
最大風速抵抗 50km/h
衛星測位システム GPS/GLONASS
バッテリー 7.6V2700mAh、Lipo2セル
カメラ 1/2.4CMOSセンサー、絞りf2.4、シャッター速度1-1/10000s、ISO100-3200、焦点距離35mm換算:23ー69mm(画像)26-78mm(動画)、ビットレート100Mbps、動画解像度:4Kシネマ・4KUHD・FHD、静止画解像度:ワイド21MP・ナロー16MP
ジンバル 3軸ハイブリッド、機械式2軸(ロール・チルト)、電子式ブレ補正3軸(ロール・チルト・パン)、チルト可動範囲-90°~90°
同梱物 本体、送信機、バッテリー、キャリーケース、16GBマイクロSDカード、USB-A&USB-Cケーブル、予備プロペラ×8、マウントツール
Parrot ANAFI HP https://www.parrot.com/jp/doron/anafi ※詳細はHPでご確認下さい

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました