【HolyStoneHS110D】200g未満のドローンでGPSなし練習や初心者におすすめ

スポンサーリンク

2018年2月くらいにHoly Stoneから販売された200g未満のドローン「Holy Stone HS110D」

販売から月日は経っていますがいまだに人気のあるトイドローンです。

その理由としてはドローン初心者にはちょうどいいスペックで、中~上級者の方にもGPSなしでの飛行練習にちょうどいいからでは、と推測しています。

200g未満のドローンHolyStoneHS110D

Holy Stone HS110D

見た目はDJIのPhantomにそっくりで、対角線サイズがPhantomが約35cmにHS110Dが約32cmと、一回り小さい黒いPhantomという感じです。

ですがこんなに大きいのにPhantomは1キロを超える重量に対しHS110Dは145gとなっています。

200g未満としては大きいが飛行性能は?

飛行性能は同価格帯のTELLOと比べると劣りますが(というかTELLOが優秀過ぎるだけ)、十分安定した飛行をしてくれます。

最大飛行時間は約10分に、最大飛行距離は約100mとなっており、GPSが搭載されていないので、外での飛行は風が吹いていると不安定になるのは当たり前ですが、風が吹いている中ではTELLO(80g)と比べると重量がありますのでそこは勝っている部分でしょう。

【TELLOの詳細】

【DJI RyzeTech Tello】DJIの技術提供により200g未満で抜群の安定感
2018年に販売された「RyzeTech Tello」ですが当初DJIからトイドローンが販売されるという事で、大きな騒ぎになりましたね。 正式にはDJI製品ではなく、Ryze社がDJIとintelの技術協力により作られたものになります...

カメラの性能は?

カメラは1280×720pのHDでトイドローンとしたはいたって普通ですが、HS110Dの違う所は120度の広角レンズが搭載されていることです。

空撮では広大な景色を撮影することが多いので、広角レンズだと迫力ある映像を撮影することができます。

ここは同価格帯のTELLOに比べると大きく勝っている部分で、やはりドローンで空撮を行う場合は、迫力のある広角カメラがおすすめです。

バッテリーが大きい

機体が大きいのでバッテリーが大きくなるのも当然ですね。

スペックは3.7V1000mAhのLiPOバッテリーでカートリッジ式となっています。

充電時間は1000mAhと容量が大きいので1時間くらいはかかりそうですね。

主な機能

トイドローンでは定番のドローンが宙返りする「フリップモード」にボタン1つで離陸・着陸が出来る「ワンキー起動/着陸」

機首がどこを向いていても操縦者(プロポ)の向いているむきで操作が出来る「オリエンテーションモード」「4段階スピード調整機能」

そしてスマホをタッチして操作が出来る「スマートタッチモード」に、スマホを傾けて操作する「チルトモード」が搭載されています。

プロポの下画面は何?

holystonehs110dプロポ

プロポの下にはなにやらランプやボタンがありますが、これは機体の状態表示と各種ボタンとなっています。

左側がメーターみたいなものが「4段階あるスピード表示」で、その左側にあるボタンがスピード調整ボタンです。

右側のボタンはワンキー起動/着陸に関するボタンで、その左側にあるランプがヘッドレスモードやカメラ状態などのランプとなっています。

GOODポイント

基本的な機能は搭載されていているので、1万円程度のドローンで広角カメラでの空撮を行いたいという初心者の方にはおすすめです。

同価格帯で飛行性能を取るならTELLOですが、カメラの性能を取るならHS110Dでしょう。

またGPSが搭載されていないので、中~上級者の練習用としてもいいでしょう。

とくにMAVICユーザーの方は手動でGPSが切れないので、GPSのない練習用の機体をお探しの事でしょう。

そして地味に嬉しいカートリッジ式バッテリー。抜き差しも楽ですしコードが断線することがありませんからね。

【GPSありの200g未満のドローン】

【Holy Stone HS120D】200g未満で最強のドローン!!
トイドローンで有名な「Holy Stone(ホーリーストーン)」から2019年4月に「HS120D」が販売されました。 価格は2万円程度になりますが、今までのドローンと比べて2万円程度ではありえないほどのハイスペックになっています。 ...

BADポイント

実は広角カメラの為空撮した際にプロペラガードが映ってしまうのです。

取り外せばいいのですが、前進飛行中だと機体が前に傾きプロペラも映り込んでしまうこともあります。

まぁPhantomでも起こっていたので、こういった形のドローンの宿命ですかね・・・。

もう少しのプロペラの位置を上げてくれれば映り込むこともないのですが。

まとめ・詳細スペック

プロペラガードが映りこむことがなければ、広角カメラで空撮もできて、割と重量もあるので飛行も安定して価格も1万円弱なので、コスパもよく最高の機体になるのですが・・・惜しいですね。

ただスペックや価格を見ても初心者にはおすすめの機体となっています。

またGPSがないので中~上級者の外での練習用にも。

【詳細スペック・同梱物】

重量 145g
サイズ 32mm×32mm×9mm
バッテリー 3.7V1000mAh
飛行時間 10分
操作可能距離 100m
操作モード モード1・モード2変更可能
カメラ HD1280×720p 120度広角レンズ
機能 スマホ操作可能(スマートタッチモード・チルトモード)、フリップモード、ワンキー起動/着陸、オリエンテーションモード、4段階スピード調整
同梱物 機体×1、送信機×1、バッテリー×1、4GBマイクロSDカード×1、カードリーダー×1、USBケーブル、予備スタンド×2、予備プロペラ×4、予備プロペラガード×2、ドライバー×1、スマホホルダー×1、説明書×1

コメント

タイトルとURLをコピーしました