国土交通省へドローンの飛行申請をするには?

スポンサーリンク

ドローンは航空法の規制に当てはまる場合、国土交通省に飛行許可の申請を行わなければいけません。

(厳密に言えば平成29年4月1日より申請先は地方航空局になっていますが、管理しているのは国土交通省なので間違いではありません)

飛行申請を行わず又は申請を行っても許可が下りていない状態でドローンを飛行させてしまうと、航空法違反で「50万円以下の罰金」が科せられます。

【航空法についてはこちら】

【ドローンの規制】航空法正しく理解できている?
みなさん航空法を正しく理解できていますか? ドローンには航空法を主に様々な規制があり、そのまま外で飛ばすとほとんどの場合違反となってしまいます。 違反をしてしまうと最高50万円の罰金(2019年6月13日から飲酒操縦の場合「1年...

国土交通省へ申請方法

まず申請には2種類あり「許可申請」「承認申請」があります。

「許可申請」は飛行禁止区域を飛行させる場合の申請で、「承認申請」は指定された飛行方法によらない飛行を行う場合の申請です。

日本語の難しいところで、違いはあまり深く考えなくてもいいと思いますが、厳密に言えば2つに分かれている程度で知っていただけたらと思います。

許可・承認申請場所

空港などの周辺または地上から150m以上の高さで飛行を行う場合は「各空港事務所」

(どこの空港事務所に申請すればいいかわからない場合は国土交通省のホームページから確認することができます)

上記以外の人口密集地や指定された飛行方法以外で飛行する場合「東京航空局」「大阪航空局」

基本的に東日本「東京航空局」西日本「大阪航空局」ですが、どちらに当てはまるかわからない場合は国土交通省のホームページから確認することができます。

許可・申請方法

国土交通省へ飛行許可・申請の方法は3種類あります。

【オンライン申請】

一番手軽に行える申請方法で、無料のアカウントを作成しネット上で必要事項を記載するだけで申請が行えます。

書類をダウンロードする必要なく、航空法の事やよくある質問、ヘルプデスクなどのコンテンツが揃っていますので、初めて申請する方でも簡単に申請を行うことができます。

国土交通省オンライン申請システムDIPShttps://www.dips.mlit.go.jp/portal/

 

【DIPSでの申請方法はこちらの記事で詳しく説明しています】

DIPS(国土交通省)に登録・申請をしてみよう
200g以上のドローンを飛行させる際に必要な国土交通省への申請ですが、必要書類を郵送かオンラインでの申請がありますが、オンラインでの申請の方が手間も少なくおすすめです。 今回はそのオンラインでの申請方法をご説明致します。 ...

 

【郵送】

国土交通省のホームページから申請用紙をダウンロードし、必要事項を記載して各申請先に郵送する方法です。

申請書類は少なくとも10枚以上ありますので、慣れている方でも時間がかかると思います。

郵送方法ですが普通郵便でも構いませんが、国土交通省では簡易書留を推奨しています。

発行された許可証の返送を希望する場合は、返信用封筒も同封しておきましょう。

【持参】

郵送と同じようにホームページから書類をダウンロードして、申請先に直接持ち込みます。

受付時間は9:00~17:00で、わからない事があれば直接聞けるのが利点です。

ただ許可証は後日発行されますので、返送希望の場合は返信用封筒が必要です。

申請内容

申請には「個別申請」「包括申請」が個別申請の方が許可が下りやすいです。

【個別申請】

ドローンを飛行させる日が確定していて、飛行経路が単一の場合に行う申請です。

許可が下りやすい分、天候不良などで飛行できなかったとしても、日程の融通は利きません。

【包括申請】

悪天候で飛行できなかった時の為に予備日を設けている場合は包括申請がおすすめです。

仕事でドローンを飛行させている方はほとんど包括申請を行っていて、期間は最長1年先まで申請ができて、異なる場所の飛行の申請もできます。

(趣味で空撮を行う方はほぼ包括申請の許可が下りることはありませんので、個別申請で申請しましょう)

申請後は「3,6,9か月、および許可・承認終了の日」のそれぞれから1か月以内に報告書の提出が義務付けられています。

【代行申請】

個別申請・包括申請を行政書士にお願いし、代行で申請してもらうことも可能です。

行政書士以外の方が代行で申請を行うと違反となりますので気をつけてください。

提出期間・書類記載内容

書類提出期間は少なくとも飛行開始日の10開庁予定日前までとなっています。

審査に時間がかかる場合もありますので早めに申請しておくといいでしょう。

とくに新しいドローンが販売された直後などはかなり混みあいます。

記載内容は事細かに書くときりがないので大まかにまとめると・・・

「飛行の目的」「ドローンの機体情報・製造者・設計図など」「操縦者の情報・資格・技能証明など」「飛行マニュアル(点検・整備・操縦者の訓練・安全対策など)」

飛行マニュアルの作成は大変で、国土交通省の飛行マニュアルに従う事で省くこともできますが、飛行がかなり制限されます。

実際には国土交通省の飛行マニュアルで提出し、マニュアルを守っていない方が多いと思いますが・・・

まとめ

飛行許可・承認申請ですが文章で見ると必要事項を記載して、指定された場所に送るだけで簡単にできそうと思いますが、実は書類の数が多く最初は何を記載していいかもわかりません。

初めて記載する方は1日時間を潰す覚悟でいた方がいいかもしれません。

頑張って記載して提出しても「ここ直して下さい」とうのが当たり前で、もう飛行許可・承認申請をしたくないと思ってしまうでしょう。

ただ許可が下りたとしても航空法以外にも沢山の規制がありますので、飛行させる際は気をつけて飛行してくださいね。

【航空法以外の規制】

【ドローンの規制】航空法以外の規制も知ってる?
ドローンには航空法以外にも様々な規制があります。 その規制は200g以上・200g未満のドローンに関係なく適用されます。 すべてを完璧に理解するとなるとかなりの勉強をしないといけませんが、みなさんはどれだけ知っていますか? ...

【航空法で気をつけてほしい事】

ドローンを飛行させる際に航空法で間違えてしまいそうな事
みなさん楽しいドローライフは送れていますか? ドローンで空撮を行うには航空法の理解は必須ですが、理解しているつもりで意外と間違ていることもあります。 知らず知らずのうちに違反して捕まってしまうのは嫌ですよね? 捕まってしま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました