【ドローンのモニターで使用するiPhone】自分で修理できる?

スポンサーリンク

日本のスマホユーザーの半分以上はiPhoneと言われてますので、ドローンのモニターにiPhoneを使用されている方も多いのでは?

もしそのiPhoneが故障してしまった場合、修理業者に修理を頼みますか?それとも自分で修理しますか?

まずは修理業者に修理を頼む場合と、自分で修理する場合のメリット・デメリットをご説明いたします。

 

修理業者にiPhoneの修理を頼む場合のメリット・デメリット

iphone-正規店

業者に修理を頼む場合は2パターンあり、ドコモやソフトバンクなどキャリアやAppleなどの正規店に修理を頼むパターンと、非正規店に修理を頼むパターンがあります。

まずは正規店でiPhoneを修理する場合のメリット・デメリットをご説明いたします。

 

正規店で修理するメリット・デメリット

正規店でiPhoneを修理する場合の一番のメリットは正規品のパーツが使用されることです。

 

当たり前のことに感じますが、非正規店では正規品のパーツ(Appleのリンゴマークが付いているもの)は使用することができません。

いくら高品質なものを使用していると言っていても正規品には劣り、特に液晶画面だと色味に違いが表れます。

 

費用に関してですが、保険に入っているかいないかで変わってきます。

キャリアで契約する際に保険に入っているようでしたら非正規店で修理するよりかは安くつき、保険に入っていない場合はかなりの高額(非正規店の倍以上の金額)になってしまいます。

ただキャリアで保険に入っていなくても、Apple製品すべてに1年間の保険があります

もちろん新品で購入したものに限ってですが、保険がまだ適用されているかわからないようであればキャリアやAppleに問い合わせてみましょう。

 

次に修理時間ですがここは圧倒的に非正規店に劣ってしまいます。

まず正規店での修理は基本予約が必要となり、希望の日時で予約が取れない事がしばしばあります。

ただ予約さえ取れてしまえば大体の修理は1時間程度で完了し、日数が必要な修理であれば代替機を用意してくれます。

 

以上が正規店でのメリット・デメリットですが、正規店で修理される方は保険に入っている方や日時に特に縛りがない方にはおすすめです。

非正規店で修理するメリット・デメリット

iphone-非正規店

非正規店で修理する一番のメリットは修理時間が早いことです。

バッテリー交換だと15分程度、液晶画面の修理でも早ければ20~30分程度で終わります。

また正規店のようになかなか予約が取れないという事はないので、仕事の休憩中などに寄って修理に出すことも可能です。

 

ただ非正規店で修理すると正規品のパーツではなく非正規品のパーツとなります。

もちろん正常には動作しますが、液晶画面に関しては若干色味に違いが見られたり、また正規店での保険が受けれなくなります。

 

費用に関してはAppleやキャリアの保険に入っていない方ですと、非正規店で修理する方が確実に安いです。

またパーツの品質にこだわらなければ、保険が適用された金額よりも安い所もあります。

 

以上が非正規店で修理するメリット・デメリットですが、保険に入っていない方や時間に余裕がない方には非正規店での修理がおすすめです。

 

iPhoneを自分で修理するメリット・デメリット

iphone-自分で修理

iPhoneで自分で修理する一番のメリットは費用が安いことです。

とは言え最初は修理道具を揃えないといけないので意外とお金がかかります。

次に自分の好きな時間に修理ができることがメリットではありますが、メリットは以上であとはデメリットばかりです。

 

修理が初めてであれば修理方法の動画を見たりや、慣れていないのでパーツの取り外しなどで時間が掛かります。

また慣れていないので余計に故障してしまってり、最悪修復不可になってしまいます。

 

修復不可になってしまった場合、正規店では自分で分解してしまってるので保険は適用されませんし、最悪修理自体断られます。

また非正規店でもご自分で分解されているので、修理中に何かあっても保証はしませんよというスタイルです。

 

あとiPhoneもドローンと同じく電波を発しますので「電波法」が関係してきます。

基本的に電波を発するものを自分で手を加えてそのまま使用してしまうと、電波法違反になってしまいます。

ですがどこまで手を加えたらダメなのか曖昧な部分がありますので「グレーゾーン」と言えるでしょう。

非正規の修理業者も電波に関わるパーツは触れないということで、グレーゾーンの中で営業しています。

 

という風にデメリットばかりの自分で修理ですが、それでも修理してみたいという方が簡単にではありますが、修理方法をご説明いたします。

 

iPhoneを自分で修理するには?

さすがに自分で修理するには難しい故障や修理不可というものもありますので、まずは簡単な診断です。

 

  • まずすべての故障において基盤が故障して不具合を起こしている可能性があります。基盤の故障であれば修理不可で、見た目などで基盤の故障と判断することはできません。
  • 充電の減りが早い:バッテリーの交換、もしくはOSのアップグレードで直る可能性あり
  • 画面の割れや液晶に不具合:画面の交換。
  • カメラの故障:カメラの交換。
  • 充電ができない:バッテリーの交換、もしくはドックコネクタ(充電ケーブルを挿し込む所)の交換。ドックコネクタは埃などが詰まりやすいので、つまようじなどで埃を取り出すことで改善される場合あり。
  • リンゴマークから動かない・ループする:故障箇所不明。基盤が故障している可能性も高く業者に修理してもらうことをおすすめします。
  • 背面の割れ:すべてのパーツを取り外す必要がありかなり難しいので、業者に修理してもらうことをおすすめします。
  • 水没:専用の洗浄機・洗浄水が必要なのでこちらも業者に修理してもらうことをおすすめします。

 

以上が簡単な診断です。

 

iPhone修理に必要な道具

iphone-修理道具

次に修理に必要な道具を取りそろえましょう。

まずは「薄めの指サック」です。

パーツに汚れを付けない目的と通電を防ぐ目的があります。

必ずしも必要ではありませんが、余計な故障を防ぐためあった方がいいです。

 

次にどの部分を修理するにも必ず液晶画面を取り外す必要がありますので、液晶画面を取り外す工具です。

すべてのiPhoneの下部には星ネジという、星形の特殊なネジで液晶画面が取り付けられています。

 

ですのでまず1つに「星ネジ型のドライバー」が必要です。

ですが星ネジを外したところで液晶画面は底面にピッタリと張り付いています。

そのピッタリ張り付いている液晶画面を開けるのに吸盤を使用します。

iphone-吸盤

 

ですので2つ目の道具が「吸盤」です。

できれば吸盤単体ではなく、画像のようなレバー式の吸盤がいいですね。

ですが私は吸盤の使用はおすすめしません。

 

吸盤の使用だと力を入れ過ぎて液晶画面を一気に開けてしまいがちです。

液晶画面と基盤とで配線が繋がっていますので、気を付けないと液晶画面を開ける際に配線が切れてしまいます。

上記画像のiPhone5系だと配線が短いので特に注意が必要です。

とは言え初めて修理する方にとっては吸盤で開ける方法が一番簡単なので、上記の点と液晶画面に割れがある方は、割れが広がらないようにゆっくりと開けて下さい。

 

では液晶画面を開け終えたら液晶画面を支えながら、バッテリーの配線を外していきましょう。

バッテリーの配線を先に外す目的は指サックと同様通電を防ぐためです。

バッテリーの配線を外すにはプラスドライバー(精密ドライバーというとても小さなドライバー)プラ製の小さなヘラが必要です。

配線の上にはカバーがありますので、カバーを取り外すのにプラスドライバー、配線(コネクタ)を取り外すのにプラ製のヘラを使用します。

 

とりあえずここまでがすべての修理で絶対行う工程です。

あとはiPhone7以降の機種ではY字のドライバーが必要となってきます。

 

最近では修理キットというものが販売されているのですが、Y字のドライバーやレバー式の吸盤が付いていないものがほとんどです。

色々と探してみたのですが、上記で紹介しているものが全部セットになっているものは見当たりませんでした(-_-;)

 

まとめ

基本的には業者に修理を頼んだ方がいいのですが、ガジェット系の修理に興味があるかたは、最初は壊れてもいい覚悟でチャレンジしてみて下さい(;^ω^)

詳しい修理方法については他サイトを参考にして頂くか、問い合わせページからメッセージやコメント欄に修理内容を記載して頂ければお答えします。

iPhoneX以降に関しては疎い所がありますが、それ以前の機種でしたらiPhone修理でご飯を食べていたこともあったのでお任せください(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました