【DOBBY】200g未満で4Kの撮影が出来るハイスペックドローン

スポンサーリンク

一昔前の機体になりますが4Kで空撮ができるドローンがあります。

その名もセルフィ―ドローン「DOBBY」

販売された当初はかなりの話題となり、ドローン好きな人のほとんどの方が購入されたのではないでしょうか。

4k撮影が出来るため価格は高めですが、まだまだ現役で飛ばせる200g未満のドローンになります。

DOBBY

今ではあまり見ないフォルムのドローンですね。

重量は199gでぎりぎり航空法が適用されず、日本のユーザーの為に作られと言っても過言ではないです。

また今では当たり前のようにある機能ですが、アームも折りたためてMAVIC PROと同時期に販売されたので、当時どれだけ騒がれたか想像できます。

【カメラ性能】4K撮影が可能

DOBBYの一番の売りと言えるのがカメラの性能でしょう。

「静止画は4k」(4208×3120)で撮影出来て「動画はFHD」(1920×1080 30fps)で撮影ができます。

さんざん4kと言っときながら実は動画は4kじゃないじゃん。

というのは撮影自体は4kになりますが、その「4kで撮影したものに電子ブレ補正を施してFHDになる」からです。

でも静止画でも4kで撮影できることはすごい事なんですよ!

さらに4kに目が行きがちですが、レンズは75度で焦点距離が35mm換算で28mmなのでかなり広角な撮影もできて、手動ではありますが正面(0度)から真下(-90度)までカメラアングルの変更も可能です。

200g未満のドローンなので仕方ないですが、欲を言えばジンバルさえあればブレを気にせず撮影できて、4kのまま録画できる最高な機体だったのに。

【ジンバル付きのスペックが似たドローン】

【DJI SPARK】お手頃価格で本格的なドローン
「DJI SPARK」ですがホントちょうどいいスペックですよね。 何がちょうどいいかと言うと、プロ程とはいかないけど本格的な空撮をしてみたい! そんな方の為に価格とスペックを抑えて手を出しやすくなっています。 です...

【飛行性能】も凄い!!

ホバリングはDJIでいうビジョンポジショニングシステム(オプティカルフロー+超音波)みたいな機能がありますので、一定の高度までは屋内・屋外どちらでも安定した飛行をしてくれます。

ただ高度を上げすぎるとこの機能は使用できないので気をつけてください。

また屋外で飛行させることをメインで作られているのか、衛星はGPSだけでなくGLONASSも受信できるデュアルモードになっています。

しかも航空法ぎりぎりの199gという重量になっている為、200g未満のドローンではかなり風に強い方です。

その他機能

DOBBYには様々な機能があり、まず音声やジェスチャーにより離着陸が可能となっています。

他には被写体を自動で追跡して撮影してくれる「フォローミーモード」

顔を検出して自動でピントを合わせてくれる「顔認識モード」

一定の半径や高度を自動で旋回しながら撮影してくれる「ポイントオブインタレスト」

ワンタッチでFACEBOOKなどのSNSにシェアしてくれる「ワンタッチシェア」

離陸した位置に自動で戻ってくる「ゴーホームモード」

などなど、200g未満のドローンで定番のものはほぼあり、セルフィ―ドローンと呼ばれるだけあって自撮りに役立ちそうな機能が満載ですね!

操作方法

実はDOBBYには専用のプロポというものがなく、スマホにアプリをインストールしてスマホでの操作になります。

プロポのようなスティック操作(モード1・モード2変更可能)に、スマホの傾きと画面をスライドして飛ばすチルトモードに、スマホをスライドやスワイプして操作する3つの操作方法があります。

どうしてもプロポで操作したいという方は、コントローラー付きのタブレットやゲームコントローラーをBluetoothで繋いで、プロポ風に操作することもできます。

GOODポイント

200g未満のドローンでこれだけの性能があれば満足でしょう。

すべてGOODポイント!と言いたいところですが・・・

BADポイント

実は動画がFHDなところですかね。

200g未満のドローンはジンバルがないので電子ブレ補正でFHDになるのは仕方なし・・・

だがプロポがないのはBADですね。

スマホでの操作は難しいし、飛ばしていても爽快感がないですよね。

あとはハイスペックなので価格が・・・

まとめ・詳細スペック

DOBBYは一昔前のドローンとは思えないほどハイスペックですよね。

今ならもっと安く高性能な200g未満のドローンを作れるのではないでしょうか。

実は海外では4kの撮影ができる200g未満のドローンがあるのです!何故か日本には入ってきませんが・・・

ですが2019年10月にはFHDではありますが「Micro Drone 4.0」というジンバル付きの200g未満のドローンが販売されそうなのです!

クラウドファンディングで資金も集まっていて生産も開始しているそうなので、これは期待してもいいのではないでしょうか。

【詳細スペック・同梱物】

重量 199g
展開サイズ(プロペラ除く) 135mm×145mm×36.8mm
収納サイズ(プロペラ除く) 135mm×67mm×36.8mm
連続飛行時間 9分
バッテリー 7.6V 970mAh
制御距離 100m(障害物なし)
最大上昇高度 50m
カメラ 1/3.06インチCMOS、有効解像度1300万、静止画4k・動画4k(FHD)30fps、レンズ(FOV75度、28mm)
撮影モード 普通モード、連写モード、セルフタイマー
ストレージ 16GB
USBインターフェース マイクロUSBインターフェース
同梱物 本体、バッテリー、チャージングドック、充電用USBケーブル、ACアダプター、変換アダプター、取り扱い説明書

コメント

タイトルとURLをコピーしました