FISS施行に個人からドローンを購入するのは危険!?【最近のドローン事情】

スポンサーリンク

最近のドローン事情で気になった事がいくつかありますので、今回はその点をご紹介いたします。

まずは「FISS」について。

ドローンの規制にについて絶えずチェックしている方はご存知でしょうが、ドローンに関する新しい規制です。

国土交通省が以前から告知していましたが、2019年7月26日から施行されることになりました。

FISSとは

「FISS」は国土交通省が提供しているシステムの事で、ドローンの飛行申請をする際に使用する「DIPS」と同じようなものです。

これからはDIPSで飛行申請をし、そして飛行前にFISSで飛行内容を事細かに報告しないといけません。

 

これは個別で申請や包括で申請してる人すべてに当てはまり、今までは申請さえしていればすぐ飛行できましたが飛行前のFISSでの報告が義務化となりました。

ただし、FISS施行前に包括申請している方は、最長1年間は報告の義務はないそうです。

ですがいづれはFISSで報告することになりますので、登録だけでもしておきましょう。

 

私もFISSの登録だけは行い、まだ報告はした事ありませんがどのようなものかは確認しました。

国土交通省が提供しているFISSの使用方法のマニュアルは何十ページもありますが、DIPSで飛行申請するよりかは簡単そうでした。

FISS登録サイト https://www.fiss.mlit.go.jp/top

FISSの目的

ドローン事故

FISSの目的として飛行情報を共有し有人航空機と無人航空機、および無人航空機間における安全確保ために、当事者双方が飛行情報を共有できることが目的としてあります。

これにより他のドローン操縦者との鉢合わせを防いだり、150m以上上空での飛行で有人航空機との鉢合わせを防ぐことができます。

またFISSで報告する際に、目視内で飛行させますかや物件は投下しませんかなどの確認がありますので、航空法違反者を減らす目的もあるかと思います。

FISSまとめ

またドローンを飛行させることが大変になってしまいましたね。

安全の為にすばらしいシステムだとは思いますが、これからドローンを始める人が減らないといいですが・・・。

これからもこういったシステムが増えていくのでしょうか。

【最近のドローン事情】個人からのドローン購入には気を付けて!

ネット通販

私はAmazonなどのネット通販や、オークションにメルカリなどのフリマアプリでドローンをよく見ています。

新しいドローンが販売されていないかや、このドローン安いな~(買いませんけど)など、ブログを書くための情報を仕入れるために見ていますが、半分趣味でもあります(笑)

 

ネット通販に関してはメーカーが直で販売していたりや代理店などで、ちゃんと仕事として販売している方ですのでドローンの情報がしっかりと記載されていますが(なかには情報が少ない残念なところもありますが)、オークションやフリマアプリになると個人で販売されている、いわゆる副業として販売している方が多いので情報がしっかりと記載されていない事が多いです

 

情報が少ないこと自体はドローンに売れ行きに関わる事なので、その点は私がどうこう言うことではないですが、販売している人がドローンに関する知識がない点に関してはいかがと思います。

オークションやフリマアプリだと出品者や購入希望者のコメントを見ることができますが、その内容は絶対航空法に違反してたでしょと思える内容がちらほら

このことから規制の熟知は置いといて、まだまだドローンに規制があること自体、世間に広まっていないように思えます。

まぁ自分もドローンを始める前は規制の事はわかりませんでしたし、同じ状況と考えれば納得ですが、ドローン事業はどんどん拡大していってますので、もっと政府が告知してもいいとは思うのですが。

 

少し伝えたいことからそれてしまいましたが、伝えたいことは個人からドローンを購入する際は規制に注意してください。

こちらの記事でネット通販でドローンを購入する際の注意点を書いています。

ドローンをネット通販で購入する際の注意点
ドローンを購入したことある方、どこでドローンを購入しましたか? 最近では家電量販店など、店舗でドローンを扱っている場所も増えつつありますが、ネット通販で購入された方が多いのではないでしょうか。 ましてやトイドローンとなるとほとん...

 

最近は困ったことに悪徳業者?にも注意が必要です。

悪徳業者?が多い

最近はオークションやフリマアプリで個人か業者かはわかりませんが、一般の方がドローンの規制に関して疎いことにつけ込んでか、定価以上での金額や日本では飛ばせない(飛ばせるが資格が必要)ドローンが販売されています。

中には本当に規制についてわからず販売している方もいると思いますが、悪意を持って販売している方もいると思います。

 

よくあるものは、海外のドローンで電波も5Ghz帯で技適マークがないものを、200g未満のドローンで航空法の規制対象外と安心させて販売しているものです。

海外のドローンですので自分でスペックや価格も調べづらく、記載されている内容を信じるしかない状況です。

しかし大体はBanggoodという海外通販のサイトで購入できるもので、価格も通常の倍くらいに設定されていたりします。

まぁ価格については自由ですので何も言えないですが、悪意があって設定されているようでしたらイラっとしますね。

 

他には1万円程度で購入できそうなPhatomっぽいドローンをPhantomとして販売していたり、カメラが搭載されていないドローンをカメラが搭載されていると記載し販売していたりと、今のオークションやフリマアプリは荒れ放題です。

 

ですのでお節介かもしれませんが、そういうものを見つけるとコメントを残しています。

Phantomの件に関しては「それPhantomじゃないですよ」とコメントしたら返信はなくコメントだけ削除されていました。

削除されたので知っていて販売していそうですね(;^_^A

 

このように最近は悪徳?っぽい方がいらっしゃいますので、個人からドローンを購入する際は気を付けてくださいね。

規制について知りたいという方は、こちらの記事で詳しく書いていますので、ぜひ見ていってください。

【ドローンの規制】航空法正しく理解できている?
みなさん航空法を正しく理解できていますか? ドローンには航空法を主に様々な規制があり、そのまま外で飛ばすとほとんどの場合違反となってしまいます。 違反をしてしまうと最高50万円の罰金(2019年6月13日から飲酒操縦の場合「1年...
【ドローンの規制】航空法以外の規制も知ってる?
ドローンには航空法以外にも様々な規制があります。 その規制は200g以上・200g未満のドローンに関係なく適用されます。 すべてを完璧に理解するとなるとかなりの勉強をしないといけませんが、みなさんはどれだけ知っていますか? ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました