【ドローン初心者】まずは何から始めればいい?

スポンサーリンク

ドローンに興味がある!でも最初に何をすればいいの?

機体を買ってとりあえず飛行練習?書籍を買って知識を付ける?それともスクールに通うか・・・

ドローンに限らず何かを始めるときって、最初はどうしたらいいか困りますよね。

今回はそんな方の為に、ドローンを購入する目的別に何から始めればいいかご紹介いたします。

【ドローン初心者】ドローンを飛ばす目的

ドローンを飛ばす目的は様々で「ただ単純に飛ばして遊びたい」「ドローンで空撮をしたい」「ドローンを仕事にしたい」「ドローンレースに参加したい」など。

目的がはっきりとしている事で、無駄なことを行わず最短でゴールにたどり着けるでしょう。

【目的】単純に飛ばしてみたい

ドローン初心者-飛行

ただ単純に飛ばしてみたいと思った方、それは屋外での飛行ですか?それとも室内?

ほとんどの方は屋外と答えるでしょう。

屋外で飛行させる場合にはドローンについての規制を学ばなければいけません。

主に「航空法」ですが他にもさまざまな規制があります。

【規制についてはこちら】

【ドローン初心者】航空法を理解しドローンを飛ばしてみよう!
一度はドローンを飛ばしてみたい!と思っている方は沢山いるのでは。 ですが1歩踏み出せず飛ばせずにいるのは何故でしょう。 購入しようにもドローンの価格が高い事や、免許がいるのではと思っている方がほとんどでしょう。 し...
【ドローンの規制】航空法以外の規制も知ってる?
ドローンには航空法以外にも様々な規制があります。 その規制は200g以上・200g未満のドローンに関係なく適用されます。 すべてを完璧に理解するとなるとかなりの勉強をしないといけませんが、みなさんはどれだけ知っていますか? ...

 

屋外で飛行させる場合には様々な規制があり、ドローンの重量によってその規制も変わってきます。

ですが室内で飛行させる場合はこの規制には当てはまらず自由に飛行させることができます。(第三者がいない場所に限ります)

 

でもただ飛ばしたいだけなのに規制を覚えたりと面倒ですよね(;^ω^)

そんな方におすすめなのが「重量が200g未満のドローン」です。

一応上記の規制についての記事に目を通してもらいたいので簡単にしか述べませんが、200g未満のドローンになると規制が少なく覚えることも少ないです。

 

では規制について理解したら次に「ドローンの購入」です。

購入ではドローンの重量気を付けて好きなものを購入しましょう。

上記で説明した通りただ飛ばしたいだけであれば、重量は200g未満のドローンがおすすめです。

 

あと他にも気を付けて欲しい点があり、それは「電波の周波数と技適マーク」です。

だいたいのドローンには2.4GHzの電波が使用されていますが、中には5GHz帯の電波を使用していて資格が必要なものもあります。

技適マークは取得されていないと電波法違反となりますが、大手メーカーから購入すれば技適マークが取得されていないという事はほぼありえません。

【電波の周波数や技適マークについてはこちらの記事をご覧ください】

【電波法】技適マークなしは違反・5Ghz帯の電波は免許が必要!
電波法はドローンに大きく関わってくる規制です。 主に技適マークと5Ghz帯の電波が関わってきますので、こちらの2点について細かくご説明していきます。 【電波法】技適マークとは みなさん技適マークというものをご存知ですか? 技...

 

どのドローンを選んだらいいかなどは、後ほどご紹介いたします。

【目的】ドローンで空撮したい

上関ドローン空撮

ドローンで空撮をしたいという方は上記の「単純に飛ばしてみたい」の事を理解したうえで、カメラが付いているドローンを購入するだけです。

ですがカメラが付いている分、被写体にカメラを向ける操作などでただ飛ばすだけより操作が難しくなります。

いきなり空撮を行うのではなく、ある程度練習をしてから空撮を行ってください。

またブレのない綺麗な映像を撮りたいと思っている方は、200g以上のドローンがほぼ必須となりますので航空法をしっかりと理解しておきましょう。

 

必須の理由としては200g未満のドローンだと、基本的にブレを防止する装置ジンバルが搭載されていません。

現時点(2020年5月)で200g未満のドローンでジンバルが搭載されているのはDJIのMavicMiniしかありません。

その為200g以上のドローンが必須と言えるでしょう。

 

そして200g以上になると国土交通省に申請して飛行させることが多くなるでしょう。

最初に申請してからドローンを購入しようと考えている方もいるかもしれませんが、申請するにはドローンの製造番号の提出が必須となります。

国土交通省に申請するにはこちらの記事を参考にしてください。

DIPS(国土交通省)に登録・申請をしてみよう
200g以上のドローンを飛行させる際に必要な国土交通省への申請ですが、必要書類を郵送かオンラインでの申請がありますが、オンラインでの申請の方が手間も少なくおすすめです。 今回はそのオンラインでの申請方法をご説明致します。 ...

 

許可が下りたらFISSで飛行経路を登録してあとは飛行させるだけですね!

ドローン情報基盤システム【FISS】の使用方法
2019年7月26日からFISS(飛行情報共有機能)が施行されましたね。 今後DIPSでの申請に加え、飛行前にFISSで報告が義務化となりましたので、今回はその使用方法についてご説明していきます。 【FISSについてはこ...

【目的】ドローンを仕事にしたい

ドローンを仕事にしたいという方は上記の事はもちろんですが、規制についてにしっかりとした知識を有し、一定以上の操作技術がないといけません。

空撮を行うだけであれば独学で規制について学び、操作スキルのアップもできます。

ただその知識や技術を証明するものがないので営業をする際に困るかもしれません。

そういった際は、今ではその知識や技術を証明する検定がありますので、取得しておいても損はないでしょう。

【検定について】

ドローン検定・DJI CAMPとは
ドローンを飛行させるために「取得が義務付けられている資格や免許は2019年時点ではありません」が、ドローンで仕事を行うため、または趣味で飛行させるにあたってもドローンの知識が必要になってきます。 スクールに通う以外独学で勉強することに...

 

また産業用のドローンで5.7GHzの電波を使用するものは無線の免許「第三級陸上特殊無線技士」などが必要となります。

【目的】レースに参加したい

ドローンレース場

ドローンレースに参加するには、ある程度規制について知識が必要となりますが、まずはFPVのゴーグルが必須となります。

FPVゴーグルは5.8GHzの電波を使用しますので、第四級アマチュア無線技士の資格が必要となりますが、なかにはゴーグルを使用しないレースもあります。

ですがFPVゴーグルで臨場感を味わうことがレースの醍醐味と言えるので、資格は必須と言えるでしょう。

 

あとは送信機を設定する知識にドローンを改造する知識もあれば良いでしょう。

もちろん市販のドローンをそのまま飛ばすこともできますが、ドローンを改造することもレースの楽しみとも言えます。

ちなみに送信機の設定にはパソコンが必要ですので、持っていなければドローン+パソコン購入でかなりのお金がかかってしまいます。

【ドローン初心者】ドローンを飛ばす目的まとめ

ドローンで何をするにあたっても規制の知識は必須と言えるでしょう。

独学で学んでもいいし、スクールで学んでもいいですが、個人的には独学で学ぶことがおすすめです。

スクールは安くても数万円の料金がかかりますし、また2022年にはドローンが免許制になると言われているので、今スクールに通うのはもったいないと思います。

ドローンが登録制度+免許制度になる!?
今までドローンは様々な規制があれど、規制外であれば誰でも自由に飛ばせることが出来ました。 しかしこれからは、いざドローンを始めようと思ってもすんなり飛ばすことが出来なくなります。 まず1つに「ドローンの登録制度」 こちらは...

 

また今後仕事にしたいと思っている方でも、独学で勉強しながら室内で飛行できる小さいドローンを購入し、並行して勉強・スキルアップを行うことが一番だと思います。

 

【ドローン初心者】どのドローンを選べばいい?

dji-mavic-air2-tile

目的別に何をすればいいか分かったので、ドローンを購入しないといけませんね。

しかしいきなりドローンを販売しているショップやサイトに行っても、スペックやどのメーカーがいいのかチンプンカンプンですよね(;^_^A

勢いで購入してしまって思ったものと違ったとならないように、こちらも目的別でおすすめのメーカー・ドローンをご紹介していきます。

【購入】単純に飛ばしてみたい

とりあえずドローンを飛行させてみたいという方は200g未満のドローンを選ぶとよいでしょう。

カメラが付いているや付いていないは好みですが、カメラが付いているものは基本スマホが必須となりますので気をつけてください。

そして今ではほとんどなくなりましたが、あまり安価すぎる(1000~2000円程度)と自動でホバリングしてれないものもあり操縦がかなり難しくなります。まぁそれがいいという方もいるとは思いますが(;^_^A

あとは自分が好きなデザインのドローンを選べばOKです。

 

おすすめのメーカーとしては【HolyStone(ホーリーストーン)】です。

Holy Stone(ホーリーストーン)のドローン一覧
HolyStone(ホーリーストーン)のドローンの一覧です。 発売日やスペック順という訳ではなく、HolyStoneの機体の名前には番号が入っていますので、その順番で掲載しています。 ちなみに数字の前についているアルファベット記...

 

HolyStoneはトイドローン(200g未満のドローン)業界では大手で、電波の周波数や技適マークについて心配することはありません。

また何か不具合などがあった場合でも対応はしっかりとしています。

 

その中でも単純に飛ばしてみたいという理由でおすすめのドローンは

【HolyStoneHS210】

【Holy Stone HS210】練習に最適な200g未満のドローン
トイドローンでおなじみの「Holy Stone(ホーリーストーン)」 店舗での販売はなく(もしかしたらあるかもしれませんが、今まで見たことありません)ネットでの購入になりますが、Amazonでのレビューも高評価で、個人的には200g以...

【HolyStoneHS210Pro】

【HolyStoneHS210Pro】HS210がカメラを搭載してパワーアップ!
先日HolyStone(ホーリーストーン)からHS210の後継機【HolyStoneHS210Pro】が販売されました。 HS210は小型のドローンで小さなお子さんや練習用におすすめのドローンでしたが、その点を引き継ぎカメラが搭載され...

 

HS210がカメラなし、HS210Proがカメラありで、どちらの小型でプロペラガードがしっかりとしており、小さなお子さんにもおすすめのドローンです。

【購入】ドローンで空撮したい

本当にただ写真や動画が撮れるだけでいいのなら、上記でご紹介したHolyStoneHS210Proや、HolyStoneのカメラが搭載されているその他ドローンでも大丈夫です。

しかしもう少しこだわりたい方や、本格的に空撮を行いたい方だとおすすめのメーカー・ドローンがだいぶ変わってきます。

まずは本格的な空撮向けのおすすめのメーカー・ドローンをご紹介していきます。

本格的な空撮を行うのであればDJIのドローン一択

mavic2-pro-arm

【DJI】はドローン業界最大手の会社で、本格的な空撮を行うのであればこのメーカーしかありえません。

ドローンを購入しようとなるとほとんどはネット通販になりますが、DJI製品は店頭で販売していることも多く、店員に詳しい説明を聞いて購入することもでき202ます。

またサポートもしっかりとしており、万が一不具合があってもしっかりとサポートしてくれたり、修理対応や自分で修理してみたいと思った時にも替えのパーツも多く販売されています。

価格については映画の撮影で使ったりなどプロ仕様の物は100万円以上するものもありますが、5万円程度から20万円程度のものを購入すれば本格的な空撮を行えます。

 

それではDJIのドローンの中でおすすめの物をご紹介・・・・する前に、まずは簡単に本格的な空撮ドローンの性能をご紹介していきます。

DJIのドローン【カメラ性能】

mavic2 zoom-camera

空撮となれば一番のこだわるのはカメラの性能でしょう。

カメラはほぼ4kで撮影できて1000万画素を超えるものばかりです。

またドローンを飛行している際はかなり揺れますのでジンバルも重要となってきます。

ジンバルは2軸と3軸とものがありますが、もちろん3軸の方がブレを軽減出来て綺麗な映像を撮ることができます。

他にCMOSセンサーも重要で、CMOSセンサーは最大で1インチのものがあります。

あとは絞りやシャッタースピードなどの調整や、ズームが出来る機能があることが選ぶポイントとなるでしょう。

DJIのドローン【飛行性能】

飛行の安定性に関してはどの機体に関しても文句のつけようがなく、飛行速度や飛行距離はあまり気にしなくてもいいでしょう。

もう少し速度が出れば・距離を飛ばせればと思う事はそうそうないです。

気にしたいのは飛行時間やその他機能です。

飛行時間は20~30分程度で、その他機能は主に障害物を検知してくれるセンサーが搭載されているかです。

DJIのおすすめドローン

DJIのドローンはすべておすすめです。

ですが今回は3つだけピックアップして簡単にご紹介していきます。

  • Mavic2Pro/Zoom:一般向けのモデルで最上位の機体。Proはカメラ性能特化、Zoomはカメラ性能を少し落としてズーム機能が搭載されています。どちらも全方位に障害物検知センサーが搭載されているので安全に飛行させることができます。
  • MavicAir2:Mavic2より下位機体にあたるが、最新機体の為Mavic2より性能が上回っている部分がいくつもある。ただ障害物センサーは全方位にないので安全性は劣ります。
  • MavicMini:ジンバルが搭載されている唯一の200g未満のドローン。航空法の規制が緩いので手軽に空撮できる。その為初心者向けと思われるが、障害物センサーがなく安全面では一番劣っています。

本格的ではないが空撮にこだわりたい

それなりに空撮をしたい方はHolyStoneEACHINEというメーカーがおすすめです。

どちらも店頭では販売されておらず、ネットショップで購入することになります。

まずはどんなスペックのものか軽くご説明いたします。

それなり空撮ドローン【カメラ性能】

カメラは本格的なものと同じ4Kが撮れるものもありますが画素数は数十万から数百万程度。

ジンバルは搭載されておらず動画撮影はいまいち。

それなり空撮ドローン【飛行性能】

飛行時間は10~20分。飛行距離は数十メートルから数百メートル。

障害物検知センサーは搭載されておらず、飛行を安定させるセンサー(GPSやオプティカルフローなど)は搭載されていたりいなかったり。

それなり空撮おすすめドローン

【HolyStoneHS120D】

holy-stone-hs120d

少し前までは最強のトイドローン(200g未満のドローン)と呼ばれていました。

カメラはFHD対応、そして飛行を安定させるGPS機能搭載などスペックが良く、1つ欠点を挙げるとしたらアームが折りたためないの持ち運びに不便。

【Holy Stone HS120D】200g未満で最強のドローン!!
トイドローンで有名な「Holy Stone(ホーリーストーン)」から2019年4月に「HS120D」が販売されました。 価格は2万円程度になりますが、今までのドローンと比べて2万円程度ではありえないほどのハイスペックになっています。 ...

 

【EACHIN E520S】

eachine-e520s

カメラは4K対応にGPS搭載でアームが折りたためる。

HolyStoneHS120Dより価格は安いが、重量が200g以上なので飛行場所・方法によっては国土交通省に申請が必要。

【EACHINE E520&E520S】コスパがいい!?4K映像が撮れるEACHINEのドローン
今回ご紹介させて頂くのは【EACHINEのE520&E520S】の2つのドローン。 なぜまとめて2つご紹介するかというと、E520とE520Sも見た目はまったく一緒で一部機能が違うだけだからです。 一部と言っても2つの価格差は約...

【購入】ドローンを仕事にしたい

空撮を仕事にしたい方はDJIの一般向けモデルの最上位機体「Mavic2Pro/Zoom」があれば十分です。

一般向けで販売されていますが、実際にプロの方も使用されています。

 

空撮以外の点検や測量などを仕事にしようと思っている方は・・・・・色んなメーカーさんに直接話を聞いてください(;’∀’)

DJIも産業用のドローンを販売していますし、日本国内でも産業用のドローンであれば製造しているところは思った以上にありますので、自分のしようと思っている仕事内容に合ったドローンを見つけましょう。

【ドローン初心者】どのドローンを選べばいい?まとめ

メーカーでまとめると

  • 本格的な空撮「DJI」
  • それなりの空撮「HolyStone」
  • とりあえず飛ばしてみたい「HolyStone」
  • ドローンを仕事にしたい「DJI or Others」

といったところです。

もちろん上記以外にもおすすめメーカーもありますので、自分でもよさそうなドローンを探してみてください。

思った以上に沢山のドローンがあって楽しいですし、そうする事によって自然にドローンのスペックの知識がついていきます。

ですが中には無線の免許が必要なものや技適マークが取得されていない、日本で飛ばすには現実的に厳しいものも多数ありますので、購入される前は今一度スペックを確かめてから慎重に購入してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました