【FPV コンパクトドローン R】性能はいいの?日本製の小型ドローン

スポンサーリンク

2019年11月28日に株式会社三栄という日本のメーカーから【FPV COMPACT DRONE R】(FPVコンパクトドローンR)というドローンが販売されます。

重量は200g未満のトイドローンで、大きなドローン専門サイトでこぞって取り上げられていますが性能の方はどうなのでしょうか?

こういった大きなサイトで取り上げられるものは、大抵宣伝目的のたいしたことのないドローンの事が多いので期待せずに性能を解析していきたいと思います(^▽^;)

 

※追記:コメントを頂き判明しましたが、そのまんまEACHINE E55ですね(;^_^A

よく調べたら株式会社三栄さんは本を主に販売しているメーカーで、ドローンを製造しているメーカーではないみたいですね。

失礼いたしましたm(__)m

FPV COMPACT DRONE R(FPVコンパクトドローンR)

fpv-compact-drone-r

コンパクトドローンRは定価¥8,800で、デアゴスティーニのように本で販売されるようです。

Amazonでのカテゴリは本>趣味・実用>ラジコンで大型本となっていました。

ただデアゴスティーニと違い何冊も集めるわけではなく、1冊のみで完成品が入っています。

ちなみに販売元の株式会社三栄さんですが以前にもドローンを販売しており、そのドローンをリニューアルしたのがコンパクトドローンRだそうです。

ちなみにこちらが以前のモデルです。

rc-compact-drone

 

 

2016年11月24日発売で価格は¥6,980+税

よくあるプロポに収納できる小型サイズのドローンで、30万画素ではありますがカメラも搭載されています。

ただFPV飛行は出来ず、気圧センサーは搭載されていないので自動でホバリングはしませんが、2016年発売と考えたらまぁ悪くはない機体です。

 

この事を考えるとコンパクトドローンRは平均以上のコスパなのでしょうか。

それではスペックをチェックしていきたいと思います。

【本体サイズ・重量・バッテリー性能】アーム折りたたみ式小型サイズ

fpv-compact-drone-r-arm

今回はプロポに収納できるタイプではありませんが手のひらに納まる小型サイズです。

アームは折りたたみ出来て、本体内部に収納されるので収納時にアームやプロペラを傷つけてしまう恐れがありません。

詳細な大きさは記載されていませんでしたが、アームを広げると手のひらから少しはみ出る位のサイズです。

 

重量は約47gとこれくらいのサイズのものにしては重い方でしょうか。

バッテリーは容量などは不明で、おそらく本体に内蔵式のもので約5分間の飛行ができます。

 

【飛行性能】さすがに自動でホバリングはします

さすがに以前のモデルと違い気圧センサーが搭載され自動でホバリングしてくれます。

飛行距離は約20mでオプティカルフローやGPSは搭載されていないので、¥8,000でこの飛行性能は低いと感じてしまいます。

ではカメラの性能がよいのでしょうか?

 

【カメラ性能】以前のモデルと同じ30万画素

fpv-compact-drone-r-camera

カメラの画素数は以前のモデルと同じで30万画素です。

・・・・・低い(^^;

最低でもHD、100万画素くらいは欲しいですよね。

撮影した写真や動画はスマホに保存され即SNSにアップできると、とあるサイトには記載してあったのですが、正直このレベルの画質だとあまりアップする気にはならないですよね(;^ω^)

ちなみに公式ホームページに動画があったのですが、こんな映像になります。

 

【その他機能・操作モード】一般的な機能は備わっている

その他機能はトイドローンでお馴染みの機能はだいたい搭載されています。

ドローンが宙返りする「フリップモード」

操縦者のスキルに合わせてスピードが変更出来る「スピード調整」

ドローンの機首がどこを向いても操縦者の視点で操作できる「ヘッドレスモード」

ボタン1つで離着陸できる「ワンキー離陸/着陸」

ボタン1つでドローンが操縦者のもとへ戻る「オートリターン」

 

操作モードは前モデルと変わりモード2のみとなりました。

モード1で操縦される方は少ないと思いますが、なんで無くしてしまったのでしょうかね(^^;

GOOD・BADポイント

GOODポイントは挙げるとすればアームを折りたたんだ時に、アームやプロペラを傷つけない構造になっている事です。

BADポイントは価格と性能が釣り合ってない事です。

せめて5000円くらいでないと性能の事をよく分からない方しか買わないのでは。

 

まとめ

メーカーさんには悪いですが、やはりたいしたスペックではなかったですね。

こんなに叩いたからお詫びってわけではないですが、三栄さんからはドローンではないですが面白そうなものが販売されていますのでちょっとご紹介。

 

三栄さんは【FC BOY】というファミコンのソフトがプレイできる携帯ゲーム機を販売しています。

ソフトを持っていなくても88ゲームは内蔵されているのですぐに遊ぶことが来ます。

価格は5000円程度なので、これはドローンと違いコスパは良さそうです(笑)

 

コメント

  1. マサ より:

    これは2年前以上前に発売されたEACHINE E55だと思います。

タイトルとURLをコピーしました