【AEE SPARROW 360】大幅値下げでコスパ最強のドローンに

スポンサーリンク

【AEE SPARROW 360】は200g以上のドローンで定価は3万円台となるのですが、現在(2019年)では価格が下がり安いネットサイトでは1万円弱で購入できることから、かなりコスパのいい機体となっています。

AEE SPARROW 360

aee-sparrow-360

AEE SPARROW 360は中国のドローンメーカー「AEE」という会社で製造されているドローンで、2017年発売と古いモデルですが価格が安くなったことからコスパのいいドローンに生まれ変わっています。

2017年当時はソフトバンクでも予約が出来て売り出す気満々だったのですが、残念ながらあまり売れなかったのでしょうね・・・。

そのおかげ・・・と言ったら悪いですが今では安く買えるので消費者としてはありがたいです。

安全性が高いその機能

見た目は全面ゲージで囲われていて見た瞬間に安全性が高いことはわかります。

しかもこのゲージの素材はカーボンファイバーフレームを使用しているので、軽くてさらに強度がある素材となっています。

またゲージに加えてサイドの4面に障害物自動回避センサーを搭載し、さらに安全性を高めています。

aee-sparrow-360

意外と大きい本体サイズ

本体サイズは約220mm(W)×30mm(D)×220mm(H)で、手のひらより大きなサイズとなっています。

その為重量はバッテリー込みで約270gとなります。

もう少しサイズを小さくして200g未満にしてもらえれば日本で流行りそうだったのですが、障害物自動回避センサーやその他機能のせいで難しかったのでしょうか。

GPSは搭載されていないが飛行性能は良い

最大飛行時間約8~10分に制御距離は30mとちょっと物足りないですが、安定性はGPSが搭載されていないにも関わらずかなり良いです。

海外の方が飛行動画を上げているので確認してもらえればと思います。

 

飛行が安定する理由としてDJIのTelloと同じように、底面にオプティカルフローセンサーが搭載されているからです。

これにより高度10mくらいまでは安定した飛行を行うことができます。

ですが地表の状態や周りの明るさによってセンサーが反応する距離が変わってきますので気を付けて下さい。

安全性だけでなくカメラの性能もよい

カメラの基本性能は「写真解像度1200万」「ビデオ解像度FHD1080p60fps」「電子式手振れ補正」「広角120度」と価格が1万円弱とは思えないほどのハイスペックです。(まぁ元は3万円台のドローンですからね)

さらに上記に加えて手動ではありますがカメラアングルが変更できるようになっております。

1万円弱の機体にはなかなか搭載されていない機能で、真下までアングルが行くのでドローン特有の俯瞰の映像が撮ることができます。

aee-sparrow-360c-camera

また機能のしてはパノラマ機能で360度の撮影が可能で、他には簡易的なものではありますがフラッシュライト機能が搭載されていますので、少しぐらいであれば暗い所でも撮影が可能です。

撮影した映像は本体に差し込むMicroSDカードに保存されるようになっています。

バッテリーは容量はいまいちだけど

バッテリーはLiPo7.4V1200mAhのものを使用し、本体の重量からすればやや物足りないです。

ですが充電時間は約30分と早く、またバッテリーは2個同梱されていますので、そこまで充電がなくて困るという事はないでしょう。

充電方法は同梱物にチャージングドックというものがあるのでそこから充電できると思うのですが、機体本体にMicroUSBポートがありますので、おそらく本体にバッテリーを取り付けUSBでも充電が可能だと思います。(公式スペックの情報が少ない・・・)

操作方法は?

AEE SPARROWにはプロポは同梱されておらず、スマホにアプリをインストールしてスマホでの操作となります。

初期操作モードはモード2ですがあまりに情報が少なすぎてモード1で操作が出来るかは不明です。

また体感モード、他で言うスマホを傾けて操作する「チルトモード」が搭載されています。

その他機能は少ない

その他機能としては機首がどこを向こうとも操縦者の視点で操作が出来る「ヘッドレスモード」

他には「反転モード」というものが全く説明がなし(笑)

機体反転と記載されているので、そのままの内容で機体が反転しても通常通り操作できるものだと思いますが、こういった雑なところが売れなかったことに繋がっているのでしょうか。

GOODポイント

ただただスペックに対し安いことです!

とあるネットサイトでは7000円という価格でも販売されていました。

200g以上という事でちょっと手がだしづらいと思いますが、7000円でこのスペックのものを他では絶対にないので、価格を抑えたいという方にはおすすめです。

BADポイント

説明が少なすぎる!

これだとどんなに性能が良くてもちょっと不安になってしまいますよね。

他にはプロポがないので、スマホでの操作に慣れていない人は操作が難しいかもしれませんし、200g以上ドローンとしては飛行時間や飛行距離が短いことです。

まとめ・詳細スペック

色々と惜しいドローンですよね。

説明がちゃんとしてあったり、頑張って200g未満にしてもらえればかなり流行ったと思うのですが。

ですが値下げしてかなりお買い得な事には間違いありません。

安全性が高いので、室内で飛行させると航空法も適用されませんし真価を発揮できそうですね!

【200g未満の同じような形のドローン】

【GFORCE SQUARED CAM】200g未満でカメラのアングルが変更可能
GFORCE(ジーフォース)から販売されているトイドローン(200g未満)で面白い形のものがあります。 その名は「GFORCE SQUARED CAM」 ドローンと言えば滑らかな流線形のものを想像しますが、SQUARED...

 

【詳細スペック・同梱物】

重量・本体サイズ 約270g(バッテリー込み)、220(W)×30(D)×220(H)mm
飛行時間・制御距離 約8~10分、30m
バッテリー LiPo7.4V1200mAh、充電時間約30分
カメラ レンズFOV120°、写真解像度1200万、ビデオ解像度FHD1080p60fps、電子式手振れ補正、MicroSDカード保存(64GBまで対応)
操作方法 スマホのみ(モード2もしくはスマホを傾けて操作する体感モード)
同梱物 本体、キャリングケース、予備フレーム、バッテリー×2、チャージングドック、USBケーブル、コーナーガード×4、説明書、ご使用注意事項/保証書注意事項

コメント

タイトルとURLをコピーしました