【ドローンのカメラ性能】HD・4K・fpsってどういう意味?

スポンサーリンク

「HD」「4K」とドローンのカメラのスペックにはよく記載されていますね。

ドローンに限らずデジカメやテレビなどでも使用されていて、なんとなく画質がいいのだろうと想像していると思います。

ざっくり言えばそんな感じで捉えてもらって大丈夫ですが、ざっくりなままでなくしっかりと知識を付けることで、この撮影はHDがいいのか4Kがいいのかと分かるようになってきます。

HD・FHD・4Kとは

HDとは「ハイビジョン(Hi-Vision)」の正式名称である「High Definition TeleVision」を略した名称で、画面の解像度は1280×720になります。

スペック欄で表記される場合「HD」「1280×720」「720p」などと表記されます。

 

一方フルHD(フルハイビジョン)の解像度は1920×1080となりますが、通常のHDと区別するために後付けされた名称の為、1920×1080の動画をHDと言っても間違いではありません。

こちらもスペック欄で表記される場合は同じように「フルHD」「1920×1080」「1080p」と表記されます。

 

そして「4K」ですが、4KとはフルHDの4倍の3840×2160の解像度の事で、HDやフルHDと違い「3840×2160」や「2160p」と表記されることは少なく「4K」と表記されています。

4k,FHD,HD

 

ちなみに720pの「p」というのはプログレッシブという映像方式を表す記号で、HDでプログレッシブ方式の映像ですよと表しています。

他にもフレームレート(フレーム・プログレッシブ)を表す際に「p」を使用する場合があります。

その際は720/30pや1280×720/30fps(後半の30がフレームレート)などと表記されます。

(フレームレートについては後で詳しく説明します)

 

画面解像度とは

画面解像度とは、動画の縦横のピクセル数を表すものです

画面解像度が高いほどたくさんのピクセル(画素)で動画を描写するので綺麗に表示することができます。

わかりやすく例を挙げると、1280×720個の点で描かれた物に対し、1920×1080個の点で描かれた物、後者の方が滑らかで綺麗ですよね。

下にイメージ画像をあげていますが、画面解像度が高ければ高いほど滑らかになり綺麗になります。

画面解像度

 

画面解像度は高ければいいってものではない

先ほど画面の解像度は高ければ高いほど綺麗な映像になると述べましたが、残念ながら映像が出力されるもののスペックが低ければ綺麗な映像は映せません

例えばHDまでしか映すスペックがないのパソコンにフルHDのものを映しても、HDの画面解像度になってしまいます。

場合によってはフルHDからHDに解像度を落とすので、HDで撮影し映したものより映像が汚くなってしまうこともあります。

 

ドローンのカメラの最高スペックは4K

この上にさらに倍の解像度の「8K」がありますが、民生用のドローンのカメラではまだなく、一般にも8Kを表示できる媒体が普及していないので、誰でも見れる映像となると4Kになるでしょう。

しかしなんでも4Kで映せばいいという訳ではなく、4KはフルHDの4倍の解像度になりますのでデータ量もかなり大きくなります

動画サイトなどに映像をあげる際は、データ量の事も考えないと重くて見づらい映像になってしまいます。

今はスマホで動画を見るという方も多いでしょうからHDやフルHDでも十分と言えるでしょう。

フレームレートとは

ドローンのスペックを確認しているとよく「fps」という文字を見かけませんか?

fpsではなくpだけで表記されていることもありますが、よくゲームのジャンルで使用される「First Person Shooter」の一人称視点のものではなく、フレームレート(Frame per second)を表しています。

映像に関わる人であれば当たり前のように知っているfpsですが、一般の方だと詳しく知らない方もいっっらしゃいます。

私もドローンに関わるまではとりあえずfpsが高ければ動画が綺麗なんでしょって感じでした。

知ってみたらそんな簡単な事だったの!?と思いもっと早くfpsとはなんぞやと調べてみるべきでした・・・

 

そんなfpsですがとても簡単な事で「1秒間に何コマある動画か」を表しています。

fps

動画はパラパラ漫画のように静止画を組み合わせて動いているように見せています。

例えば30fpsだと1秒間に30枚の画像、60fpsだと1秒間に60枚の画像をパラパラ漫画のように表示させて動画にしています。

知ってしまえばそれだけの事!?ってなりますよね??

 

フレームレートの数値で映像はどう変わる?

簡単に想像できると思いますが、フレームレートの数値が高いとコマ数が多くなるので滑らかな映像に、逆にフレームレートが低いとカクついた映像になってしまいます。

標準的なフレームレートの数値は30fpsで、地上デジタル放送は29.97fps、映画24fpsとなります。

みなさんが見慣れている映像なので、この数値より低いと映像が少しカクついて見えたり、高いと映像が滑らかに感じることでしょう。

 

フレームレートは適切に

フレームレートは高ければ高いほど滑らかな映像になりますが、高くすることによって起こる問題があります。

それは「画質の劣化」「データ容量の増加」です。

映像自体は滑らかですが、パラパラ漫画の1枚1枚の画質は下がってしまいます。

画質自体はデータ容量の問題なので、画像1枚に対して使用する容量を大きくすれば改善できます。

 

ただ単純に画質を維持したままフレームレートを倍にしようと思うと倍のデータ容量が必要となります。

しかしデータ容量をあまり大きくしてしまうと、低スペックなPCやスマホで映像が再生できなくなってしまうの注意が必要です。

データ容量

フレームレートの上限

一般的なディスプレイやスマホは60fpsでの表示が上限となっており、それ以上おおきなフレームレートの映像は60fpsで表示されます。

120fpsまで表示できるものもありますが数は少ないので、通常の映像でフレームレートを高くして映像を作製する意味はほとんどありません。

ですがスローモーションの映像を流す場合は、120fpsやさらに上のフレームレートで撮影する場合もあります。

 

まとめ

ドローンのカメラ用語について理解できましたか?

ドローンに限らずデジカメなども一緒なので、解像度のいいカメラですよと販売していますが、使用用途によってはせっかくの性能が無駄なってしまいます。

ですがスペックについて理解がある事で、無駄にいい性能の物を購入しなくなるのでお財布に優しいし、データ容量も抑えることができます。

またDJIのドローンMAVIC2を例に出すと

  • 4K:3840×2160 「24/25/30p」fps
  • 2.7K:2688×1512 「24/25/30/48/50/60p」fps
  • FHD:1920×1080 「24/25/30/48/50/60/120p」fps

このようにフレームレートや画面解像度を選ぶことが出来るので、撮影の際は適切なものを使用するようにしましょう。

 

他の用語についてはこちらの記事でも解説しています。

【初心者向け】本格的なドローンになるほどカメラの性能を理解しよう
ドローンは本格的なものになるとカメラの性能が事細かに記載されています。 これらの性能をすべて理解することで、カメラをマニュアルで調整し、より綺麗な映像や写真を撮ることができます。 横文字や数字が多く難しそうと感じるかもしれません...

コメント

タイトルとURLをコピーしました