【初心者向け】ドローンの操作方法

スポンサーリンク

今回はドローンを全く触ったことがない初心者の方に向けて、ドローンの操作方法を説明いたします。

テレビゲームやラジコンのヘリコプターを飛ばしたことがある方は、最初から苦も無く操作できる方もいますが、やはり慣れるまではどこかに衝突したりなど、自分の思った通りに飛ばすことは難しいです。

しかし慣れてさえしまえば手足のように簡単に動かせますので、まずはここで操作方法を覚えて頑張って練習してみましょう。

ドローンを操作するのはプロポ(送信機)

ドローンを操作するには基本的に下記画像のような「プロポ(送信機)」を使用します。

ちなみにプロポとは「プロポーショナル・システム」の略称です。

ドローン プロポ

形は様々でゲームのコントローラーみたいな形のものや、なかには片手だけで操作できるものもあります。

プロポには専用のドローンしか動かせないものや、様々なドローンを動かせるものがありますが、基本的にはドローンを購入した時点で専用のプロポが付いていますので、別売りでどれを購入していいか迷うことはありません。

 

ただレース用のドローンに関しては、ほとんどのものにプロポが付いていなく、別売りで購入することになります。

価格は1万円程度から10万円以上ものまであります。

あとはプロポが無くてもスマホで操作するドローンや、ジェスチャーで操作するドローンもあります。

プロポでの操作方法

ドローンの操作方法には主に「モード1」「モード2」があります。

海外での主流はモード2で、日本ではモード1が主流でしたが今では海外と同じようモード2を使用している方が多いです。

ではモード1とモード2の操作方法ですがまず下記画像をご覧ください。

ドローン操作方法

上昇・下降

まず上昇・下降ですがモード1では右スティック、モード2では左スティックを使用します。

スティックを前に倒すと上昇、スティックを後ろに倒すと下降で、上昇・下降のことを「スロットル」と呼びます。

ですのでスロットルを上げてと言われたら上昇で、スロットルを下げてと言われたら下降です。

旋回

旋回はドローンの頭をヨー方向(水道の蛇口をひねる向き)に動かす操作で「ラダー」と呼びます。

モード1・モード2どちらも左スティックを使用し、スティックを右に倒すと右旋回、左に倒すと左旋回を行うことができます。

 

前進・後退

前進・後退はモード1では左スティック、モード2では右スティックを前後に倒して行います。

スティックを前に倒すと前進、後ろに倒すと後退で、前進・後退の事を「エレベーター」と呼びます。

右移動・左移動

モード1・モード2どちらも右スティックを使用し、スティックを左右に倒すと地面に対して水平方向に左右に移動します。

この水平方向の左右移動を「エルロン」と呼びます。

操作時に気をつけること

操作方法で気づいた方もいると思いますが、モード1はラジコンのヘリコプターと同じ操作になります。

ただラジコンのヘリコプターとは違い、基本的にドローンは一度上昇させると「その場に自動でホバリング」してくれます。(ラジコンのヘリはずっと上昇の操作をしていないと下降していきます)

ただドローンによっては自動でホバリングしてくれないものもありますので気を付けてください。

※レース向けのドローンはほとんど自動でホバリングしません。

 

あとは「スティックを倒し過ぎないこと」です。

ドローンのスピードは速いもので70km/h、レース用のドローンだと100km/hを超えます。

スティックを思いっきり倒すと操作しているドローンの最高速が出るのでとても危険です。

スピードを出す場合は徐々にスティックを倒すか、周りに何もない広い場所で行ってください。

スマホで操作

スマホでドローンを操作する場合は、スマホの画面にスティックが表示されますのでそこをタッチし操作します。

これが意外と難しく、プロポでも操作できるドローンであればプロポで操作する方がいいです。

ドローンスマホ操作

 

またスマホを傾けて操作する機能(チルトモード)が付いているものもあります。

直感的に操作が出来るので、どうしてもプロポでの操作に慣れない方にはおすすめです。

ドローンの操作方法まとめ

以上がドローンの操作方法ですが、最初は難しく感じますが慣れてしまえばホントに簡単です。

早い人は30分程度コツをつかんでしまう程。

ただなかにはゲームの感覚で左スティックで操作する癖が抜けない方や、利き手の関係で操作が難しいと感じる方もいらっしゃいます。

そういった場合には右スティックと左スティックの操作が反転するモード3・モード4というモードもあります。

モード3がモード2の反転、モード4がモード1の反転で、採用されているドローンは少ないですが、どうしても操作に慣れないという方は試してみてはどうでしょうか。

【室内でも練習できるおすすめ200g未満のドローン】

【Holy Stone HS210】練習に最適な200g未満のドローン
トイドローンでおなじみの「Holy Stone(ホーリーストーン)」 店舗での販売はなく(もしかしたらあるかもしれませんが、今まで見たことありません)ネットでの購入になりますが、Amazonでのレビューも高評価で、個人的には200g以...

 

ドローンの操縦が上手い人と下手な人

ドローン飛行させている事を知人などに話すと大抵聞かれるのが「操作は難しい?」「免許が必要なの?」という言葉。

免許は必要ありませんし、規制に関しては言葉で伝えることができますが、操作に関しては返答に困ってしまいます。

難しいか難しくないかはその人次第ですから、慣れれば簡単よ~くらいの軽い感じで答えています。

ですが聞かれることが多すぎて、トイドローンを常時ではありませんが持ち歩くようになり、飛ばせそうな場所があれば実際に操作してもらってます。

それで大人から小さな子供まで沢山の人に操作してもらったのですが、最初から上手い人や全然上達しない人など様々でした。

その上手な人・苦手な人の傾向をまとめてみましたので、ドローン初心者の方は参考にしてみて下さい。

ドローン操縦が上手い大人の傾向

ドローン操縦が上手い人

操縦が上手い大人の方すべての人に言えることは「無茶な操作をしない事」です。

無茶な操作をしない事=冷静ともいえるでしょう。

とは言ってもやはり初めての操作なのでフラフラはしますが、どこかにぶつけないようにゆっくりと操作しています。

ドローンはレースをする以外安全に飛行させることが一番と言えるので理にかなっています。

 

他には「当て舵が上手い」ことです。

ドローンには車みたいにブレーキがありませんので、スピードを緩めたり止まりたい場合は進んでいる方向と逆に舵を切らないといけません。

ちなみにDJIのMavicなど本格的なドローンになると自動的に制御してくれて当て舵はいりませんが、レース向けのドローンの飛ばそうと思っている方は当て舵の練習をしておいた方がいいです。

 

他には「方向感覚がいい」事です。

こればっかりは生まれ持ったものや練習で身に付けるものですが、例えばドローンの機首がこちら側を向いていると操作も反対になってしまうので難しくなってしまいますが、方向感覚がいい人は機首がどこを向こうとも正面と同じように操作してしまいます。

ドローン操縦が苦手な大人の傾向

ドローン操縦が苦手な人

 

ドローン操縦が苦手な大人の方は上手な人とは逆で「冷静でない方が多い」です。

初めてのドローン飛行でテンションが上がるのはわかりますが、そのせいでスピードを出し過ぎたり、ぶつかりそうになり焦って操作をミスしている方がいます。

あえて難しそうなことにチャレンジして墜落という事も。

トイドローンだから大丈夫なのであって、大きなドローンですと故障してしまいますので、数十万円するドローンを飛ばしていると思えば丁寧に操作できると思います。

 

他にはモード2で操作してもらっているのですが「スティックを真っすぐに倒せず」に、上昇したつもりなのに旋回も一緒にしていることです。

旋回をするので機首の向きが変わり、操作方向がわからなくなって墜落・・・

このパターンは結構見ています。

スティックの感度はプロポによって変更できますが、基本は真っすぐ倒すように心がけましょう。

ドローン操縦が上手い子供の傾向

ドローン操縦が上手い子供

大人と同じく無茶な操作をせず「冷静」です。

子供とは思えぬくらい冷静で、だいたい何も喋らずただひたすらドローンを飛行させています。

そうするとこの子はよくゲームしてるから上手なんだよと言われるのですが、私はあまり関係はないと思います。

それを言ってしまえば大人の方でもゲームはしますし、ゲーム歴はもっと長いでしょう。

私もゲームをしていましたが最初はとても上手いと言えるものではありませんでした。

ただ慣れてしまうのはゲームをしていない子よりかは早いと思います。

ドローン操縦が苦手な子供の傾向

ドローン操縦が苦手な子供

一言でまとめるなら「ぐちゃぐちゃ」

ドローンを操縦する楽しさがすごいのでしょうね。

もう何も考えず操作をしてすぐ墜落させてしまうという子が多いと思います。

ぐちゃぐちゃなので上手く操作は出来ないのは当たり前ですので、こういった子はまず一旦落ち着かせましょう。

 

それでも上手く操縦できない子は大人の方と同じく、スティックを斜めに倒し旋回までしていたり、当て舵というものが分からず衝突している子が多い気がします。

最初は下手でもすぐ上手くなる

トイドローンなので操作してもらっている時間は長くて10分程度ですが、その10分で上手くなる人もいます。

またバッテリーに余裕があるときは30分程度操作してもらっていますが、30分あるとほとんどの方が慣れて衝突したりすることはなくなります。

要は練習で私が「慣れれば簡単よ~」という理由です。

得意・不得意がありますから練習時間は変わってきますが、ドローン操縦が難しいと感じる方はひたすら飛行させてみたください。

飛行練習用におすすめのドローン

holy-stone-hs210

【ドローンの操作方法まとめ】でも記載していますが、私がいつも初心者の方に操作してもらっているのはHolyStoneのHS210というドローンで、あえてカメラの付いていないドローンを選んでいます。

 

それはいきなりFPV飛行は難度が高すぎてドローンに苦手意識を持ってほしくないからです。

本当は飛行が安定しているTelloを持ち歩いていればいいのですが大きさ的に・・・(;^_^A

 

ただHS210をしっかりと操作ができれば、どんなドローンでさえ簡単に操作はできると思います。

それくらい練習機としては最適です!バッテリーも3個付いていますし!!

トイドローンでも規制はある

これからドローンを飛ばしてみようと思っている方、ドローンには規制があり、HS210のようなおもちゃみたいなドローンでも規制があります。

主なもので航空法があり、ドローンの重量が200g以上か未満かで規制が変わってきます。

【詳しくはこちらをご覧ください】

【ドローン初心者】航空法を理解しドローンを飛ばしてみよう!
ドローンを飛ばしてみたい!と思っている方は沢山いるのでは。 ですが1歩踏み出せず飛ばせずにいるのは何故でしょう。 購入しようにもドローンの価格が高い事や、免許がいるのではと思っている方がほとんどでしょう。 しかしご...

 

他にも規制はありますが、室内で飛ばす分には規制の対象となりませんのでご安心ください。

というよりHS210であれば軽すぎて風に飛ばされるので外では飛ばせません。

ドローンの操縦が上手い人と下手な人まとめ

結論。

ドローン操縦は最初は難しいです。ですがすぐに慣れてしまいます。

ですが何度練習しても慣れないという方もいると思います。

 

そんな方の為に・・・

最初は皆さん小さなドローンを飛ばすので難しいと感じてしまいますが、本格的なドローンになるほど飛行を安定させる為の機能や、障害物にぶつからないようにする機能が搭載されて操作が簡単になります。

本当は小さなドローンで練習を積んでからの方がいいのですが、あえて大きなドローンを飛ばしてみるというのどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました