ドローンを飛行させる際に航空法で間違えてしまいそうな事

スポンサーリンク

みなさん楽しいドローライフは送れていますか?

ドローンで空撮を行うには航空法の理解は必須ですが、理解しているつもりで意外と間違ていることもあります。

知らず知らずのうちに違反して捕まってしまうのは嫌ですよね?

捕まってしまうと、ドローンだけで生活している人にとっては信用がた落ちで、もうドローンで仕事どころではありません。

今回はそんな航空法で間違えてしまいがちなことを挙げてみたいと思います。

【まだ航空法自体知らないよという方はこちら】

【ドローン初心者】航空法を理解しドローンを飛ばしてみよう!
ドローンを飛ばしてみたい!と思っている方は沢山いるのでは。 ですが1歩踏み出せず飛ばせずにいるのは何故でしょう。 購入しようにもドローンの価格が高い事や、免許がいるのではと思っている方がほとんどでしょう。 しかしご...

 

国土交通省から飛行の許可が下りても場所の許可ではない

航空法の規制に当てはまる場合、国土交通省に申請を出してドローンを飛行させますが、許可が下りてもそれは飛行の内容(目視外や人口密集地での飛行など)の許可であり、飛行させる場所の許可ではありません。

 

秋吉台

例えばカルスト台地で有名な秋吉台で雄大な景色を撮影したいと思ったとき、国土交通省の許可があるといって勝手に飛行させてしまったらアウトです。

飛行させる場合には秋吉台の管理者(土地の管理者)に許可をもらわないと、管理者に訴えられてしまう可能性があります。

誰だって自分の庭で勝手にドローンを飛ばされていたらと怒りますよね?

 

またこういった文化財ですと「文化財保護法」に違反する可能性もありますので、ドローンを飛行させる前には必ず土地の管理者から許可をもらいましょう。

 

私有地で飛行させるのも違反かも

ドローンの操縦練習をする際に、田んぼや畑などの広い私有地で飛行させる方もいらっしゃると思いますが、これも航空法に違反してしまう可能性があります。

 

田んぼ

例え私有地であっても航空法は適用され、もちろんその場所が「人口密集地」に指定されていたら飛行はNGです。

 

次に「人や物件から30m以上の距離を取る」という事もあてはまるので、飛行させる場所の30m以内に他者の物や人がいればNGで、夜間飛行や目視外の飛行などもアウトです。

また私有地の上空300mまでは所有権がありますが、150m以上上空に飛ばしてしまうと航空法に違反してしまいます。

ですのでドローンで住宅街の空撮を行う場合など、上空300m以上を飛行しないと1件1件許可を取らないといけません。

実際そこまでされてる方はいないでしょうが、「私の土地でドローンを飛ばしましたよね?」といつ訴えられてもおかしくはありません。

 

これも目視外?

ドローンを遠くに飛ばすと小さくなり目視で確認できなくなりますので「目視外の飛行となります」

目視の範囲であっても建物の裏などに入ると見えなくなるので「目視外の飛行となります」

では「ドローンは目の前1mのところを飛行していますが、壁があり目視することができません」

目視外飛行

目の前を飛行しているから大丈夫と思いそうですがこれも目視外の飛行となります。

 

たとえ目の前にドローンがいると分かっていても、目視で確認できない状況は目視外となります。

あとは双眼鏡などでの確認や補助者による監視も目視に含まれません。

さすがにメガネやコンタクトレンズはOKですのでご安心ください。

 

重量200g未満の定義

 

dji-tello

ドローンは200g以上が無人航空機、200g未満は模型航空機となり、この1gの差で規制がかなり変わってきますよね。

では200g未満の定義ですがみなさんご存知の通り「本体+バッテリー」の重量が200g未満という認識だと思います。

 

もちろんこれで合っていますが厳密に言うと「無人航空機本体の重量及びバッテリーの重量の合計をさしており、バッテリー以外の取り外し可能な付属品の重量は含まないものとする」

ですのでプロペラガードなどを付けると200gを超えてしまうものでも、200g未満の模型航空機という扱いになります。

ですので199gのカメラが付いていないドローンに、100gのカメラを取り付けても200g未満という扱いになります。

 

この辺は規制の曖昧な部分ですがさすがに上限はあるでしょうし、付属品を付け過ぎて重くなってしまったら飛行自体出来なくなってしまいます。

ドローンに物を積むときは過重なペイロード・重心の移動に注意
ドローンで宅配など産業用に物を積載させることを目的としたドローンはありますが、一般的な空撮用のドローンも含め物を積載する際は注意が必要です。 ドローンを飛行させる際は機体のペイロード以上の積載物を搭載しないことと、ペイロード以下でも重...

 

まとめ

以上が航空法について間違えてしまいそうな事でしたがどうでしたか?

200g未満の厳密な定義については意外と知らない方もいらっしゃいます。

まぁこちらに関しては重量は「本体+バッテリー」と知っていれば、航空法に違反することはないので安心ですね。

 

航空法は難しいですが、わからないことがあれば管轄の国土交通省に電話をすれば、すぐに答えてくれるので安心です。

国土交通省無人航空機ヘルプデスク:TEL 0570-783-072

私自身も何回かヘルプデスクに電話してお世話になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました