【更新】200g未満のドローンで10時間飛行はOKなの?

スポンサーリンク

ドローンの事を調べていたら【10時間飛行】という単語を目にしたことはありませんか。

10時間飛行とは国土交通省に飛行申請をする際に必要な項目で、10時間の飛行練習をしていないと、申請しても特殊な状況下でない限り飛行許可が降りる事はありません。

 

では飛行許可を貰うため、10時間の飛行練習はどのドローンで行えばいいのでしょうか。

安全性の高いドローン?重量200g以上のドローン?重量200g未満のドローン?

ネット上では様々な情報が出まわっていて、ドローンを始めたばかりの人にはどれが本当の情報なのか判断が難しいです。

様々な情報が出回っているのには理由があって、それはドローンの規制に関わる航空法を取り締まる「国土交通省」に問い合わせても違う答えが返ってくることがあったからです。

しかしそれは昔の話で今ではそういった事はないらしいです。

 

前置きが長くなってしまいましたが、結局どのドローンで飛行練習をすればいいのでしょうか。

10時間の飛行練習はどのドローンで行えばいい?

いきなりですが結論。

どのドローンでも大丈夫です!

重量が200g以上のドローンでないといけないという情報が多く出回っていますが、重量が200g未満のトイドローンでも大丈夫です。

 

ネットでは色々な情報が出回っていて不安に思われるかもしれませんが、国土交通省に200g未満のドローンでも10時間飛行証明に含めてもよいのか尋ねたところ、返ってきた答えは・・・

「OK!!」

もちろんヘルプデスクの方がこんなフランクに答えはしませんでしたが、OKだそうです。

200g未満のドローンで室内・屋外問わず10時間飛行に含めていいそうです。

フライトシミュレーターに関してはNGで、「国道交通省の認可が下りているスクールなどでのシミュレーター練習はOK」だそうです。

【フライトシミュレーターとは】

404 NOT FOUND | DRONE LIKE
ドローンライク「ドローンをメインに管理人りょうが気になったものを書いているブログ」

 

しかしこれでも不安だと思われる方は、次の記事を読めば確信に変わります。

200g未満のドローンでスクールを行っているところもある

実際に200g未満のドローンを飛ばして10時間飛行証明を発行しているスクールもあります。

非正規で怪しいスクールではなく「JUIDA」「DPA」など管理団体に所属しているスクールで、国土交通省からも確認ができます。

まぁPhantomなどをGPSなしで飛ばすより、トイドローンの方が操縦が難しく練習になりますから納得です。

ここまでやってて200g未満のドローンで10時間飛行はダメとなったら、スクールも可哀そうですし、今まで200g未満のドローンで地道に練習してきた人は時間を返せってなりますよね。

というわけでこんな小さなドローンでも10時間飛行に含まれます。

【Holy Stone HS210】練習に最適な200g未満のドローン
トイドローンでおなじみの「Holy Stone(ホーリーストーン)」 店舗での販売はなく(もしかしたらあるかもしれませんが、今まで見たことありません)ネットでの購入になりますが、Amazonでのレビューも高評価で、個人的には200g以...

 

ではどのドローンでも10時間の飛行練習は可能と分かったところで練習はどのように行えばいいのでしょうか。

10時間の飛行練習方法

じゃあ10時間飛行ってどうやって10時間飛ばせばいいの?

それはGPSの繋がっていない状態、DJIのドローンで言うとATTIモードですね。

GPSが繋がっていないことが条件で飛ばし方は自由です。

じゃあGPSが繋がっていなければ10時間ホバリングしているだけでいいの?

Mavicホバリング

結論だけ言うと「YES」です。

というより現時点では10時間飛行証明自体が自己申告であり、たとえ1時間しか飛行していないのに10時間飛行しましたと嘘をついて提出することができます。

国土交通省は危ないからここは飛ばしたらダメとか規制を厳しくするより、まずはここをなんとかしてほしいですね。

しかし嘘をついて申請したところで、操縦技術がなく墜落させてしまったりと被害があるのは自分です。

被害が自分だけならまだしも他人を傷つけでもしたら・・・

想像したくないですね・・・

200g以上・200g未満のドローンどちらで飛行練習した方がいい?

mavic2-pro

10時間飛行を取得したいと思っている方は、今後PhantomやMavicなどで本格的な空撮をしたいと思っている方がほとんどでしょう。

ですのでいずれ飛行させるPhantomやMavicで練習できればいいのでしょうが、人口密集地では飛行できないなど様々な規制があり、練習できる場所が限られてきます。

してやMavicは手動でGPSを切ることができない為、必然的にGPSが繋がらない室内が練習場になってしまいます。

もう飛ばす場所を探すだけで大変ですね。

しかし最近では練習の為に場所を提供してくれる所(有料ではありますが)も増えていますので、そこを使用するのも手かもしれませんが・・・

 

そこまでするなら、規制の緩い重量200g未満のドローンで10時間飛行練習をすることをおすすめします。

200g未満のドローンであれば家の中でも練習できますし、屋外でも200g以上と違い人口密集地でも飛行が可能なので、練習できる場所は多いです。

と言っても、人が多いところでの飛行は危険なので控えてくださいね。

【10時間飛行】まとめ

今後規制がどう変わっていくかは予想できませんが、今のところは200g未満のドローンで10時間飛行はOKです。

個人的には今後規制が厳しくなり、この辺りの規制内容も変わりそうな気がしています。

まだ規制が厳しくなるのかとお思いでしょうが、世界には車のように免許が必要な国もありますので日本は世界に比べるとまだ緩いほうです。

個人的にはドローンによる事故が頻発するのであれば、200g以上のドローンは車のように免許が必要になってもいいのではと思っています。

※2022年にはドローンは免許制になるみたいですね。詳しくは下記記事をご覧ください。

404 NOT FOUND | DRONE LIKE
ドローンライク「ドローンをメインに管理人りょうが気になったものを書いているブログ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました