ドローンにGPSが搭載されているとどうなる?

スポンサーリンク

GPSと聞くとカーナビなどを連想し、現在いる位置がわかる機器とみなさんご存知だと思います。

ではそのGPSがドローンに搭載されるとどういった機能が備わるのでしょうか。

 

GPSとは

gps

GPSとはグローバル・ポジショニング・システム(Global Positioning System)の略称で、アメリカのペンタゴンにより運営管理されています。

またアメリカ以外にもロシアの「GLONASS」や、日本では「みちびき」というGPSがあります。

しかし世間ではGLONASSやみちびきもGPSと呼んでおりますが、GLONASSはGLONASS・みちびきはみちびきです。

本来はこういった全地球測位システムの総称を「GNSS(Global Navigation Satellite System)」と呼びます。

 

GPSは何をするもの?

カーナビなどのように「位置を特定」するものです。

位置を特定するには時間情報を提供する衛星が最低1個に、位置情報を提供する衛星が最低3個必要です。

位置情報の衛星が3個必要なのは「三角測量」で演算している為で、衛星の数が多いほど精度も上がります。

 

GPSは常に受信できるものではない

GPSは電波を利用したシステムなので、電波が届かないトンネルや地下だとGPSを受信することが出来ません。

屋内では電波を受信できたとしても、正確に位置情報を演算するのは難しいでしょう。

 

また屋外でもGPSが受信しづらくなる状況があり、それは雲が多い時や遮蔽物が多い時です。

そして水の中も電波が受信できませんので水中ドローンにはGPSが搭載されていません。

 

ドローンにGPSが搭載されるとどうなる?

最近ではトイドローンにもGPSが搭載されているモデルが多く、手軽にGPSの機能を体感することができます。

下記画像のGFORCE INGRESSもGPSが搭載されているトイドローンで、2万円程度で購入することができます。

gforce-ingress

 

ではドローンにGPSが搭載されるとどういった事ができるのでしょうか。

 

まずはカーナビと同じくドローンの位置が特定できます。

そして風などでドローンの位置がずれたら元の位置に戻す=屋外での安定した飛行が可能です。

さらに位置が特定できることによって様々な機能が使用できます。

 

ウェイポイント機能

ウェイポイント機能は地図上に指定したポイントに自動で飛行させてくれる機能です。

ドローンによっては自動飛行している最中のドローンの向きやカメラの向きも指定することが可能で、全く同じ撮影を何度もすることが可能です。

 

ただウェイポイント機能はとても便利な機能ですが、気を付けて欲しい事があります。

それはバッテリー残量や風の強さです。

まずは帰りのバッテリー残量も想定しポイントを指定しましょう。

そして風の強さも重要で、行きは10%のバッテリーで行けたとしても、帰りは風の影響により20%使用するかもしれません。

 

RHT(リターン・トゥ・ホーム)

RHTとはドローンが離陸した場所に自動で戻ってくれる機能です。

ボタン1つで戻ったり、設定によってはドローンと送信機の電波が途切れたりバッテリー残量が少なくなると自動で機能します。

ただ飛行したルートをそのまま戻ってくるのではなく、離陸ポイントまで一直線で戻ってきます。

ドローンによっては帰還する際の高度を設定出来たり、障害物検知センサーが搭載されていて障害物を避けてくれるものがありますが注意してください。

 

フォローミーモード

フォローミーモードとは送信機に搭載されたGPSを追尾する機能です。

言い換えれば送信機を持っている人を追尾する機能です。

よくこの機能を使用してバイクなどを追尾している方もいらっしゃいますが、坂道を追尾する際は注意が必要です。

それはフォローミーモード中は高度が一定に保たれるので、そのまま坂道を登って行くとどうなるかわかりますね。

 

そういった場合は似たような機能でアクティブトラックという機能があり、こちらはGPSを使用せず指定した被写体を追尾することが可能で、高低差も関係なく追尾します。

しかしカメラによって被写体を認識しているので、周囲の明るさや被写体に似たものが現れると被写体を見失う可能性があります。

 

GPSを使用する前はコンパスキャリブレーションを行おう

コンパスキャリブレーション

コンパスキャリブレーションとは、地磁気を計測しキャリブレーション(校正)することです。

毎回行う必要はありませんが、電波が強い所や初めて飛行させる場所では必須です。

 

コンパスキャリブレーションを行わないと、ドローンが現在どこにいるか正しく認識されない事があり、GPSを使用した機能が全く役に立たなくなってしまいます。

 

まとめ

いまやGPSはドローンに必須の技術です。

今後もドローンやGPSの技術が発展し、完全に自動飛行で自分が思った通りの空撮が出来る時代が来るのではないでしょうか。

そうなってしまうと空撮を行っている人の仕事がなくなってしまうので残念ではありますが(;^_^A

しかしもっと自動飛行技術が発展し、事故が起きないようになってくれるのであれば嬉しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました