ドローンっていつからあるの?名前の由来や歴史

スポンサーリンク

ドローンは何故ドローンと呼ばれているか考えたことはありますか?

日本では首相官邸にドローンが墜落したことを機に、ドローンという言葉が世間にも知られるようになりましたが、いつからドローンという言葉が出来て使われているのでしょうか。

 

ドローンの歴史

まずはドローンの歴史ですが、1930年代から無人航空機を遠隔操作する試みが行われていて、その用途は軍事用として使われていました。

第二次世界大戦ではなんと1万機以上の「ターゲットドローン(射撃訓練用標的飛行機)」が製造されていたそうで、現在では偵察機などに用途を変えて各国で利用されているそうです。

サイファーみたいなゲームのメタルギアソリッドみたいな感じですかね。

 

有名なものでは1995年に開発された「RQ-1プレデター」というものがあり、最初にドローンを開発した人は軍事機密により非公開となっています。

プレデター

 

しかし軍事用と聞くと今ではあまり関係ないように思えますが、実は今でもかなりの数のドローンが軍事用として使用されていて、その数は全体の9割以上と言われています。

ですが最近では民生用のDJIのドローンが中東のテロに使用されるなど、昔とは違う展開になってきています。

DJIはテロ防止の為、イラク・シリアの紛争地域全域をGPSにより飛行が出来ないようにしていますが、技術や知識がある人はこの制御すら解除し飛行させてしまいそうですね。

 

民生用ドローンに関しては、フランスのParrot社が開発した「AR.Drone」が機によって広まっています。

AR.DroneはiPhoneやiPadで操作しますが、今では当たり前のようにある機能ですが、当時は革新的な機能で、ラジコン業界やガジェット業界を騒がせました。

スペックも6軸ジャイロや超音波センサーなど、現在のドローンと比較しても見劣りしません。

ちなみに日本では1970年代から産業用のドローンの実用化が進められています。

 

ドローンの名前の由来

歴史は分かったところでドローンは何でドローンって呼ぶの?

みなさんドローンが実際に近くを飛んでいる音を聞いたことはありますか?

ドローンのプロペラ音と風を切る音はミツバチの雄蜂の羽音によく似ています。

そのことからミツバチの雄蜂、英語でドローンと呼ばれるようになりました。

ドローンのプロペラ音

 

ですが諸説あり、ターゲットドローン(射撃訓練用標的飛行機)が「クイーン・ビー」(女王蜂)と呼ばれていたことが転じてドローンと呼ばれるようになったという説もあります。

 

どこまでがドローン?

ドローンの定義とは詳しく言うと航空法の規則では「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」となります。

 

難しい言葉ばかりですが簡単に言うと「空を飛べるが人が乗って操縦しない機体」「遠隔操作や自動操縦ができるもの」です。

これに当てはまるものを航空法では「ドローン(無人航空機)」と言います。

ですのでプロペラが無くても上記に当てはまれば「ドローン」と呼びます。

 

ですが最近ではこの定義に当てはまらないものでもドローンと呼んでいたりと、もう無茶苦茶です。

人が乗れるドローン(それはヘリコプターでいいのでは)や、水中を移動するドローン(無人では空は飛んでませんよ?)など・・・。

 

ドローン以外の呼び方

ドローンという呼び方以外にも「マルチコプター」という呼び方もあります。

マルチコプターとはヘリコプターの一種で、3つ以上のローターを搭載した回転翼機とことです。

マルチコプターにも種類があり、4枚プロペラのものを「クアッドコプター」、6枚プロペラのものを「ヘキサコプター」8枚プロペラのものを「オクトコプター」と呼びます。

 

最近では2つのローターで飛行するドローンも開発されていて、2つのものでもマルチコプターと呼ぶのでしょうか。

2つのローターのドローンはこちらの記事で軽く紹介しています。

珍しいドローン一覧

 

 

まとめ

これでドローンの名前の由来や歴史がわかりましたが、今やドローンは昔のものと比べ全く別物になろうとしています。

もしかすると未来の乗り物でよく想像する空飛ぶ車が、ドローンかもしれませんね。

もしそうなった場合名称はどうなるのでしょうか。

ドローン?空飛ぶ車?それとも新しい名称が出来る??

コメント

タイトルとURLをコピーしました