50記事到達!ドローンに関するネタは尽きない

スポンサーリンク

はじめましてサイト管理人のceveryo(りょう)です(*^^*)

そのうちこのサイトについて紹介してる固定ページを作り直し名前も載せる予定ですが、記事の中で名前を明かすのは初めてです。

ちなみに「ceve」「ryo」でceveとはChristmasEveの略で、誕生日がクリスマスイブで名前がりょうだからceveryoです。

ドローンサイトを運営しているceveryoの正体

そんなceveryoですが、本業ありきの趣味としてドローンを飛行させています。

出来る事ならドローンを本業にしたいですけどね(;^ω^)

ドローンに関してはスクールや誰かから教わるという事はなく完全に独学です!

なぜなら知識を学ぶだけなら独学でもできますし、操縦技術はコツとかあるんでしょうがひたすら練習するだけですからね。(本音はちょっとスクールに行ってみたいけど高い・・・)

独学でもかなりの知識や操縦技術を習得できたと自負していますが、なにしろ身近に比べれる人がいない・・・

そう孤独なドローン操縦者、ロンリードローンパイロット、通称「ロロロ(ろろろ)」勝手に付けました( ´艸`)

まぁドローン自体、仲間とわいわい飛ばすのものじゃないですから一人でOK!(強がり)

今後のドローンライク

50記事書いたからといってドローンに関するネタは尽きず、今後も地道にサイトを更新していくつもりです。

自分の勉強の為にも、さらにはこんなサイトでも閲覧しドローンに興味を抱いてくれる方がいるなら1日1記事は上げていきたいです。

ですが実際のところ閲覧をしてくれている人はとても少ないです。

ドローンサイトは強豪だらけ?

ロロロなceveryoですがサイトへのアクセス数が思うように伸びずに悩んでいます。

50記事も書けばぼちぼち見てくれてる方がいると思ったのですが全然です。

そもそもこのサイトを作成した理由は、ドローンの事をもっと知ってもらいたいという気持ちはありますが、勉強したことを忘れない為に記載、そしてアフィリエイトで稼ぐためです( *´艸`)

アフィリエイトでとりあえずの生活費を稼げればドローンを本業として生活することができますからね!(ドローンで稼げるかは別)

閲覧数を増やすためにとりあえず最近は閲覧数が多い200g未満のドローンについて重点的に書いています。

ですがサイトを開設して1か月弱ですので50記事だとこんなものか楽観視もしていますが、ドローンというジャンルは思ったより強豪が多いハードなジャンルだったのだろうかとも思っています。

まぁ今はそんなことを考えても仕方ありません。ガンガン記事を書くのみです!!

とりあえずは100記事書いて閲覧数が増えていないようならまた考えます!

100記事書くのにドローンのネタは尽きない

100記事書くのにありがたいことにドローンのネタは尽きません。

規制や既存のドローンのことなどもまだ書ききれていませんし、どんどん新しいドローンが販売されたり規制も変わったりします。

ただ・・・文章を書くことが苦手な為、1記事書くのに時間がかかる(´;ω;`)

50記事書いてもあまり文章は上手くなった気がしないし、それに自分の中では頑張って書いたつもりでも2000文字程度。

さすがに最初の記事と比べると少しは上手くなっているのでしょうが・・・

【記念すべき1記事目】

【ドローン初心者】航空法を理解しドローンを飛ばしてみよう!
ドローンを飛ばしてみたい!と思っている方は沢山いるのでは。 ですが1歩踏み出せず飛ばせずにいるのは何故でしょう。 購入しようにもドローンの価格が高い事や、免許がいるのではと思っている方がほとんどでしょう。 しかしご...

ceveryoが思う最近のドローン事情

色んなところでドローンの体験イベントを開催していたり、スクールを運営している所(最近では自動車学校でもやってますね)が増えてドローンに興味がある人は以前より多いでしょう。

ですが実際に他の人がドローンを飛ばしている所を見たことないんですよね。

たまたま見かけてないだけというのもあると思いますが、興味があるだけで実際に飛ばしている人はそんなに増えていないのでは?

私も何も知らないふりして体験イベントに行ったことがありますが、意外とこれだけでドローンを楽しめちゃいます。

なのに外で飛ばすとなると規制であったり、そのイベントでは何十万もかかるスクールの勧誘をされました。

これじゃあ興味があっても実際に始める人は少ないですよね・・・

そのイベントだけかもしれませんが、200g未満のドローンについてはあまり話をされず、飛ばしたいならスクールへという感じでした。

もっとドローンは簡単に楽しく飛ばせるものなのに、ドローンの先人たちがドローンに興味がある人の芽を潰しちゃってますよね。

ドローンを飛ばす人口に対してスクールが増えすぎてしまった為、スクール同士で顧客の取り合いにでもなっているのでしょうか。

なんにせよ、ドローン市場は拡大していってるとはいえ、ドローン業界はどこも大変そうです。

まとめ

最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

文字ばっかりで辛かったことでしょう。

ただの雑記なので合うような画像がなかったもので(;^_^A

また100記事達成した時には近況などをご報告させていただきます。

1日1記事ペースなので次は8月後半くらいですね。

ではみなさん8月後半にまたお会いしましょう(*^-^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました