【Holy Stone HS120D】200g未満で最強のドローン!!

スポンサーリンク

トイドローンで有名な「Holy Stone(ホーリーストーン)」から2019年4月に「HS120D」が販売されました。

価格は2万円程度になりますが、今までのドローンと比べて2万円程度ではありえないほどのハイスペックになっています。

見た目はDJIのPhantomを一回り二回り小さくしたようサイズで、かわいいPhantomというような感じです。

200g未満のドローンHolyStoneHS120D

HolyStone(ホーリーストーン) HS120D

日に日にドローンは進化していってますが、HolyStone HS120Dは一気にスペックが上がり、200g未満のドローンで価格のことも考えると最強の機体と言えるでしょう。

その理由としては・・・

【カメラ性能】アングル変更可能にFHD

まず200g未満のドローンではカメラのアングルが変えれないものがほとんどですが、HS120Dはカメラのアングルが変更可能となっています。

しかもGFORCE SQUARED CAMみたいに手動でアングル変更ではなく、プロポにカメラアングルを上下できるスイッチが付いていて、上下75度までアングルが変更可能です。

またカメラ自体の性能は120度の広角1080pFHDとなっていて、200g未満ではHDのものが多いのでここも嬉しいポイントです。

さらに嬉しいことに撮影した写真や動画を保存するために、マイクロSD8GBが付属品として付いています

ですが当たり前と言ってしまえばそうなのですが、ジンバルは搭載されていません。

やはり200g未満のドローンでジンバルを搭載するのは難しいことなのでしょうか。

ですが価格はだいぶ上がってしまいますが、2019年10月後半くらいにジンバル付きの200g未満のドローンが「Micro Drone4.0」が販売される予定です。

詳しくはこちらの記事に掲載しています。

【Micro Dorne4.0】200g未満で最強のドローンが販売!?
情報通の方であればもう知っている事でしょう、200g未満で最強のドローンが販売されることを。 最強であるからドローン業界最大手のDJIか、トイドローンで有名なHolyStoneから販売されるのではと想像しがちですが、実はまったく違いア...

【バッテリー性能】飛行時間が長い!

HolyStoneHS120Dバッテリー

バッテリーは7.4V1200mAhの物を使用していますので飛行時間は約16分となっています。

200g未満のドローンとしては飛行時間はかなり長い方で、2つバッテリーが付いていますので合計で32分の飛行が可能です。

充電時間は約120分となりますが、バッテリーを2個同時に充電できる充電器が付いているので、2つフル充電にしようと思っても240分かかる事はありません。

また地味ではあるがうれしいポイントが、バッテリーがカートリッジ式であることです。

200g未満のドローンだとケーブルで繋ぐバッテリーが多いですが、ケーブルだとバッテリーを抜き差しする際にコードが切れそうになり、結構気を使います。

その点カートリッジ式だとコードが切れる心配がないので安心ですね。

折り畳めるプロポ(送信機)

プロポも他の200g未満のドローンと比べ違うポイントで、従来のドローンのプロポは乾電池式のものが多く、頻繁に飛行される方ですと意外と乾電池代がかかってしまいます。

ですがHS120DはUSB充電式のプロポになりますので、かなり節約ができると思います。

あとはグリップ部分とスマホ装着部分が折りたためますので、持ち運びが便利です。

HolyStoneHS120Dプロポ

【本体サイズ・重量】200g以上になるけど大丈夫?

本体サイズは270mm×270mm×120mmで、重量は機体+バッテリーで198gとなります。

こちらはカメラ取り外し時の重量で、カメラを装着すると200gを超えてしまいます。

ですがご安心ください!200gを超えても航空法適用外です!

色々なサイトで付属品を付けて200gを超えると航空法の対象となると記載されていますが、付属品で200gを超えても大丈夫と、実際に国土交通省のヘルプデスクに問い合わせて答えを頂いている方がいます。

「基本バッテリー以外の取り外し可能なものは対象にならないそうです」

とは言ってもさすがに上限はあるでしょうから、規制に当てはまるかわからない場合は国土交通省に直接聞いてみましょう。

国土交通省ヘルプデスク 03-4588-6457

【飛行性能】GPS搭載で飛行距離も長い

公式スペックには気圧センサーやジャイロセンサーは記載されていませんが、安定して自動でホバリングしますので当然のごとく搭載されているでしょう(当たり前すぎてメーカーも記載していないのでしょうか)

そしてGPSが搭載されていることにより外での飛行も安定します。

この動画を見る限りかなりパワーもあり、200g未満なのに多少の風でも安定して飛行してくれそうです。

また最大飛行距離は300mに最大高度は120mとなっています(どちらも干渉なし障害物なし)

豊富な【その他機能】

HolyStoneHS120DGPS

HS120DですがGPSが搭載されていることにより様々な機能があります。

対象物を設定し自動追尾してくれる「フォローミーモード」

アプリで空路を描きその通りに自動飛行してくれる「ウェイポイントモード」

機体の向きがわからなくなっても自分視点で操縦できる「ヘッドレスモード」

バッテリー残量が少ない時などに自動的に離陸地点に戻る「オートリターン機能」

段階的にスピード調整ができる「スピード調整機能」

ボタン一つで起動・着陸ができる「ワンキー起動/着陸」

という具合に機能も満載です。

GOODポイント

ハイスペックで価格も安い(2万円程度)ことは言うまでもないのですが、実は地味にいいところが・・・

重量が重いこと!

持ち運ぶ面から見ればデメリットですが、重量を200g未満ギリギリ(カメラを搭載すると200g以上)にすることによって風に負けない強い機体となっています。

重量も増えようがたかだか200gですし、ここは他のメーカーさんも真似してほしいところです。

BADポイント

特になし!になんですがあえて挙げるとすればプロペラが折り畳めない事です。

折り畳めないと持ち運びが意外と大変なんですよね。

あとは欲を言えば頑張ってジンバルを搭載してくれていたら、最強ではなく歴史に残る神機体となっていたでしょう。

【追記】

200g未満のドローン最強の機体で人気の為か、サードパーティ製で120D専用ケースも販売されています。

こういった形のドローンは持ち運びに困るので嬉しいですね!

hs120d収納ケース

まとめ・詳細スペック

Holy Stone HS120Dは文句のつけどころがない素晴らしい機体です。

飛行に関してはGPS搭載に、モーターはブラシレスではありませんがパワーのある、そして多少の風にも負けない重量、アングルが変えれるFHD広角カメラ。

ドローン初心者でも上級者でも満足できる機体ではないでしょうか。

しかしここまでのスペックでなんで2万円程度で販売できるのでしょうか?

【HolyStoneのその他200g未満のドローン】

【HolyStoneHS161】200g未満のドローンでFHDの撮影ができる
トイドローンでおなじみのHolyStone(ホーリーストーン)から見た目も機能も面白いドローンが販売されました。 その名も「HolyStoneHS161」 重量は200g未満で航空法も適用外で人口密集地でも許可なく飛行させること...

【詳細スペック・同梱物】

重量 機体+バッテリー198g(カメラ装着なし)
サイズ 270×270×120mm
操作距離 約300メートル(干渉なし、障害物なし)
操作高度 約120メートル(干渉なし、障害物なし)
飛行時間 16分×バッテリー2個
機体バッテリー 7.4V 1200mAh
送信機バッテリー 3.7V 300mAh
機体充電時間 約120分
送信機充電時間 約60分
操作モード モード1・モード2(デフォルトはモード2)
カメラ調整角度 -75度~0度
画素数 1920×1080p(SDカード)、1280×720p(スマートフォン)
写真・映像形式 JPEG(写真)、AVI(映像)
同梱物 本体・送信機・HDカメラ・バッテリー×2・送信機用USB充電ケーブル

予備プロペラ・予備スタンド・機体バッテリー用2in1充電器

ドライバー・マイクロSDカード8GB・日本語取り扱い説明書

コメント

タイトルとURLをコピーしました