ドローン初心者はまず何をすればいい?

スポンサーリンク

ドローンに興味があるけどまだ触れたことがない方。

ドローンがどういった物かよくわからない方。

ドローンを始めるにはまず何から始めればいいかよくわからないですよね。

最初に機体を買うべきか、書籍などで知識を付けるかスクールに通うか・・・

そんな方の為に、今回は目的別に何から始めればいいかご紹介いたします。

ドローンを飛ばす目的

ドローンを飛ばす目的は様々で「ただ単純に飛ばして遊びたい」「ドローンで空撮をしたい」「ドローンを仕事にしたい」「レースに参加したい」など。

目的がはっきりとしている事で、無駄なことを行わず最短でゴールにたどり着けるでしょう。

単純に飛ばしてみたい

 

ただ単純に飛ばしてみたいと思った方、それは屋外での飛行ですか?それとも室内?

ほとんどの方は屋外と答えるでしょう。

屋外で飛行させる場合にはドローンについての規制を学ばなければいけません。

主に「航空法」ですが他にもさまざまな規制があります。

【規制についてはこちら】

【ドローン初心者】航空法を理解しドローンを飛ばしてみよう!
ドローンを飛ばしてみたい!と思っている方は沢山いるのでは。 ですが1歩踏み出せず飛ばせずにいるのは何故でしょう。 購入しようにもドローンの価格が高い事や、免許がいるのではと思っている方がほとんどでしょう。 しかしご...
【ドローンの規制】航空法以外の規制も知ってる?
ドローンには航空法以外にも様々な規制があります。 その規制は200g以上・200g未満のドローンに関係なく適用されます。 すべてを完璧に理解するとなるとかなりの勉強をしないといけませんが、みなさんはどれだけ知っていますか? ...

 

屋外で飛行させる場合には様々な規制があり、ドローンの重量によってその規制も変わってきます。

ですが室内で飛行させる場合はこの規制には当てはまらず自由に飛行させることができます。(室内・屋外に限らず飛行させる場合は、飛行させる場所の管理者に許可をもらってください)

 

では次にドローンの購入ですが、屋外で飛行させる方は航空法を理解し、重量に気をつけて好きなものを購入しましょう。

初心者におすすめドローン【Holy Stone HS210】練習に最適な200g未満のドローン

室内で飛行させる方(屋外も含む)はドローンの電波の周波数に気をつけて購入しましょう。

電波が2.4GHzのものであれば大丈夫ですが5GHz帯のものであれば資格が必要となり、そのまま使用してしまうと電波法違反で罰金等が発生します。

【電波法についてはこちら】

【電波法について】技適マークや5Ghz帯の電波
みなさん技適マークというものをご存知ですか? 日本の製品で電波を発するものにはすべて「技適マーク」が付いています。 身近なもので言えば携帯電話で、カバーを取った内部など必ずどこかにこういったマークが印字されています。 ...

 

日本の家電量販店などで購入したものであればまず大丈夫ですが、海外やネット通販などで購入すると5GHz帯のものが混ざっています。

ドローンをネット通販で購入する際の注意点
ドローンを購入したことある方、どこでドローンを購入しましたか? 最近では家電量販店など、店舗でドローンを扱っている場所も増えつつありますが、ネット通販で購入された方が多いのではないでしょうか。 ましてやトイドローンとなるとほとん...

 

以上を気をつけて購入出来たらあとは飛行させるだけなので、目的が叶いましたね。

ドローンで空撮したい

ドローン空撮

ドローンで空撮をしたいという方は上記の「単純に飛ばしてみたい」の事と、カメラが付いているドローンを購入するだけです。

ですがカメラが付いている分、被写体にカメラを向ける操作などでただ飛ばすだけより操作が難しくなります。

いきなり空撮を行うのではなく、ある程度練習をしてから空撮を行ってください。

【空撮にオススメな200g未満のドローン】

【Holy Stone HS120D】200g未満で最強のドローン!!
トイドローンで有名な「Holy Stone(ホーリーストーン)」から2019年4月に「HS120D」が販売されました。 価格は2万円程度になりますが、今までのドローンと比べて2万円程度ではありえないほどのハイスペックになっています。 ...

 

ただ空撮するだけでなく、ブレのない綺麗な映像を撮りたいと思っている方は200g以上のドローンが必須となります。

その違いはカメラにブレを防止するジンバルが搭載されているかいないかです。

本格的な空撮の入門機としてはMavic airがおすすめです

【DJI Mavic Air】本格的な空撮の入門機としておすすめ
これから本格的な空撮を始めようと思っている方、ドローン選びで迷っていませんか? いずれはMAVIC2やPhantom4にInspireを購入されるかと思いますが、入門機としてMavic Airはどうですか? 空撮の練習であれば2...
【DJI Mavic Air】飛行までの手順!箱を開封するところから説明します!
DJIでは7月末までサマーセールを行っていましたね! 【Mavic Air】もセールになっていたのでこの機会に購入された方も多いのでは? 今回はそんな方の為に、開封から飛行までの手順を画像を交えながらご説明していきます。 ...

 

そして200g以上になると国土交通省に申請して飛行させることが多くなるでしょう。

最初に申請してからドローンを購入しようと考えている方もいるかもしれませんが、申請するにはドローンの製造番号の提出が必須となります。

国土交通省に申請するにはこちらの記事を参考にしてください。

DIPS(国土交通省)に登録・申請をしてみよう
200g以上のドローンを飛行させる際に必要な国土交通省への申請ですが、必要書類を郵送かオンラインでの申請がありますが、オンラインでの申請の方が手間も少なくおすすめです。 今回はそのオンラインでの申請方法をご説明致します。 ...

 

申請が済んだら許可が下りるのを待ってあとは飛行させるだけですね。

ドローンを仕事にしたい

ドローンを仕事にしたいという方は上記の事はもちろんですが、規制についてにしっかりとした知識を有し、一定以上の操作技術がないといけません。

空撮を行うだけであれば独学で規制について学び、操作スキルのアップもできます。

ただその知識や技術を証明するものがないので営業をする際に困るかもしれません。

そういった際は、今ではその知識や技術を証明する検定がありますので、取得しておいても損はないでしょう。

【検定について】

ドローン検定・DJI CAMPとは
ドローンを飛行させるために「取得が義務付けられている資格や免許は2019年時点ではありません」が、ドローンで仕事を行うため、または趣味で飛行させるにあたってもドローンの知識が必要になってきます。 スクールに通う以外独学で勉強することに...

 

また産業用のドローンで5GHz帯の電波を使用するものは無線の免許「第三級陸上特殊無線技士」などが必要となります。

レースに参加したい

ドローンレース場

ドローンレースに参加するには、ある程度規制について知識が必要となりますが、まずはFPVのゴーグルが必須となります。

FPVゴーグルは5.8GHzの電波を使用しますので、第四級アマチュア無線技士の資格が必要となりますが、なかにはゴーグルを使用しないレースもあります。

ですがFPVゴーグルで臨場感を味わうことがレースの醍醐味と言えるので、資格は必須と言えるでしょう。

 

あとは送信機を設定する知識にドローンを改造する知識もあれば良いでしょう。

もちろん市販のドローンをそのまま飛ばすこともできますが、ドローンを改造することもレースの楽しみとも言えます。

ちなみに送信機の設定にはパソコンが必要ですので、持っていなければドローン+パソコン購入でかなりのお金がかかってしまいます。

まとめ

ドローンで何をするにあたっても規制の知識は必須と言えるでしょう。

独学で学んでもいいし、スクールで学んでもいいですが、個人的には独学で学ぶことがおすすめです。

スクールは安くても数万円の料金がかかりますし、もしすぐドローンに飽きてしまった場合お金が勿体ないですよね。

【ドローンスクールについて】

ドローンスクールは通った方がいい?
みなさん世の中にはドローンの学校「ドローンスクール」がある事はご存知ですか? ドローンの市場が拡大するにつれて、比例するかのようにドローンスクールも増えていってます。 スクールというだけあって操縦技術を学んだり、規制の事を学んだ...

 

また今後仕事にしたいと思っている方でも、独学で勉強しながら室内で飛行できる小さいドローンを購入し、並行して勉強・スキルアップを行うことが一番だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました