200g未満のドローンで10時間飛行は可能なの?

スポンサーリンク

ネット上でドローンに関する様々な情報が出まわっていますが、ドローンに詳しい人でもどれが本当で嘘なのかわからなくなる時があります。

それはドローンの規制に関わる航空法のおおもと、国土交通省に問い合わせても違う答えが返ってくることがあったからです。

しかしそれは昔の話で今ではそういった事はないらしいです。

2019年に4月に10時間飛行について問い合わせたところ

では気になる200g未満のドローンで10時間飛行証明ですが、ネットの情報では国土交通省に確認してYES・NOどちらの答えもある状況ですが、情報自体が2018年のものだったり少し古く、結局200g未満のドローンでも10時間飛行証明に含めてもよいのか国土交通省にに尋ねたところ、返ってきた答えは・・・

「OK!!」

もちろんヘルプデスクの方がこんなフランクに答えはしませんでしたが、OKだそうです。

200g未満のドローンで室内・屋外問わず10時間飛行に含めていいそうです。

フライトシミュレーターに関してはNGで、「国道交通省の認可が下りているスクールなどでシミュレーター練習はOK」だそうです。

【フライトシミュレーターとは】

ゲーム感覚でドローンの練習【フライトシミュレーター】
車の運転や電車の運転など様々なものでシミュレーターがありますが、ドローンにもシミュレーターがあるのをご存知ですか。 ドローン専用のシミュレーターや飛行機やドローンと一緒になったもの、パソコンでシミュレーター・携帯アプリでシミュレーター...

 

しかしこれだけではまた間違った答えを言われたのではないのかと不安になりますが、次の記事を読めば確信に変わります。

200g未満のドローンでスクールを行っているところもある

実際に200g未満のドローンを飛ばして10時間飛行証明を発行しているスクールもあります。

非正規で怪しいスクールではなく「JUIDA」「DPA」など管理団体に所属しているスクールで、国土交通省からも確認ができます。

まぁPhantomなどをGPSなしで飛ばすより、トイドローンの方が操縦が難しく練習になりますから納得です。

ここまでやってて200g未満のドローンで10時間飛行はダメとなったら、スクールも可哀そうですし、今まで200g未満のドローンで地道に練習してきた人は時間を返せってなりますよね。

というわけでこんな小さなドローンでも10時間飛行に含まれます。

【Holy Stone HS210】練習に最適な200g未満のドローン
トイドローンでおなじみの「Holy Stone(ホーリーストーン)」 店舗での販売はなく(もしかしたらあるかもしれませんが、今まで見たことありません)ネットでの購入になりますが、Amazonでのレビューも高評価で、個人的には200g以...

10時間ホバリングしているだけで10時間飛行証明?

じゃあ10時間飛行ってどうやって10時間飛ばせばいいの?

まずはGPSの繋がっていない状態、DJIの商品で言うとATTIモードですね。

GPSが繋がっていないことが条件で飛ばし方は自由です。

じゃあGPSが繋がっていなければ10時間ホバリングしているだけでいいの?

Mavicホバリング

結論だけ言うと「YES」です。

というより現時点では10時間飛行証明自体が自己申告であり、たとえ1時間しか飛行していないのに10時間飛行しましたと嘘をついて提出することができます。

国土交通省は危ないからここは飛ばしたらダメとか規制を厳しくするより、まずはここをなんとかしてほしいですね。

しかし嘘をついて申請したところで、操縦技術がなく墜落させてしまったりと被害があるのは自分です。

被害が自分だけならまだしも他人を傷つけでもしたら・・・

想像したくないですね・・・

PhantomやMAVICで10時間飛行

10時間飛行を取得したいと思っている方は、今後PhantomやMAVICなどで本格的な空撮をしたいと思っている方がほとんどでしょう。

ですのでPhantomやMAVICで10時間飛行するのがベストでしょうが、人口密集地では飛行できない為場所が限られてきます。

ましてやMAVICは手動でGPSを切ることができない為、必然的にGPSが繋がらない室内が練習場になってしまいます。

もう飛ばす場所を探すだけで大変ですね。

しかし最近では練習の為に場所を提供してくれる所(有料ではありますが)も増えていますので、そこを使用するのも手かもしれませんね。

まとめ

今後規制がどう変わっていくかは予想できませんが、今のところ(2019年4月)は200g未満のドローンで10時間飛行はOKです。

個人的には今後規制が厳しくなり、この辺りの規制内容も変わりそうな気がしています。

まだ規制が厳しくなるのかとお思いでしょうが、世界には車のように免許が必要な国もありますので日本は世界に比べるとまだ緩いほうです。

個人的にはドローンによる事故が頻発するのであれば、200g以上のドローンは車のように免許が必要になってもいいのではと思っています。

【GPSなしの練習におすすめのドローン】

【HolyStoneHS110D】200g未満のドローンでGPSなし練習や初心者におすすめ
2018年2月くらいにHoly Stoneから販売された200g未満のドローン「Holy Stone HS110D」 販売から月日は経っていますがいまだに人気のあるトイドローンです。 その理由としてはドローン初心者にはちょうどい...

コメント

タイトルとURLをコピーしました