ドローン検定・DJI CAMPとは

スポンサーリンク

ドローンを飛行させるために「取得が義務付けられている資格や免許は2019年時点ではありません」、ドローンで仕事を行うため、または趣味で飛行させるにあたってもドローンの知識が必要になってきます。

スクールに通う以外独学で勉強することになりますが、ドローンで仕事をする際にしっかりと知識を有していると証明したいと思った場合、誰がその知識を証明してくれるのでしょうか。

それが【ドローン検定】【DJI CAMP】です。

ではまずドローン検定についてからご説明していきます。

 

ドローン検定とは

知識を有していると証明したい場合おすすめなのが、ドローン検定協会株式会社が提供する、ドローンに関する知識を客観的に証明できる認定試験「ドローン検定(無線航空従事者試験)」です。

民間の資格にはなりますが、ドローンの知識を証明する唯一の資格になります。

趣味で空撮を行っている方でも、自分の知識はどれ程なのかとチャレンジしてみては。

検定内容

ドローン検定の筆記試験は1~4級に分けて実施されており、それぞれの受験資格や習熟程度目安は以下のようになります。

  • 4級:受験資格なし、年6回開催、程度「無人航空機を安全に運用することに必要な知識」
  • 3級:受験資格なし、年6回開催、程度「無人航空機の機体特性や基礎技術、無線、関連法規に関する知識」
  • 2級:受験資格ドローン検定3級合格者、年6回開催、程度「無人航空機を操縦・管理することに必要な、機体特性および関連技術に関する十分な知識と気象学や関連法規及びリスク管理に関する知識」
  • 1級:受験資格ドローン検定2級合格者、年3回開催、程度「無人航空機を操縦・管理・設計することに必要な、専門的知識を十分に有する」

 

3・4級は誰でも受験できますが、2・1級は一つ下位の級を合格していないと受けれませんので、飛び級で受験することはできません。

問題はすべて4択のマークシート方式で、1問2点の50問、80点以上で合格となり、合格者には合格証(カード)が配布され、2級以上にはピンバッジが配布、1級になるとHP上で名前が載ります(任意)。

問題集は販売されていませんがドローン検定公式HPから、専用の検定対策テキストを購入することもできます。

 

検定料金(税込み)

  • 4級3,000円
  • 3級5,500円
  • 2級12,000円
  • 1級18,000円

ドローン検定を受けるメリット

ドローン検定の資格を取ることで知識の証明ができますが他にもメリットがあります。

ドローン検定が主催する「実技講習」で1~4級合格者は座学5時間・実技10時間のうち、座学4時間が免除されます。

この実技講習の修了書を持っていることで飛行申請の手続きの簡略化が可能になります。

ドローンの技能試験

知識を証明するドローン検定(筆記)以外にも操縦技術を証明する技能試験もあります。

  • ドローン操縦士試験(要筆記試験3級)
  • 空撮技能試験(要筆記試験3級)
  • FPV技能試験(要筆記試験3級)
  • 公認技能員試験(要筆記試験2級)

ドローン検定まとめ

ドローン検定ですが、意外と独学では知りえなかった事も問題で出てきます。

少しでもドローンについて勉強している方は4級合格は簡単でしょう。

3級以上に関しても、検定対策テキストをしっかりと読み込み暗記していればまず落ちることはないでしょう。

 

DJI CAMPとは

DJIはドローン最大手の会社であってCAMPとは?DJIが開催するキャンプなの??

私も初めて見たときはCAMPってなんだって思いましたが「DJI CAMP」とは、ドローン最大手のDJI社の日本法人である「DJI JAPAN」によるドローン操縦者育成プログラムです。

操縦者育成プログラムと聞くと訓練みたいなイメージですが、いわゆる操縦技術や知識を有していると証明する認定試験です。

 

DJI CAMP概要

djicamp

DJI CAMPはDJI製品に特化した「法人向け操縦者育成プログラム」で法人の方又は個人事業主の方しか受けることが出来ません。

認定資格には3つのレベルがあり一番下が「DJIスペシャリスト」次に「DJIインストラクター」そして「DJIマスター」と続きます。

 

受講資格は下記の通りになります

  • DJIスペシャリスト:企業内でパイロット、および改正航空法下で業務を行う方で、DJI製品の飛行操縦経験が10時間以上ある方
  • DJIインストラクター:ドローン事業展開を検討している企業で、DJIインストラクターとして活動をする、または活動を検討している方で、DJI製品の飛行操縦経験が50時間以上ある方
  • DJIスペシャリスト:DJI JAPANが総合的な選考により直接任命となっており、DJI製品の飛行操縦経験が100時間以上ある方

合格すると技能資格認定書が発行されます。

 

DJI CAMPのプログラム内容

ここではDJIスペシャリストの講座内容を紹介いたします。

  • 座学講習:ドローンに関する法律や電波や気象飛行についてや、DJI製品の基本的な事項を学習します。
  • 試験対策講習:最終試験に向けた基礎知識の講習やアプリの使用方法の講習を行います。
  • フライト訓練:DJI製品を飛行させて正しい操縦技術を身に付けます。
  • 筆記試験・飛行技能試験:およそ60分の試験で、筆記試験は主に選択式の問題になっていますが、レポート形式の問題が出題されるケースもあります。

 

DJI CAMPを取得するメリット

ドローン業務における信頼性の向上に加えて、飛行許可申請の際にDJIスペシャリストであると申請をすると許可申請を有利に進めることが出来る場合もあります。

またDJI JAPANが取り扱うDJI賠償責任保険が約10%割引されます。

受講費用

開催している団体によって若干の違いはありますが

受講費用:税込み60000円程度

認定書発行費用:15000円程度(合格者のみ)

また受講をする際は事前に、DJI CAMP技能認定専用のテキスト(税込み3240円)の購入が必要となります。

受講場所・日程

DJI CAMP認定資格育成プログラムは全国各地で開催されています。

場所や日程は様々で、こちらからスケジュールを確認することができます。

DJI CAMP開催カレンダー
DJI JAPAN株式会社が主催するドローン・マルチコプター操縦者向けの民間資格DJI CAMPの紹介ページです。このページでは、DJICAMPのスケジュールについてご紹介します。DJI |無人自動空撮システム(ドローン・マルチコプター)の世界シェアNO1

DJI CAMPまとめ

操縦技術と知識を有していると証明できるのはいいですが、本当に事業者向けの資格ですね。

趣味で飛ばしている方や、DJI製品以外を所持している方には無縁の資格になるのはちょっと残念です。

もしDJI CAMPの受講を希望している方がいましたら「SEKIDO」さんから申し込むのがおすすめです。

DJIの正規代理店を日本で初めてスタートさせた企業で、受講費用が割引になっている事もあります。

 

ドローンスクールは通った方がいい?
みなさん世の中にはドローンの学校「ドローンスクール」がある事はご存知ですか? ドローンの市場が拡大するにつれて、比例するかのようにドローンスクールも増えていってます。 スクールというだけあって操縦技術を学んだり、規制の事を学んだ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました