【AVIALOGIC Q7】小さな子供におすすめ!カラフルに光るトイドローン

スポンサーリンク

今回ご紹介するトイドローンは【AVIALOGIC Q7】という、あまり名前を聞かないメーカーのトイドローンです。

AVIALOGICのトイドローンは以前このサイトでも一度紹介しており、発売当初は地味にコスパがいいトイドローンでした。

【AVIALOGIC H12(Q8)】ガンダム好きや初心者におすすめの200g未満のドローン
今回ご紹介させて頂くの「AVIALOGIC」というマイナーなメーカーの「H12(Q8)」という200g未満のドローン(トイドローン)です。 初心者におすすめは置いといて、何故ガンダム好きにおすすめなのかというと・・・ ...

 

今回ご紹介するAVIALOGIC Q7はとにかく見た目が子供受けしそうで、なにより本体全面がガードで覆われているので安全で小さなの子供におすすめのトイドローンです。

AVIALOGIC Q7

avialogic-q7

Amazonでの販売価格は2020年8月時点で3600円(現時点ではAmazonでしか販売されていません)

フォルムは以前ご紹介したQ8にとても似ています。

ですがQ8では1色にしか光らなかった周りのガード兼LEDライトが、Q7ではカラフルに光るようになっています。

またQ8では無かった上部のプロペラガードが付属し安全性が増しています。

【AVIALOGIC Q7】本体サイズ・重量・バッテリー性能

avialogic-q7-バッテリー

本体サイズは13×13×4.5㎝で、よくある送信機がなく手をかざして動かすUFO型のトイドローンと同じくらいのサイズです。

重量は34gにバッテリーは3.7V350mAhのカートリッジ式LiPoバッテリーを使用しているので、バッテリーを抜き差しする際にコードが断線する恐れがないので安心です。

またバッテリー1つあたりの飛行時間は7分に充電時間は約50分で、バッテリーは3個付属されているので合計21分もの飛行が可能です。

【AVIALOGIC Q7】カメラ性能

残念ながらカメラは搭載されていません。

3600円という価格でカメラが搭載されていれば、ありえない位コスパのいいトイドローンになるので仕方ありません(;^ω^)

とは言いつつも以前この価格でカメラ付きのトイドローンが販売されていました。

【Tech rc TR006W】というトイドローンですが現在は販売されていないようで、【DEERC D20】というトイドローンががカメラ付きで4400円(2020年8月時点)。

この辺りが最安値になるのではないのでしょうか。

【DEERC D20】カメラ搭載にアーム折りたたみ式で5000円以下のトイドローン!
DEERCより新しいトイドローンが販売されました。 その名は【DEERC D20】 DEERCはHolyStoneのドローンを販売していたり、逆にHolyStoneがDEERCのドローンを紹介する事があり、何らかの繋がりがあるの...

【AVIALOGIC Q7】飛行性能

飛行性能はこの価格ですので自動でホバリングしてくれる以外、GPSやオプティカルフローなどの飛行を安定させる機能は搭載されていません。

ですが安定させる機能がないとは言え、最近のトイドローンはジャイロセンサー(6軸)だけで安定性はとてもよく、万が一どこかにぶつけてしまっても頑丈なガードが付いているのでそうそう本体が壊れることはないでしょう。

【AVIALOGIC Q7】その他機能・操作モード

avialogic-q7-その他機能

その他機能はまずドローンが宙返りする「3Dフリップ」

カラフルなドローンなので3Dフリップは楽しそうですね。

またカラフルな事を活かしてその場でドローンが回転する「自動回転機能」というのもあります。

他にはボタン1つで離着陸できる「ワンキー離陸/着陸」

操縦者のスキルに合わせてスピードが調整できる「3段階スピード調整」

あと「緊急停止」という機能がありますが、その場に緊急着陸するのか、完全にプロペラを停止させていわゆる墜落という形になるのかは不明です。

 

また記載がないので、ドローンの機首がどこを向いて操縦者の視点で操作できる「ヘッドレスモード」が搭載されていないかもしれません。

前後が分かり難い機体なのでヘッドレスモードは搭載されていて欲しいところです。

 

操作モードに関しては記載がなく不明ですが、最近のトイドローンを見る限りモード2限定かモード1・モード2と自由に変更出来ると思います。

【AVIALOGIC Q7】まとめ

AVIALOGIC Q7は小さなお子さんが喜びそうなトイドローンで、また安全性も高く小さなお子さんにおすすめのトイドローンです。

カメラは搭載されていませんが、カメラが搭載されているとモニター代わりにスマホが必要となるので、逆にカメラが搭載されていない方が嬉しい方もいらっしゃると思います。

またAVIALOGICというあまり聞かないメーカーですが、飛行には2.4Ghzの電波を使用し技適マークも取得してあるのでご安心ください(技適番号201-180905)

 

 

【詳細スペック・同梱物】

本体サイズ・重量13×13×4.5㎝・34g
バッテリー3.7V350mAhカートリッジ式、充電時間約50分
カメラ性能カメラ非搭載
飛行時間・距離約7分・50~70m
その他機能3Dフリップ、自動回転機能、ワンキー離陸/着陸、3段階スピード調整、緊急停止
操作モード不明(おそらくモード2かモード1・モード2自由に変更可能)
同梱物本体、送信機、バッテリー×3、USBケーブル×2、予備プロペラ×4、プロペラ交換ツール、ドライバー、説明書

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました