DJI新作ドローン!?Mavic Miniが販売される!?

スポンサーリンク

以前から少し噂されていましたがDJIの新作ドローン【Mavic Mini】が販売されそうです!

今回の情報はすでに市場に出回っている偽物ではなく本物のMavic Miniです!!

その理由としてDJIがMavic Miniという名称で技適を取得していたことと、海外でリーク情報が出まわり始めたからです。

 

おそらくMavic Miniは200g未満のドローンで、Micro Drone4.0の対抗馬として販売されるのでは?

もしそうであるとMicro Drone4.0の販売開始の10月後半と同時期位、もしくはそれより早く販売されるのではないでしょうか。

※追記:Mavic Miniの重量は350gではないかという情報が出まわっています。

本当に350gであればSPARK程度のスペックのものを何故販売するのでしょうか?

新しい機能が搭載されている?それともこのリーク情報自体が完全なガセネタ?

 

※追記2回目:重量が245gという情報もあるので、アメリカの規制「FAA」の登録規制外をターゲットにしたモデルではないのかとも言われています。

 

※追記3回目:2019年10月31日にMavic Miniが発表されましたね!

まさか日本向けに199gのモデルが出るとは思いませんでした( ゚Д゚)

Mavic Miniのスペックに関しては下記記事でご紹介しています。

【DJI Mavic Mini】200g未満で手軽に飛ばせる高性能ドローン
10月31日に【Mavic Mini】の全貌が明らかになりたましたね! 当初アメリカの規制向けに重量が249gになるというリーク情報が出まわり、もしかすると日本だけは重量を下げて販売されるのではという情報もありましたが信じられませんで...

 

DJI Mavic Mini

まず気になるMavic Miniの見た目ですが

dji-mavic-mini1

dji-mavic-mini2

Mavic Proが白くなったような見た目です。

アームやプロペラは折りたたみが出来て展開すると20cm以上ですね。

 

そして次の資料を見ると・・・

dji-mavic-mini-資料

英語はよくわからないのですがおそらく「External Dimension」のところがアームを折りたたんだサイズで「169.7mm(L)×125.1mm(W)×54.9mm(H)」となっています。

 

では次にMavic Miniの背面ですが・・・

dji-mavic-mini-背面

ビジョンポジショニングセンサーが搭載されており、カメラはカバーが付いていてわかりづらいのですが、おそらく2軸のジンバルが搭載されています。

 

そして正面ですが両側に障害物検知センサーがありそうなくぼみがあります。

dji-mavic-mini-front

モーターも見る限りブラシレスモーターを使用していますので、パワーもかなりありそうですね。

 

側面と後方ですが

dji-mavic-mini-side

dji-mavic-mini-back

障害物検知センサーらしいものは見当たらないので、センサーは前方と下方だけみたいですね。

最後に後方のカバーを開けたところです。

dji-mavic-mini-battery

バッテリーはカートリッジ式でSDカードを差し込むところやMicroB端子を差し込むところがあります。

 

まとめ

以上が現時点のMavic Miniの情報です。

勝手に200g未満のドローンと決めつけていますが、大きさとしては十分ありえますし、今さら200g以上のエントリーモデルを販売してもSPARKがありますからね。

ですのでMicro Drone4.0に対抗して200g未満のドローンであるのが妥当でしょう。

【Micro Drone4.0の詳細スペック】

【Micro Dorne4.0】200g未満で最強のドローンが販売!?
情報通の方であればもう知っている事でしょう、200g未満で最強のドローンが販売されることを。 最強であるからドローン業界最大手のDJIか、トイドローンで有名なHolyStoneから販売されるのではと想像しがちですが、実はまったく違いア...

 

DJIは8月13日に新製品を発表しますが、当初はOsmo Pocketの新作と言われていましたが、もしかすると大どんでん返しがあるかもしれませんね。

コメント

  1. マサ より:

    DJIなら2軸ジンバル搭載で200g未満の機体は十分作れると思いますが
    ただのリポバッテリーだと軽くて済みますが、インテリジェントバッテリーだと少し重くなるのでどうでしょうかね?
    SIMTOO XT175 Fairyというジンバルこそありませんが
    ブラシレスでGPSにオプティカルフロー搭載で140gしかないドローンもあります。
    しかし、あまりにも小さな機体に詰め込みすぎて放熱が追い付かず
    夏はすぐ飛ばせなくなるらしいです。
    (日本でも技適付きでAMAZONで6月頃までは売ってました)

タイトルとURLをコピーしました