【宮島】の観光地から離れた海岸でドローン空撮

スポンサーリンク

先日世界遺産の厳島神社のある宮島をドローンで空撮してきました。

と言っても厳島神社ではなく、観光客が訪れることのない宮島の南部の方ですが(^▽^;)

厳島神社の大鳥居は現在修理工事中でその姿を全く見ることが出来ませんし、なにより撮影の許可を取れるかわからなかったので、あえて別の場所を空撮してみることにしました。

広島県【宮島(厳島)】

宮島

宮島ですが国土地理院が定める正式名称は【厳島】で、県外の方だと意外と知らない方もいっらしゃいます。

とは言っても広島出身の方でも厳島と呼ぶ方はほとんどおらず、観光PRでも厳島ではなく宮島を使用するので、知らない人が多くても仕方ないですよね(;^ω^)

では何故【宮島】と呼ばれているのかというと、宮(神社)+島という単純な理由で、江戸時代くらいから宮島と呼ばれているそうです。

 

宮島へのアクセス方法

本島から宮島は最も狭い所で300mしか距離がありませんが、橋は架かっていませんのでフェリーに乗って宮島へ渡ります。

宮島へのフェリーは「広島港」「平和記念公園元安川桟橋」「広島マリーナホップ」などから出ていますが、一番使用されているのは宮島の目の前にある「宮島口フェリー乗り場」です。

 

一応宮島口フェリー乗り場からは自転車や車を乗せて渡る事ができますが、車はもちろん自転車でさえ使用できる機会がないくらい観光客がたくさんいます。

と言いながら私は自転車を乗せて宮島に行きましたが(;^_^A

宮島南部の海岸でドローン空撮

今回訪れた宮島南部へは公共交通機関は出ておりませんので、自転車や車で行くことになります。

徒歩では正直厳しい距離なので、私は自転車をフェリーに乗せて宮島に渡りました。

 

下記画像は宮島の地図ですが

宮島地図

荒胡子神社の周辺が観光地で、東側の海岸沿いの道を通り鷹巣浦神社というところまで行きましたが、ほとんど山道で自転車はロードバイクでないと辛いです。

車だと楽ですが、ほとんど車は通る事がないとはいえ離合が難しい所が多く、なにより鹿が道を塞いでいます(;’∀’)

まぁ近づくと逃げてくれるので大丈夫ですが、なかには観光地にいる鹿みたいに自ら近づいてくる鹿もいるかもしれませんので気を付けて運転しましょう。

 

ちなみに目的地は鷹巣浦神社という場所ですが、海岸にある神社で宮島にはこういった神社が数か所あります。

宮島鷹巣浦神社

宮島鷹巣浦神社

本当は青海苔浦神社というところまで行きたかったのですが、フェリーを降りたすぐ目の前で宮島牡蠣祭りが開催されていて、牡蠣を十分に堪能してから向かったので時間がなくなってしまいました(^▽^;)

 

それではその鷹巣浦神社周辺の海岸をドローンで空撮した写真ですが

宮島鷹巣浦神社

宮島鷹巣浦神社

宮島鷹巣浦神社

宮島鷹巣浦神社

宮島鷹巣浦神社

多少加工はしていますがとてもきれいな海岸でした(*^-^*)

今回はいませんでしたが、たまに鹿もいるらしいのでドローンのプロペラ音で驚かせてしまいそうです(;^ω^)

 

動画はこちら。

宮島の謎の白い地形

今回ドローンで空撮を行う場所を決めたのは、Googleマップを見ながらこの場所良さそうだな~って感じで決めたのですが、鷹巣浦神社の近くには白い地形がありました。

地図で見ると鷹巣浦神社が画像下側で、画像右側の鷹ノ巣浦という所の近くに真っ白な地形があります。

宮島白い地形

ここも空撮ポイントとして考えていたのですが、実際に訪れてみると・・・

宮島鷹巣浦神社

近くまで行けなかったのではっきりとはしないですが、おそらく牡蠣の貝殻の山です(@_@;)

これはこれで撮影して面白いと思うのですが、上空には大量の鳥たちが飛んでいたのでドローンを飛行させることができませんでした(;^_^A

まとめ

今回は鷹巣浦神社という場所をドローンで空撮を行いましたが、宮島にはこういった神社が島を囲うように何ヵ所もあります。(Googleマップで見つけれたのは8カ所)

Googleマップで見ると道が無いような所も多いのですが、Googleのレビューで写真をアップしている方がいるので、なんとかして行くことは出来るのでしょう。

 

それにしても野生の鹿が多いですね。

観光地を離れると人間の数より鹿の数の方が多かったです(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました