騙されてはいけない!【2019年のトイドローン事情】

スポンサーリンク

2019年も残り2カ月ほどになりますが、今年は【トイドローン(200g未満のドローン)】の躍進の年でだったのではと思っています。

今までもたくさんのトイドローンが販売されてきましたが、2019年は今までで一番新しいトイドローンが販売されたと思います。

なかにはトイドローン最強ともいわれる【HolyStoneHS120D】

holy-stone-hs120d

HolyStoneHS120DはGPS搭載、FHDカメラ搭載にカメラアングルがプロポから変えれるのに2万円程度で購入できるコスパ抜群の機体です。

 

他にはトイドローン初(日本向け)のジンバル搭載ドローン【Micro Drone4.0】

micro-drone-4.0

が10月に発売される予定でしたが、こちらは発売延期になってしまいました(;^_^A

まぁまだ2カ月あるので今年中には販売されるかもしれませんね。

 

またたくさんのトイドローンが発売されただけでなく、ある機能が広まりつつあります。

それは・・・

オプティカルフロー機能

【オプティカルフロー】とはドローンの底面に搭載されているカメラで機体のズレを検知し、機体を安定させるという機能です。

私が知る限りでは一般向けのトイドローンで最初に搭載されたのは、2018年にDJIから発売されたTELLOだと思います。

dji-tello

TELLOが発売された当時はその安定感に驚きましたが、2019年にはオプティカルフローが搭載されたトイドローンがたくさん発売され、そのうちオプティカルフローが搭載されている事が当たり前になるのでは?

ただまだGPSとオプティカルフロー、どちらとも搭載されたトイドローンはないと思われます。

 

たくさんのメーカーが参戦

2018年まではトイドローンを販売しているメーカーとなると、【HolyStone】【Hubsan】【Potensic】などを筆頭に覚えれる程度の数でしたが、2019年には覚えれない位のメーカーがトイドローンを販売するようになりました。

ただ同じようなトイドローンや、他社から権利を買ったのか見た目と性能が同じものが販売されている事もよくありますが(;^_^A

まぁそのこと自体はどうでもいいことで、新しく参戦してきたメーカーのほとんどが日本では飛ばせないトイドローンを販売しているのです。

 

日本では飛ばせないってどういうこと?

絶対に日本で飛ばせないという訳ではありませんが、飛行させる為に資格が必要であったり、技適マークというものを取得しないといけないものがあります。

 

先に述べた資格が必要というものは電波を5.8Ghzを使用しているものです。

主にモニターに映像を受信する際に5.8Ghzの電波が使用されており、5.8Ghzの電波を使用するには第四級アマチュア無線技士】以上の資格が必要となり、さらには無線局開局という手続きが必要となります。

ただあくまで【アマチュア】ですので業務では使用できず、業務利用の場合は【第三級陸上特殊無線技士】の資格が必要となります。

 

あとに述べた【技適マーク】についてですが、電波を発する物、ドローンで言えばドローン本体とプロポに印字されていないと電波法違反となってしまいます。

技適マーク

技適マークは総務省の登録を受けた登録証明機関で取得することもできますが、とても手間がかかりますし、なによりトイドローンを購入する以上の費用がかかってしまいます。

【電波法について】技適マークや5Ghz帯の電波
みなさん技適マークというものをご存知ですか? 日本の製品で電波を発するものにはすべて「技適マーク」が付いています。 身近なもので言えば携帯電話で、カバーを取った内部など必ずどこかにこういったマークが印字されています。 ...

 

日本で飛ばせないトイドローンの見分け方

正直100%見分ける方法はありません。

電波については2.4Ghzであれば日本で資格なしで飛ばせるものになります。

商品スペックを見れば何Ghzかという記載があるのですが、中には記載がないものや5Ghzと記載され、5.何Ghzかわからないものがあります。

下記はその一例です。

【スペック】 製品名:〇〇〇 機体サイズ:172x95x55 機体重量:150g 操作モード:モード1/2 切り替え可能 GPS:搭載 映像接続:5G Wifiリアルタイム映像転送 最大速度:36km/h 最大飛行距離:200m 最大飛行高度:100m 最大飛行時間:15分

 

技適マークは商品説明に【国内認証済み】と記載されていれば取得してあります。

ドローン 折りたたみ式 カメラ付き 小型 収納ケース付き ポケット オプティカルフロー 1080P バッテリー2個 飛行時間20分 生中継可能 高度維持 国内認証済み モード1/2自由転換可 コントローラーなし

 

なかには国内認証済みと記載がなく技適マークを取得しているものや、国内認証済みと記載されているのに技適マークを取得していないという事件もありましたので、100%の信用はできません。

ですので商品レビューがたくさんあるようでしたら、技適マークについて書かれている方も多いので参考にしてみてください。

もしレビューが無いようでしたら、商品説明が英語であったり、翻訳機能を使用したようなおかしな日本語であるとほぼ技適マークは無いと思ってください。

ただ日本語(日本の方が販売している)であっても、技適マークを取得していないものもあります。

 

どちらもただ商品説明を見ただけでは確実に判別できないので、販売元に問い合わせることが一番です。

 

まとめ

2019年はたくさんのトイドローンが販売されましたが、その8~9割は日本で飛行させることが出来ないものです。

性能やコスパだけ見るとHolyStoneHS120DやMicro Drone4.0より良いものもありますが、決して購入しないでください。

電波法違反をすると「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」が科せられます。

しかしこの規制は日本だけのものなので、海外で飛行させることを考えている方には当てはまりません。

ただ海外へ持って行くまでは、電源を入れるだけで違法になるので気を付けて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました