【初心者向け】ドローンの操作方法

スポンサーリンク

今回はドローンを全く触ったことがない初心者の方に向けて、ドローンの操作方法を説明いたします。

テレビゲームやラジコンのヘリコプターを飛ばしたことがある方は、最初から苦も無く操作できる方もいますが、やはり慣れるまではどこかに衝突したりなど、自分の思った通りに飛ばすことは難しいです。

しかし慣れてさえしまえば手足のように簡単に動かせますので、まずはここで操作方法を覚えて頑張って練習してみましょう。

ドローンを操作するのはプロポ(送信機)

ドローンを操作するには基本的に下記画像のような「プロポ(送信機)」を使用します。

ちなみにプロポとは「プロポーショナル・システム」の略称です。

ドローン プロポ

形は様々でゲームのコントローラーみたいな形のものや、なかには片手だけで操作できるものもあります。

プロポには専用のドローンしか動かせないものや、様々なドローンを動かせるものがありますが、基本的にはドローンを購入した時点で専用のプロポが付いていますので、別売りでどれを購入していいか迷うことはありません。

 

ただレース用のドローンに関しては、ほとんどのものにプロポが付いていなく、別売りで購入することになります。

価格は1万円程度から10万円以上ものまであります。

あとはプロポが無くてもスマホで操作するドローンや、ジェスチャーで操作するドローンもあります。

プロポでの操作方法

ドローンの操作方法には主に「モード1」「モード2」があります。

海外での主流はモード2で、日本ではモード1が主流でしたが今では海外と同じようモード2を使用している方が多いです。

ではモード1とモード2の操作方法ですがまず下記画像をご覧ください。

ドローン操作方法

 

上昇・下降

まず上昇・下降ですがモード1では右スティック、モード2では左スティックを使用します。

スティックを前に倒すと上昇、スティックを後ろに倒すと下降で、上昇・下降のことを「スロットル」と呼びます。

ですのでスロットルを上げてと言われたら上昇で、スロットルを下げてと言われたら下降です。

 

旋回

旋回はドローンの頭をヨー方向(水道の蛇口をひねる向き)に動かす操作で「ラダー」と呼びます。

モード1・モード2どちらも左スティックを使用し、スティックを右に倒すと右旋回、左に倒すと左旋回を行うことができます。

 

前進・後退

前進・後退はモード1では左スティック、モード2では右スティックを前後に倒して行います。

スティックを前に倒すと前進、後ろに倒すと後退で、前進・後退の事を「エレベーター」と呼びます。

 

右移動・左移動

モード1・モード2どちらも右スティックを使用し、スティックを左右に倒すと地面に対して水平方向に左右に移動します。

この水平方向の左右移動を「エルロン」と呼びます。

 

操作時に気をつけること

操作方法で気づいた方もいると思いますが、モード1はラジコンのヘリコプターと同じ操作になります。

ただラジコンのヘリコプターとは違い、基本的にドローンは一度上昇させると「その場に自動でホバリング」してくれます。(ラジコンのヘリはずっと上昇の操作をしていないと下降していきます)

ただドローンによっては自動でホバリングしてくれないものもありますので気を付けてください。

※レース向けのドローンはほとんど自動でホバリングしません。

 

あとは「スティックを倒し過ぎないこと」です。

ドローンのスピードは速いもので70km/h、レース用のドローンだと100km/hを超えます。

スティックを思いっきり倒すと操作しているドローンの最高速が出るのでとても危険です。

スピードを出す場合は徐々にスティックを倒すか、周りに何もない広い場所で行ってください。

 

スマホで操作

スマホでドローンを操作する場合は、スマホの画面にスティックが表示されますのでそこをタッチし操作します。

これが意外と難しく、プロポでも操作できるドローンであればプロポで操作する方がいいです。

ドローンスマホ操作

 

またスマホを傾けて操作する機能(チルトモード)が付いているものもあります。

直感的に操作が出来るので、どうしてもプロポでの操作に慣れない方にはおすすめです。

 

まとめ

以上がドローンの操作方法ですが、最初は難しく感じますが慣れてしまえばホントに簡単です。

早い人は30分程度コツをつかんでしまう程。

ただなかにはゲームの感覚で左スティックで操作する癖が抜けない方や、利き手の関係で操作が難しいと感じる方もいらっしゃいます。

そういった場合には右スティックと左スティックの操作が反転するモード3・モード4というモードもあります。

モード3がモード2の反転、モード4がモード1の反転で、採用されているドローンは少ないですが、どうしても操作に慣れないという方は試してみてはどうでしょうか。

【室内でも練習できる200g未満のドローン】

【Holy Stone HS210】練習に最適な200g未満のドローン
トイドローンでおなじみの「Holy Stone(ホーリーストーン)」 店舗での販売はなく(もしかしたらあるかもしれませんが、今まで見たことありません)ネットでの購入になりますが、Amazonでのレビューも高評価で、個人的には200g以...

コメント

タイトルとURLをコピーしました