コスパは抜群にいいけど怪しいドローン達

スポンサーリンク

最近ネットショップでは3000円程度で空撮が出来てアームが折りたためるドローンや、1万円以下なのに4Kの映像が撮れる「コスパが抜群にいいドローン」が販売されています。

しかしそのドローン達はスペックの情報が少なく、ましてや英語を翻訳機能で日本語にしたよくわからない日本語で記載されています。

とは言えある程度のスペックは理解できるので、その情報が正しければかなりコスパのいいドローンです。

 

ですが気を付けて欲しいのが、電波が2.4Ghzのものを使用しているのかわからず、ましてや技適マークを取得しているのかわからないところです。

電波が2.4Ghzでなくとも無線の免許や系統図を入手できれば使用できなくもないですが、技適マークに関しては取得するのにかなりの費用がかかってしまいます。

ですので=購入しても飛ばせないという可能性がある怪しいドローンですが、コスパだけは抜群にいいので、今回はそのドローン達をかる~くご紹介いたします。

 

LF606

lf606-drone

Amazonでは3000円台で購入できるアームが折りたためるドローンです。

重量は記載されていませんが「110mm×110mm×35mm」というサイズから200g未満でしょう。

 

性能は自動でホバリングし飛行距離は約50~80m、飛行時間は約8分にHDの広角カメラが搭載されています。

3000円台でここまで機能があれば十分すぎるのですが、さらにバッテリーが3個同梱されています。

 

操作モードはモード2だけっぽく、機体の操作に関しては2.4Ghzの電波を使用しています。

映像伝送の電波は不明で、技適マークも取得してあるか不安なところもあります。

 

lf606-機能

機体カラーは黒・白・赤の3色で、この画像を見る限りスマホで操作やチルトモードなんかもありそうですね。

 

L800

l800-drone

Amazonで5000円台で購入できるMavicみたいな見た目のドローンです。

Mavicと同じくアームが折りたため展開サイズが「270mm×270mm×40mm」に収納サイズが「160mm×70mm×40mm」です。

重量は記載されていませんが、価格やサイズからして200g未満のドローンでしょう。

 

性能は飛行距離が約150m、飛行時間約12分、カメラは2MPと記載があるのでFHDでしょう。

あと0.3MPとも記載があるので機体底面にオプティカルフローがあり、それをカメラとしても使用できるということでしょうかね。

本当にオプティカルフローが搭載されていれば、他では安くても倍以上の価格はしそうなスペックですが、飛行や映像伝送に使用される電波は記載されてなく不明で、技適マークも取得しているかわかりません。

 

XG171

xg171-drone

Amazonで3000円台で購入できるドローンで、カメラは搭載されていませんがレゴブロックが取り付けれるみたいです。

本体サイズは150mm×152mm×95mmで重量は76gとなっています。

重量はバッテリー込みかはわかりませんが、バッテリーを搭載しても200gを超えてしまということはないでしょう。

 

性能は飛行距離約100m、飛行時間約8~10分となっています。

電波は2.4Ghzと記載されているので無線の免許は必要ありませんが、技適マークを取得しているかは不明です。

同梱物にはレゴブロックであったり、謎のクリップがついています。

xg171-drone-同梱物

 

R8

r8-drone

Amazonで6000円台で購入できる4K映像が撮れるドローンです。

アームは折りたたみ出来て展開サイズが「230mm×230mm×48mm」で収納サイズが「115mm×88mm×48mm」です。

重量は記載されていませんが価格やサイズから考慮して200g未満だと思います。

 

性能はオプティカルフローが搭載されているらしく、デュアルカメラとも記載があるので機体底面のカメラでも撮影ができるかもしれません。

また飛行距離は約120mに飛行時間は約15分と、この情報がすべて本当ならありえない位コスパのいいドローンです。

ただ操縦の電波は2.4GHzですが、映像伝送の電波や技適マークについては記載がないので日本で飛ばすのは難しいかもしれません。

 

HJ28-1

hj28-1-drone

Amazonで3000円台で購入できる、白・赤・黒の3色のカラーリングがあるアームが折りたためるドローンです。

本体サイズは展開時「280mm×280mm×60mm」に収納時「150mm×140mm×60mm」に、重量は記載されていませんがおそらく200g未満だと思います。

 

性能は飛行距離120~150m、映像伝送距離60~70m、飛行時間は約20分です。

カメラは200万画素と500万画素と記載があり、カメラは2つ搭載されている気配はないので切り替えれるということでしょうか。

 

また電波は技適マークはあるかはわかりませんが操縦は2.4Ghzで、映像伝送は距離が短いことから2.4Ghzではないでしょうか。

あと同梱物には専用のケースが付いています。

 

名称不明機

4k-drone

Amazonで5000円台で購入できる名称不明のドローンです。

もしAmazonで検索される際は「B07W9DH65G」と検索してください。

こちらは4K映像が撮れるドローンなのですが、サイズや重量が記載されておらず、カメラやバッテリーが2000mAhと大きいことから200g以上かもしれません。

 

その他性能は飛行距離約150m、飛行時間約25分で電波や技適マークについては記載がないので不明です。

 

まとめ

まだまだ怪しいドローンはありますが、沢山ありすぎて全部はチェックできず、とりあえず以上がコスパがいいと感じたドローンです。

購入して電波が2.4Ghzで技適マークがあれば超お買い得でラッキーで、もし技適マークがなかったりと日本で飛ばすのには大変なドローンであっても、ぎりぎり後悔せずに済みそうな価格ではないでしょうか。

 

もし上記のドローンを購入される際は、この記事に記載されている情報は間違っている可能性がありますので、というかメーカーの記載自体が間違っている可能性も大なので、この記事は参考程度にして頂いてご自身の判断で購入してください。

購入して情報と違うじゃないかと言われても、対応は出来ませんのでご了承くださいm(__)m

【購入はAmazonから】

 

あとネット通販などでドローンを購入する際の注意点を書いた記事もありますので、よろしければ目を通してみてください。

ドローンをネット通販で購入する際の注意点
ドローンを購入したことある方、どこでドローンを購入しましたか? 最近では家電量販店など、店舗でドローンを扱っている場所も増えつつありますが、ネット通販で購入された方が多いのではないでしょうか。 ましてやトイドローンとなるとほとん...
404 NOT FOUND | DRONE LIKE
ドローンライク「ドローンを身近に」

コメント

タイトルとURLをコピーしました